2018年4月24日 (火)

名古屋城木造天守にエレベーターは設置しないと河村市長が再表明

名古屋市は戦災で焼失した名古屋城の天守を木造で再建する事業を進めていますが、河村市長は23日、木造で復元する天守にはエレベーターを設置しない意向を表明しました。但し、市長の意思が直ちに計画に反映するわけではなく、本日開く専門家会議で意見を聞いた上で、5月に正式に方針が発表されることになっています。

名古屋城は戦前に国宝に指定されていたこともあって、詳細な測量図や写真など多くの資料が残されており、再建に当たってはこれらの資料に基づいて史実に忠実に復元されることになっています。これに対し、障害者の団体などから新しい天守にも現在のようなエレベーターを設置して欲しいとの要望が出されていました。

現在我が国には12の木造天守が現存していますが、そのどれにもエレベーターは設置されていません。エレベーターがあるのは、全て鉄筋コンクリートで外観を復元した元の構造とは全く違う天守のみです。もし木造の天守にエレベーターを設置しようとすれば、内部の構造を変更する必要があり、史実とは違うものになってしまいます。重度の障害者でも利用できる大型のものを設置しようとすれば柱や梁を切断し、強度の低下を鉄骨で補強しなければなりませんが、もはや元の構造とは別のものになってしまいます。また、火事や地震を想定すれば、更なる施設の設置が必要となり際限がありません。

Photo

石垣の修復工事のため、曳家によって移動した弘前城の御三階櫓の内部です。移動による破損を防ぐために鉄骨で一時的に補強されていますが、何とも無粋なものです。

現在はVRによって、あたかもその場にいるような臨場感を味わうことが可能となっています。建物の本来あった構造を変えてまでエレベーターを設置するよりも、こうした映像技術を利用して見学する方法や、モデルルームのような内部を再現した施設を別途設けるなどすれば、車いすの利用者が無理なく見学できることが可能です。私は河村市長の判断を支持します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

健康診断でショック

先日、職場の健康診断を受けました。各種検査の結果、幸いなことに特に異常は見つからなかったのですが、大変ショックなことがありました。それは身長です。元々そんなに背が高かった訳ではありませんが、それでも168cm台であった身長が今回の測定では165cmを割り込んでしまいました。最高値と比較すれば4cm近く縮んでしまったことになります。

加齢によって、脊椎の軟骨が圧縮されて背が縮むのだと、理屈の上では判っていても実際に4cm身長が低くなったと言う事実は何とも寂しいものです。とは言っても自然の摂理に逆らって元に戻せる訳もなく、事実を受け入れるしかないのですが、加齢の現実を突きつけられたようで戸惑っています。

P4220054

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

北朝鮮が核開発と弾道ミサイル発射実験の中止を表明

21日、北朝鮮の金委員長が核開発を中止して豊渓里地下核実験場を廃棄、合わせて弾道ミサイル発射実験も中止を宣言し、「わが国家に対する核の脅威や挑発がない限り、核兵器を絶対使用せず、いかなる場合も核兵器や核技術を移転しない」と表明しました。

この発表を韓国やトランプ大統領は、事態が進展したと好意的に受け止めていますが、実際には北朝鮮は何の譲歩もしていません。まず核開発ですが、これまで6回の核実験を行なっていますが、核弾頭の小型化に必要なブースト型原爆や水爆について必要な基礎技術を獲得済みと見られています。また地下核実験場についても周辺で大規模な陥没や崩落が起き、これ以上の実験は不可能と見られていました。

核開発の先輩であるインドとパキスタンもそれぞれ6回の核実験を行ないましたが、その後核実験は行っていないことから、それまでの実験で技術を習得し、もはやこれ以上の実験の必要がなくなったと考えるのが妥当です。北朝鮮についても、これ以上国際世論を敵に回してでも実験を強行する必要性がなくなったと見るべきでしょう。

Photo

弾道ミサイル迎撃用のSM-3ブロック2A (出典:防衛省)

