2018年2月17日 (土)

T-4が飛行再開か

平昌オリンピックの男子フィギアで、ケガから復帰した羽生結弦選手が昨日行われたSPで完璧な演技を見せ、強い羽生が帰って来た、羽生が復活したと世界中を興奮させました。おそらく、長いブランクに対する不安やプレッシャーは相当なものがあったと思いますが、それらを跳ね除けて思い描いた演技をやり遂げた精神力にはただただ脱帽するばかりです。

さて、話変わってこちらはもう一つの復活のお話です。浜松基地のT-4練習機が飛行を自粛しているのではないかと見られる件ですが、昨日動きが見られました。浜松基地では雷雲などの確認のため、気象観測機を飛ばしていますが、これはT-4の役目です。昨日の昼過ぎ、久しぶりにT-4が気象観測目的と思われる飛行をするのを目撃しました。配備されたT-4練習機の点検が終了し、週明けから飛行が再開される手順のひとつなのかもと勝手に想像してしまいました。

P8250097r17

浜松の空を飛んだパイロットの卵たちは、やがて各地の戦闘機の基地に配属されF-15やF-2戦闘機のパイロットになります。

P9270064

ブルーインパルスにとっても浜松は故郷です。

P8250092r17

我が国の安全保障を担う大切な人材を育成しているT-4なので、一日も早い飛行再開を願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

ふくらはぎが肉ばなれ

先月、天竜川河口へ富士山の写真を撮りに行った際、何もしていないのに右足の筋がつってしまい、無理に歩行したらふくらはぎに痛みが残ってしまいました。帰宅して液体式の消炎剤を塗っていたら、翌々日くらいには強い痛みは消えたので、いずれ完治するだろうとタカをくくってワンコの散歩もこれまで同様に行っていました。

P1270019r18

ところが、先週末に街で飲み会があり、帰りのバスに乗る際に、急いで横断歩道を渡ろうとしたら同じところに激痛が走り、治りかけていた個所を再び痛めてしまいました。素人判断ですが、どうも筋と言うよりも、ふくらはぎに肉離れを起こしてしまっているようです。再再発は困るので、サポーターで保護することにして、近所のドラッグストアーで早速購入しましたが、2枚1セットで2000円程でした。

で、着用してみると、ちょっとキツメですが、強い痛みが起きるのをブロックする効果がてきめんでした。それまで軽く足を引きずるようにしか歩けなかったのが、普通のモーションで歩けます。残念ながら急ぎ足になるとやはり痛みを感じますが、付けないのとは雲泥の差です。

これまで肉離れなどしたことがなかったのですが、これも寄る年波のせいでしょうか。年は取りたくないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

空自救難ヘリの墜落原因はバーティゴ

昨年10月の夕方、夜間救助訓練に離陸した空自浜松基地所属の救難ヘリUH-60Jが、離陸後およそ11分後に浜松市の沖合約31Kmの海上にに墜落し、乗員4名が行方不明になる事故が発生。3名はその後海底から遺体となって収容されましたが、1名は今も行方不明になったままとなっている事故の調査報告書が14日に公表されました。

http://www.mod.go.jp/asdf/news/houdou/H29/300214.pdf

報告書によれば、当日は月明かりもなく、NVG(暗視ゴーグル)を着用しても海面が見にくい条件の中、前方の雲を避けるために高度約300mから150mに高度を下げる操作をしました。ところが、降下を確認する機器の応答性が悪く、機長が実際の高度よりも高く認識したまま海面への接近に気付かず、他の乗員も機長に助言をしなかったことから高度異常に気付かなかったと思われる。また海面への接近を知らせる高度警報器が高度75m付近で鳴ったにもかかわらず、機長が発話中で気づかず、そのまま海面に激突したものと推定されたものです。

Pa150013r17

墜落前日のエアフェスタ浜松2017で展示されていた事故機のUH-60Jです。

当該ヘリは離陸からわずか11分後に墜落し、離陸後5分に行われた管制塔の交信でも特に異常を伝えていませんでしたので、今回のAH-64Dの事故同様に突然機体にトラブルが生じたのではないかと考えていましたが、機長の空間識失調(バーティゴ)による操縦ミスと結論付けられたのは意外でした。今回の事故は高度を確認するのに昇降率計を用い、その表示に若干タイムラグがあったことに起因したようです。素人考えでは高度計があるのなら、なぜ高度計を使用しなかったのか大変疑問ですが、パイロットにはそうする事情があったと言うことかも知れません。

