2019年10月17日 (木)

東京五輪マラソン札幌開催報道に仰天

東京オリンピックの準備が順調に進んでいますが、昨日になって驚きのニュースが入って来ました。IOCが、マラソン競技を暑さを避けて東京ではなく、札幌で実施する検討をしているとのことですが、事実上その線で動き出したと言うことでしょう。東京オリンピックについては、当初から開催時期が真夏であるために、野外競技の暑さが問題となっていました。このため、日中を避けて時間を繰り上げ、早朝に行うことで解決する手はずでした。選手の選考についても、本番の気候を考慮して暑さの中で行われました。ところが一転して札幌での開催となると、選考方法の妥当性が問われかねません。選手にしても、選考レースに合わせて、コンディションを調整したのに、今になって会場変更では、泣くに泣けません。

IOCが突然会場変更を打ち出したのには、先日ドーハで行われた国際陸上のマラソンで、暑さによって4割以上の選手が途中棄権したことが原因とされています。確かに、暑い東京で走るより、気温の低い札幌のの方が条件としては好ましいでしょう。しかし、選手たちは東京開催を前提に、調整し、選考に臨んでいるのに、開催まで1年を切った今、会場を変更することは多くの選手に混乱を強いることになってしまいます。恐らく、札幌開催に向けて調整が進むのでしょうが、IOCのメンツありきではなく、アスリートファーストの観点で着地点が見いだされること願って止みません。

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

浜松城発掘調査で新たな成果

浜松市は今夏、二か所で浜松城の発掘調査を行っていました。一か所は旧元城小学校跡の二の丸部分、もう一か所は国道152号線を挟んだ東側の浜松いわた信用金庫の駐車場、かつて三の丸があった場所です。旧元城小学校の発掘は元々予定されていたものですが、駐車場の方は、新たに建物を建てることになり、それに伴う緊急調査でした。いずれも、発掘の経過について浜松市からの報道はなかったので、進展について気になっていたところ、昨日になって、駐車場跡から堀跡が見つかったとの報道がありました。

浜松市が報道関係に発掘現場を公開したようで、現場の様子が動画で紹介されていました。桶狭間の戦いで今川義元が討ち死にし、自由の身となった家康は、逆に三河から遠江に侵攻し、今川の配下であった引間城を攻め落としました。しかし、遠江支配の拠点としては小さすぎたため、直ぐ近くに新たに城を築き、浜松城と命名したのでした。家康は引間城を完全には破壊せず、浜松城の一部として活用しましたが、堀はその過程で埋められたようです。

Photo_20191016084601

引間城と浜松城の位置関係です。絵図は上が南となっています。 遠州浜松城絵図(国立公文書館所蔵)を加工。

発掘では陶器の破片などが見つかっており、戦国期のものと見られています。浜松城跡は国指定の史跡とはなっていませんので、恐らく調査の後は埋め戻されますが、建築工事の過程で遺構は失われることになってしまうのではないかと思われます。

 

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

エアフェスタ浜松2019

20日は、航空自衛隊浜松基地の航空祭、エアフェスタ2019が開催されます。航空自衛隊では、年一回、日頃の活動のPRと人材確保の面から各基地を開放して保有機や施設を公開しています。首都圏に近い百里基地や、名古屋近郊の岐阜基地は多くの見学客を集めていますが、浜松基地も全国からファンが集まる人気の航空祭です。現在、台風19号による未曽有の大災害が進行中なので、開催が危ぶまれましたが、今のところ中止のアナウンスは出ていないので、予定通り開催される見込みです。浜松基地のUH-60J救難ヘリコプターも災害派遣で出動中です。

浜松基地はT-4練習機による戦闘機パイロットの養成を行っています。ところが、春頃にT-4に搭載されたエンジンにトラブルが見つかり、全国のT-4全機に飛行停止の措置が取られました。当時はエンジン部品としか公表されませんでしたが、どうやらタービンブレードを交換する大改修が行われた模様です。その間、普段浜松上空を飛んでいたT-4の飛行がぱったり止まってしまいました。夏本番となった頃、やっと1機が飛ぶようになりましたが、以前のように複数の機体が飛ぶ姿は見られませんでした。