また、弾道ミサイルについても同様で、これまでICBM級の発射試験を行って、必要な要素技術は手に入れています。実戦配備には実際に何回も発射実験を行って、部品の信頼性を確認しますが、核ミサイルの場合は1発でも着弾すれば大きな被害が発生しますので、100%の信頼性は必要ありません。例えば成功率が50%でも4発発射すれば94%の確率で1発は着弾させることができる計算です。北朝鮮はこれまで火星14号を2回、より大型の火星15号を1回ロフテッド軌道で発射していますが、いずれも長時間の飛行に成功しており、技術的には完成形にかなり近い形に仕上がっていると見られます。こちらも新たな実験を必ずしも必要としないと判断しても不思議はありません。

また、核の先制使用はしないとの表明ですが、核やミサイルを手放すとは一切言っていません。つまりこれまで手に入れた技術で、今後も核弾頭やミサイルを保有し続け、更には新たに作ることも放棄していないと言うことです。つまり、現在の核戦力を維持し、行使することについて何らの制約も受けないのです。

Sm3a

SM-3ブロック2A の形状

従ってこの声明は世論向けのプロパガンダであり、北朝鮮が軟化したと受け取るのは早計です。もし本当に軟化したのであるのなら、一切の制限なしに査察を受け入れなければなりませんが、そのことには全く触れていないと言うことは、その意思がないと見るのが妥当でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

ロッキードマーチンが新型戦闘機の開発を打診とロイターが報道

20日、ロイター通信が空自のF-2の後継に、F-22とF-35をベースにした機体の開発案を打診したと伝えました。F-22は世界最強のステルス戦闘機と言われ、我が国もF-4E戦闘機の後継に導入を希望していましたが、最高の軍事機密とされ、米議会が輸出を認めませんでした。

但し、最強の戦闘機も量産型の設計は1990年初めで、今から30年近くも前のため、電子機器は旧式化が目立ち、飛行性能は劣ると言われるF-35の方がはるかに進んだ機器を搭載しており、総合的な性能はF-22を上回るとも言われています。

また強力なステルス性能はステルス塗料によるところが大きく、このため頻繁に塗装をやり直す必要があり、その費用はかなりの高額になると言われています。一方のF-35は機体素材自体が電波を反射しない構造となっており、ステルス塗料の寿命もけた違いに長くなっていながらステルス性能はF-22と同等か、上回るのではないかとさえ言われています。

このようなF-22とF-35の良いところばかりを寄せ集めて新しい戦闘機を作ろうと言うのですから正に鬼に金棒です。防衛省は、新型戦闘機の開発について海外との共同開発を視野に入れ、英国BEA、米国ボーイング、そしてロッキード・マーティンに対し、情報要求書を提出して技術情報の提供を求めていました。今回のロッキード・マーティンの動きは、こうした日本側の動きに呼応したものとみられますが、米政府の内諾を得たものと思いますので、実現の可能性はかなり高いのではないかと思われます。

米国としても、価格の高騰によってF-22の調達を途中で打ち切ってしまったため、空軍の戦力にほころびが出かねない状況です。上手く行けば開発費を抑えて、高性能の新型機を手に入れられるので両国にとって悪い話ではないと考えます。

Photo

防衛省が検討している将来型戦闘機のイメージ図ですが、かなりF-22に似ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なでしこジャパンが女子アジア杯で優勝

W杯出場を決め、予選で引き分けたオーストラリアと決勝に臨んだなでしこジャパンは激闘の末、後半39分に途中出場の横山選手が決勝点となる豪快なシュートを決め、そのまま1-0で大会2連覇を果たしました。

元々リアルタイムで見るつもりはなかったのですが、夜中に目覚めてしまい、前半12分頃から見始めました。オーストラリアに押し込まれる局面が続いていると思ったら、いきなりPKを献上してしまい、この時間で失点したら勝利はかなり厳しくなる場面でしたが、GK山下のファインセーブで見事クリア。首の皮一枚で危機を脱しました。その後も何度も押し込まれる場面がありましたが、その都度凌ぎ切り、最後に文句なしの見事なシュートで貴重な1点を上げましたが、素晴らしい試合でした。

高倉監督なってから中々結果が出ませんでしたが、予選で強豪のオーストラリアと引き分け、中国に3-1と圧勝して完全に流れを呼び込んだように思います。男子の方はW杯2ヵ月前に監督を交代させるグダグダ振りですが、チーム力で戦って結果を残した、なでしこの戦法が強く印象に残りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