空自は再発防止策として、以下の5項目を挙げています。

①飛行諸元の確認等、飛行に係る基本操作を教育により再徹底。

②乗組員の連携要領を教育により再徹底。

③電波高度警報への対応要領を教育により再徹底。

④NVGの運用要領の見直し、及び教育により再徹底。

⑤昇降率計の表示遅延の是正。

何やら「教育により再徹底。」のオンパレードですが気になる項目があります。

③の電波高度警報ですが、果たして警報音の音量は適正だったのかと言うことです。そもそも音量が調整できるものかも判りませんが、もし音量が適正でない設定となっていたら、それこそ事故の大きな要因であったのではないでしょうか。

また、⑤の昇降率計の表示遅延の是正ですが、遅延が機器の特性でなく是正できるものなら、何故事前に是正をしなかったのかが大いに気になります。また、そのことをパイロットが知らなかったとすれば重大な教育訓練の不備だったことになります。

今回の報告書はもっともらしいことが書かれていますが、空自としての組織に問題がなかったのかについて何ら言及しておらず、大変物足りない内容です。再発防止策もどちらかと言えばソフト面での対策が大半ですが、間違いをしてしまうのが人間なので、もっとハード対策に重点を置くべきではないかと考えます。ともあれ、今回の事故を教訓として、再発防止に努めて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜はニッカの余市で一献

昨日は平昌オリンピックでメダルラッシュとなりました。たまたま休日で在宅していましたので、朝からテレビ観戦で熱戦を楽しみました。銀メダルと銅メダル、色はそれぞれ違いますが、ただ黙って座っていて手に入るものではありません。受賞者一人一人に、それぞれ人知れぬ苦労と努力の積み重ねがあり、なお且つ他人よりも上に立ちたいと言う強い意志を持った者だけに勝利の女神がほほ笑むのだと改めて知ることになりました。

世界最高の舞台で手にした栄誉は、掛け外のないもので、例え金でなくとも立派な勝者の証なので、大いに称賛に価します。とは言っても金メダルを期待され、本人もそう確信して臨んだ結果、手に入れることができなかった事実は何ともやり切れません。正直祝福半分、落胆半分でテレビの前を立って「余市」に手を伸ばしました。

ウィスキーブームのあおりを受けて、「余市」もすっかり手を出しにくい価格になってしまい、普段は中々飲むことがありませんが、昨夜は少し心がざわついてしまったので、「余市」の力で心を鎮めました。たかが酒ですが、されど酒だと痛感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

F-35Bの導入は確定的か

昨年の暮れあたりから、政府関係者の話としてヘリコプター搭載護衛艦でF-35Bを運用する構想が各紙で取り上げられるようになりましたが、今度は12日付けの読売新聞が、複数の政府関係者の話としてF-35Bの導入とヘリコプター搭載護衛艦での運用について取り上げています。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180212-OYT1T50012.html

記事に添付の表によれば、性能的に見劣りが目立つF-15戦闘機の未改修機の一部をF-35Bに更新すると言うもののようで、実際の導入機数については触れていません。
これまで、陳腐化が進むF-15戦闘機の未改修機については多額の費用をかけて改修するよりも、新型機に更新する方が安上がりとの声がありましたが、これはF-35Aを念頭に置いたものでした。今回、F-15戦闘機の未改修機の後継としてF-35Bを導入すると言うのは新たな視点です。

F35b_hp

着陸態勢に入るF-35B戦闘機 (出典:在日海兵隊HPより)

Photo

読売新聞の表を元に現有機の更新構想を再作成してみました。現有機の機数については独自調査の数字を取り入れていますので、読売新聞の数字とは一部違っています。

空自はF-2戦闘機の後継として国産の新型戦闘機(F-3)の導入を構想していますが、開発費を考えれば、できるだけ多くの機数を生産する方が経済的には有利です。F-15の未改修機は現在約99機を保有していると思われますが、F-35Bの導入数が多くなるとF-3の生産数が少なくなってしまう可能性があります。

防衛省は現在F-15の1飛行隊のみの新田原基地に新たに1飛行隊を増設して他の基地同様に2飛行隊とする検討を検討を進めているとされていますが、そうであれば約20機となります。ただ、その場合にヘリコプター搭載護衛艦で運用する機体をどうするかと言う問題が残ります。新田原の機体を派遣するのか、それとは別の機体を用意するのか明らかではありません。今回の読売新聞の記事からは、どうも後者の構想が有力であるかのような印象を持ちますが、政府が年内に改定する防衛力整備の基本指針「防衛計画の大綱」で今後の戦闘機の総数や運用構想などが明確にするまでは予想でしかありません。

しかし、中国が我が国周辺での航空機の活動を活発化させる中、国産ステルス戦闘機のJ-20の配備を宣言するなど一段と緊張が高まる中、F-35Bの導入は必然と言えるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