ところが、先週の金曜日、6機のT-4が編隊を組んで飛んでいるのを目撃しました。エアフェスタでは、毎回T-4の編隊飛行が行われますので、恐らく、その練習だったのではないかと思われますが、久し振りに複数のT-4が飛ぶ姿を見ることができました。

Pb250171r18

昨年のエアフェスタでのT-4の編隊飛行です。

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

緊急速報メール届かず

   台風19号は予想された通り、猛威を振るって各地で豪雨災害を引き起こしました。我が家では停電・断水に備えて12ボルトのバッテリーを67Ah、飲料水32リットル、冷凍ペットボトル4リットル分を用意しましたが、幸い当地では、予想されたほどの強風ではなかったので、風の被害はなく、出番はありませんでした。但し、雨はかなりの量に達しましたので、浜松市内を流れる4河川流域で避難勧告が発令されました。自宅は芳川(ほうがわ)と馬込川の流域に近いので、双方の河川の氾濫に注意しなければならないのですが、昨日は双方の河川から避難勧告が発令されました。私の場合は緊急速報メールを設定していますので、馬込川の水位の上昇と共に発令が出るか注意していました。

馬込川は市内を流れる一級河川で、2.2mが水防団待機水位、3mが氾濫注意水位、3.2mが避難判断水位、3.4mが氾濫危険水位となっています。昨日は午前10時過ぎに2.2mを超え、午後2時過ぎには3m、午後3時には3.2mに達しましたので、この分で行けば午後4時頃には氾濫危険水位に達するかも知れないと判断しました。

Photo_20191013100401 

ところが、午後3時半に3.4mに達したのにメールが入りません。3時50分には3.55mに達していました。その直後3時55分になってメールが入りましたが、それは芳川の避難勧告メールでした。あれ、おかしいなと思い、浜松市の避難情報を見ると、何と3時30分に馬込川の避難勧告が発令済みとなっていました。ところが実際にはスマホには届いていなかったのです。

Photo_20191013102401

スマホに残っている着信記録です。安間川、芳川の着信はありますが、馬込川の分は受信していません。今回は自分で水位をチェックしており、結果的に氾濫も発生しませんでしたので、実害はなかったのですが、もしもの時に情報が届かないのは困ります。今回は国交省や県の防災のHPもアクセス集中により、接続不能になってしまいましたが、肝心の時に役立たないのは困りものです。早々に改善願いたいものです。

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

まな板の鯉

台風19号は、微妙なズレはありますが、予想された進路、勢力で着々と北上を続けています。明日の朝以降、猛烈な風と共に、大量の雨が降ることが予想されていますが、どの程度の被害が出るのか全く予想が付きませんが、異例の速さで航空各社、鉄道各社が計画運休を打ち出していることからも、事態の深刻さがうかがわれます。被害の及ばない地域に逃げ出したいところですが、諸々の事情でそれもできません。まさにまな板の鯉の状態です。

台風とは関係ありませんが、プライベートでも問題発生中で、そちら方面もまな板の鯉となっています。

Photo_20191011092601

本日午前6時現在の進路予測です。 出典:気象庁の防災情報

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

台風19号の進路が確定か

猛烈な勢力の台風19号が北上を続けており、13日の土曜日に静岡県から千葉県にかけて上陸するものと予想されています。予報円の中心を通った場合には、我が家は最も風が強いとされる台風の左側になりますが、そもそもの接近時の最大風速が50メートルを超えるとされていますので、大きな被害が出ることは、避けられそうもありません。

昨日は気象庁が、接近前としては異例の記者会見を行い、事前に万全の備えをするよう注意を呼び掛けています。浜松は昨年の台風で、住宅の屋根に大きな被害を出しており、やっと修理の順番が来たところもあるほどでした。今回も強風による被害が予想されますが、今から屋根の補強などは間に合いません。できることと言えば、周囲の飛散する恐れのあるものを撤去し、停電や断水に備えるくらいですが、最大限の警戒心を持って台風の情報収集に当たりたいと思います。

Photo_20191010085401

昨年の台風で瓦が飛ばされた神社、先月になってやっと修理が行われました。

 