小野寺防衛相の訪米に野党が反対

小野寺防衛相が米国のマティス国防長官との会談のため、本日から22日まで訪米する件に対し、衆議院議院運営委員会での審議で野党側は自衛隊の日報問題の対応を優先すべきとして訪米を了承しませんでした。

閣僚の海外出張については与野党の申し合わせにより、衆参両院の議院運営委員会と協議することになっていますが、拘束力はありません。麻生財務大臣も現在G20蔵相会議に出席のため、訪米中ですが、同じく野党側の反対で了承は得られませんでした。

野党の主張にも一理あるとは思いますが、各国との協調が必要な蔵相会議を欠席することは国益を大きく損ないますし、これから核開発を主要議題に米朝会談を控えるタイミングで、日米の国防トップが会談する機会を持つことは大変有意義なことです。これまでも、国会の委員会への出席を求められ、重要な国際会議への出席を断念する事態がありましたが、大変おかしな話です。

各省庁には大臣の下にこれを補佐する副大臣や2名の政務官が置かれています。大臣が出張する必要があれば、留守中の業務を副大臣や政務官が執行すれば良いだけの話であり、そもそも一分一秒を争う状況ではありません。あらかじめ予定されていた行事を、日本側の都合でキャンセルすることは国際儀礼の点でも失礼に当たり、我が国の国益を損なうことになりかねません。野党は党利党略を優先させず、大局的観点からの議院運営が求められます。

P5210007r16

離陸に向けて誘導路を移動中のE-767早期警戒管制機です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

政界に激震

昨日は新潟県の米山知事が女性問題の責任を取って辞任を発表したのに続き、セクハラ発言で批判を浴びていた財務省の福田事務次官が辞任の意向であることが明らかにされ、大きなニュースとなりました。これだけでも大変な出来事ですが、夜になって更に被害者の一人がテレビ朝日の社員だったとの発表があり、同社幹部が深夜0時から記者会見する事態となりました。

福田事務次官については、辞任の意向を発表した麻生財務大臣はセクハラの事実について認めませんでしたが、名乗り出て欲しいと言っていた「被害社」が名乗りを上げた訳ですから、これまでの傍観者の立場は許されません。正に恥の上塗りとなり、モリカケ問題、文書改竄問題と合わせて政治的責任は免れません。

また、テレビ朝日においても、女性社員がセクハラの事実を報道に取り上げるよう上司に相談したところ、本人が 特定されることで2次被害のおそれがあることなどを理由に「報道は難しい」とされたと言うことです。これは報道に携わるテレビ局として情けない限りで、本人の特定を避けることは、報道の現場においては日常的に行われていることです。むしろ報復によって取材に支障が出ることを恐れて「忖度」したとしか思われません。

いずれにしても福田事務次官の辞任で一件落着となる筈もありませんが、公務員の場合、セクハラのみで懲戒免職は認められないようなので、一旦更迭した上で自己退職させることになるのではないかと思われますが、もし辞任をそのまま認めるようであれば、財務省のみならず、政権が受けるダメージは計り知れないものになることは間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

JAXAが再使用型ロケットの実証実験を計画

JAXAが2019年春に、再使用型ロケットの離発着実験を秋田県の能代実験場で行うことが明らかになりました。構想では全長7mほどの試験機を使い、地上100mでの離着陸を行った後、順次高度を上げ、最終的に高度5Kmまでの実験を行い、着陸誘導技術やエンジンのコントロールなどの実証実験を行うと言うことです。

米国のスペースX社はファルコンロケットの打ち上げ後、ロケットを地上や海上のプラットフォームに着陸させて再使用することに成功しています。ロケットの打ち上げ費用の内、ロケットエンジンの占める割合は大きく、スペースX社によれば最大で75%の費用を削減できると言うことです。

ロケットを繰り返し使用して費用を圧縮する試みは以前からあり、米国はスペースシャトルを運用しましたが、メンテナンス費用がかさみ、却って使い捨てロケットよりも割高になってしまいました。我が国も、この分野の技術試験に挑戦していましたが、このような状況を受け、より現実的な機体のコスト低減の方向に舵を切っていました。

ところがスペースX社の成功を見て、JAXAも改めて再使用型ロケットの分野への基礎実験を再開し、液体燃料エンジンの100回再使用の技術的裏付けを取ることに成功していました。我が国のロケット技術は信頼性において高い評価を得ていますが、諸外国と比べて打ち上げコストが高いとされ、衛星打ち上げビジネスは軌道に乗ったとは言えない状況です。今後は再使用型ロケットの使用も視野に入れ、こうした状況を打開することを期待したいと思います。

Ha31

H-2Aロケット31号機の打ち上げ  (出典:JAXA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

初夏の使者

まだ4月だと言うのに、各地で夏日や真夏日を記録する日が出ています。そう言えば、花ショウブやアヤメも例年よりも早く咲いているような気がしますが、季節が足早に初夏に向かっているようです。

毎朝ワンコの散歩に出掛けていますが、ふと、とある所を見てびっくり。まさかこんな所でお目にかかるとは・・・。

P4160001r18

なんと初夏に高原で咲くスズランです。まさか街中の個人の庭で見られるとは思いませんでした。

P4160002r18

これまでも鉢植えのものを見たことはありますが、地植えで沢山の株が花をつけているのを見たのは初めてです。そして、くどいようですが、ここは暖地の海抜4mほどの平地の個人の庭先です。沢山のスズランが咲いて、ここはすっかり初夏の風情でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

シリアへのミサイル攻撃にEA-6B電子戦機が参加

シリアの化学兵器関連施設への巡航ミサイル攻撃について概要が明らかになりました。

紅海、ペルシャ湾、地中海の米艦船からトマホークが合わせて66発、地中海の仏フリゲートからNdCN巡航ミサイルが3発、米空軍のB-1B爆撃機2機からJASSM-ER巡航ミサイルが19発、英空軍のトーネード攻撃機4機からストームシャドウ巡航ミサイルが8発、仏空軍のラファール戦闘機5機とミラージュ2000戦闘機4機からスカルプ-EG巡航ミサイルが9発の合計105発が撃ち込まれたと言うことです。

この内、航空機については米空軍のF-15、F-16戦闘機、英空軍のユーロファイター戦闘機、仏空軍の早期警戒管制機が護衛や警戒のために随伴した模様ですが、中でもB-1B爆撃機にEA-6B電子戦機が随伴したことです。電子戦機は味方の損害を抑えるため、相手のレーダー網を制圧したり、相手機の通信やレーダーの使用を妨害する能力を持っていますが、米海軍では既に後継のEA-18Gに置き換わっており、EA-6Bが登場したことは正直驚きです。シリアにはロシア軍が駐留してアサド政権を後押ししており、ロシア基地が攻撃されれば、反撃すると公言していましたので、万一に備えて電子戦機を投入したものと思われます。

では何故最新鋭のEA-18Gではなく、旧型のEA-6Bだったのか。それはシリアからの長距離地対空ミサイルの攻撃を考慮したためだと考えられます。ロシアはシリアにS-300地対空ミサイルシステムを供与していますし、ラタキアにあるフメイミム空軍基地には最新鋭のS-400長距離地対空ミサイルシステムを派遣しています。当然首都ダマスカス近郊にもそれなりの防空システムを展開していると考えるのが自然です。ダマスカスから南部の国境までは約140Kmなので、長距離ミサイルを使用すれば、越境しての迎撃も可能です。

JASSM-ER巡航ミサイルの射程は約900Kmなので、目標から遠く離れた位置から攻撃可能ですが、速度は時速900Kmほどですから目標まで1時間かかることになります。これはかなりの長時間で、もし事前に探知されれば迎撃するのに必要な時間を相手に与えることになります。従って、できるだけ近い位置から発射する方が、目標にに命中する機会が増えることになりますが、撃墜の危険性は高まります。ましてや今回は事前に攻撃を予告していますので、リスクは更に高まります。

従って、ステルス機のB-1Bはともかく、護衛のF-15、F-16戦闘機への攻撃を避けるため電子戦機を派遣する必要がありますが、ロシア軍に最新の電子戦機の手の内を見せたくなかったので、旧型のEA-6Bを引っ張り出したと言うのが真相ではないかと推測します。米軍では海軍が全てEA-18Gに更新されていますが、海兵隊にはまだEA-6Bが3飛行隊残っており、今回はこの機体が使われた可能性があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«苦みを感じます