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

台風19号の進路が気がかり

猛烈な勢力で日本列島に向かっている台風19号ですが、8日午前3時現在で中心気圧915hpa、最大風速55m/s、最大瞬間風速75m/sと近年最強の強さに発達しています。当初は週末に西日本に接近の予報でしたが、次第に東向きの予報に変わり、午前3時現在では予報円の中心は首都圏方面となっています。台風は太平洋の高気圧の縁を回る格好となっていますので、今後の高気圧の勢力次第で更に変わる可能性があります。但し、勢力が非常に強いので、多少進路がズレたとしても、近畿から関東まで広い範囲で強風に見舞われることになりそうです。

浜松市では昨年、台風24号による強風で、市内の各所で大規模な停電が発生、復旧まで何日間も費やすなど、市民生活に大きな影響が出ました。この時の24号の和歌山県上陸時の最大風速は40m/sでしたから、もしこのままの勢力で上陸すれば、昨年以上の大きな被害が出ることが心配されます。先月15号で大きな被害を出した千葉県も、影響を受けることは避けられない模様です。台風は、北上することで周囲の海水温が低下するので、多少勢力が衰えるものと思われますが、最大限の警戒が必要です。進路がどうなるのか、じっと見守るしかありませんが、上陸せずに東に大きくカーブしてくれることを期待しています。

 

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

熊本城が一部見学を再開

2016年4月の熊本地震で大きな被害を受け、修復工事が続いている熊本城ですが、外観修理が完了した大天守について、本日午後から外観のみの見学が再開されました。熊本城は加藤清正によって築かれた、高い石垣が特徴ですが、あの地震によって石垣多数が崩落してしまい、建物にも大きな被害がでました。その中で、天守については鉄筋コンクリートよって再建されたものだったことから、屋根瓦の大半は落下したものの、致命的なダメージを免れました。

修復は、外観を先行して行われ、石垣の積み直しなど、とりあえず外観工事が完了した大天守について、本丸内部から外観を見学できるようになったものですが、小天守については工事が続行中のため、足場が組まれたままの姿となっています。

Photo_20191005151002

今回、外観のみですが見学が再開された大天守(向かって右側)です。

Photo_20191005151001

築城当時の木造のまま残っていた、手前の宇土櫓(うどやぐら)も修復中で、現在は外観を見ることはできません。

文化財が破損した場合、破損した部材でも文化財なので、勝手に捨てることは許されません。最大限再使用して修復されることになりますので、宇土櫓の修復には時間がかかるものと思われます。熊本城全体の修復については、現時点では2037年の完了予定となっています。

| | コメント (0)

あまりに無責任な韓国与党

日韓の外交関係は悪化したまま膠着状態となっていますが、韓国側が更に事態を悪化させる行動に出ています。韓国側は、福島第一原発事故に関して、日本の放射能の危険性を内外に訴えていますが、一方的な主張で客観的事実を無視したものでした。これに対し、日本の外務省は、24日から各地の公表された数値を使い、ソウル市と比較しても決して高くなく、安全性に問題が無いことをホームページに掲載して正しい認識を持ってもらう活動を始めています。

この外務省の動きに対し、韓国の与党「共に民主党」の「日本経済侵略対策特別委員会」は26日、東京電力福島第一原発による「放射能汚染地図」を公表し、「原発事故以降の放射能汚染の程度を測定する日本の市民団体『みんなのデータサイト』で公開している資料を基に制作した地図」と説明、地図上では、来年の東京五輪で野球やソフトボールの会場になっている福島あづま球場や、サッカーの試合会場になっている宮城スタジアムが放射能に汚染されていると表示されています。同党は、「わが国民の生命と安全のために取ることができる措置の根拠を地図として作成した」とし、「安倍政権は韓国に対する経済侵略を正常化し、元の位置に戻させることが日本の国益に役立つ」と主張していました。

これに対し、当の『みんなのデータサイト』は27日、「共に民主党」が使用した地図の数値は、自分たちが測定した数値ではないとの見解を明らかにすると共に、「現時点でわかった事実としては、数値は、私たちの団体で測定したものではなく、他の団体が測定したホットスポットを含むデータが用いられている模様です」とサイト上で説明。その上で「私共にはデータについて、また今回団体名を記載する旨、一切の連絡を受けておりません」としています。

「みんなのデータサイト」共同代表の阿部浩美氏によれば、「事前に、共に民主党からデータを使用するという連絡が何もなかったので、朝鮮日報の報道で初めて知ったのですが、ホットスポットでないとありえないような高い数値が出ていて驚きました。 各競技場の位置に該当する測定地点があるのは福島あづま球場くらいですが、1平方メートル当たり205万7800ベクレルというとんでもない数値が出ている。原発事故直後の2011年のデータでもこんな数値はありません。」とのことで、「みんなデータサイト」の測定数値は14万5200ベクレルとなっていますので、誤記とかのレベルではなく、悪意ある捏造であることは明白です。

放射能の危険性について持論を述べるのは自由ですが、主張は事実に基づくものであることは当然です。また、政権与党と言えば、外交関係に関しても責任ある立場で、自国民の保護を謳いながら、虚偽の内容で他国を誹謗することは決して許されることではありません。かつて中国では、反日活動に対して「愛国無罪」なる言葉が良く使われました。これは、愛国心から出た日本を非難する行為なら、どんなことでも許されると言った内容ですが、法に反する行為は犯罪でしかありません。韓国与党の行為は、勝手に「みんなのデータサイト」の名前を使い、しかも内容を改竄していますので、我が国の法律において知的財産権の侵害、名誉毀損罪が成立するのではないかと思われます。これは公党として恥ずべき行為ですが、未だに訂正も謝罪もしていないようなので、呆れてしまいます。いやはや何とも・・・。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

北朝鮮がまたも弾道ミサイルを発射

昨日午前、北朝鮮が東部の海上から弾道ミサイル一発を発射、ミサイルは高度910Km、水平距離約450Km飛行して島根県沖の日本のEEZ(排他的経済水域)内に着水しました。北朝鮮は今朝の労働新聞に写真を掲載し、SLBM北極星3号だと明らかにしています。この発射に対し、防衛省は当初数を2発としていましたが、その後1発に訂正しています。この件に関し、防衛省が見立てを誤ったとして、GSOMIA破棄の影響を指摘する声がありますが、間違いです。韓国はGSOMIAの破棄を通告していますが、現在はまだ有効ですし、韓国側が日本に対して情報の提供を求めています。

今回の発射場所が、北朝鮮の元山(ウォンサン)近くの海上と言うことで、当然ながら水平線の向こうで、我が国からは直接見ることができない位置関係です。このため、レーダーに映るのは、ある程度高度が上がってからとなってしまいます。従って、レーダーに映る前にブースターが分離されていれば、機影は二つとなりますので、2発発射したと判断することは止むを得ません。これについては、遠く離れた地点から監視している以上、どうしても避けられません。これを防ぐには、なるべく発射地点に近い場所で監視する必要があります。米国は大型レーダーを搭載したミサイル監視艦やミサイル監視用偵察機のコブラボールを保有して、ミサイル発射を監視しています。

Photo_20191003084801

レーダーとミサイルの位置関係はこんなです。地球は丸いため、遠方のミサイルはHの高さにならないと発見できませんし、発見できる位置もL1+L2の合計距離となります。

我が国は、1998年に日本列島を飛び越えたテポドンの発射以来、イージス艦を使ったミサイル防衛を進めて来ましたが、この手の装備に関しては手を打っていません。対処方法としては、イージス艦を現場に近い海域に張り付けておく策もありますが、一定期間で交代させる必要があり、その間2隻を投入しなければならず、負担が増してしまいます。これに対し、ミサイル監視艦であれば、イージス艦よりもはるかに安い費用で建造できますし、発射情報を伝えれば、列島に近い位置から迎撃が可能です。

一部マスコミは北のミサイルは発見しづらい、迎撃が困難と危機を煽るかのような報道をしていますが、ではどうすべきかの視点での記事が見当たりません。北朝鮮は現在、SLBM搭載用の新型潜水艦を建造中と伝わっていますが、対抗策を講じる時期に来ているのではないでしょうか。

| | コメント (0)

«プリンターを買い替え