我が家の庭にも春が

立春が過ぎても連日氷が張る寒い日が続いていますが、近所の梅が相次いで開花しました。寒い中にもやっと春の兆しが見えて、心なしか暖かさを感じるのは何とも言えません。

この時期になると例年楽しみにしているものがもう一つあります。それが、こちらです。

P2120433r18

庭の植栽の根元に顔を出したフキノトウです。最近フキノトウの話題がテレビなどで取り上げられるようになりましたが、我が家の庭は日照時間が限られるので、少し遅めの出現となりました。

P2120435r18

他にもないかと探したら、ジャノヒゲの陰にもうひとつ出ていました。

フキノトウがそこかしこに出るようになると、いよいよ春本番ですが、その到来が待ち遠しい今日もまたまた寒い朝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

福島県産米の放射能検査について

毎朝ワンコの散歩に行くのが日課となっていますが、その際ラジオを聴くことにしています。以前は民放を聞いていましたが、時間によって番組が小間切れになるので、最近はもっぱらNHK専門ですが、今朝のゲストの話題は福島県産米の全袋放射能検査の話題でした。

福島第一原発の事故によって、東北各地に放射能汚染が引き起こされましたが、中でも福島県は風評被害によって農産物の買い控えに遭い、それを払しょくするために米の全袋検査を2012年以来実施しています。年間の検査費用は50~60億円かかっていると言うことです。

日本政府は米の安全基準を100ベクレル/Kgとしていますが、欧米の基準は1200ベクレル/Kgでそれと比較して1/10以下の大変厳しい数字となっています。しかも実際に精米して炊飯した場合には100ベクレル/Kgだった場合でも11ベクレル/Kgにまで減少すると言うことです。

肝心の検査結果ですが、2012年産米の場合が10、345、207袋に対して100ベクレル/Kgを超えたものが71袋、2013年産米が11、005、841袋に対し28袋となっており、2014年からは3年連続して0となっています。このことから、50億円以上の費用をかけて放射能検査を続ける意味があるのかと言うのがゲストの論旨でしたが、NHKなので両論併記で続けるべきとの意見もあると紹介していました。

はっきり言って無駄以外の何物でもないと思いました。そもそも基準そのものが著しく厳し過ぎる上に、仮に数値が一定以上であっても調理の段階で1/10になるのであれば、基準そのものを1200ベクレル/Kgni引き下げても問題ないと思います。
また、検査の目的ですが安全の確保と言うよりも、安心の提供の方がはるかに比重が大きいと思われます。しかも、福島の米農家がどんなに地道な努力を重ねても、福島県産と言うだけで購入を手控えてしまう消費者が一定数存在します。つまり、決して福島県産米の購入を考えない購買者に向けて毎年50億円の費用を投ずることは意味がありません。これらの予算があるのなら、除染や経営に苦しむ農家の育成に振り向けるべきでしょう。

また、検査には農家が検査場までの運搬と引き取りの業務を負わされており、これらの自己負担となる費用も無視できません。以上を考えれば、これ以上全袋検査を続ける意味が見出せませんので、即刻廃止すべきだと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

攻撃ヘリとは

佐賀県神埼市の民家に自衛隊の攻撃ヘリAH-64Dが墜落して今日で1週間です。事故原因については今のところ明らかになっておらず、どうやら事故調査委員会の報告書まで公表されることは期待できないようです。
ところで墜落したAH-64Dですが、攻撃ヘリとはどのような航空機なのでしょうか。

世界初の攻撃ヘリは、ベトナム戦争での戦訓を元に、汎用ヘリUH-1をベースに米軍が開発したAH-1で相手の攻撃を避けるために機体の幅はわずか99cmしかありません。陸上自衛隊はAH-1の改良型であるAH-1Sを1985年頃から90機導入しています。

Uh1

ベースとなったUH-1汎用へりです。

Pa150041r17

こちらが攻撃ヘリのAH-1Sです。機体幅の狭いのが判ります。乗員は2名ですが、機体幅が狭いため、座席は前後に配置されています。

攻撃ヘリは機首にガトリング機銃を装備し、ロケット弾や対戦車ミサイルを装備して地上の敵勢力を殲滅し、味方の輸送ヘリの安全を守ることを主任務としています。特に陸上の最強兵器と言われる戦車に対し、上空から対戦車ミサイルで攻撃することで、装甲の薄い上部を撃破できますので、一気に戦車キラーの存在となりました。半面、携帯ミサイルの進化により、歩兵からの対空ミサイル攻撃にさらされることになり、攻撃ヘリ、歩兵、戦車が三すくみの状況になり、一部では攻撃ヘリ無用論が叫ばれる状況となっています。

Pa162549

AH-1Sを後ろから。エンジンはターボシャフトエンジンが1基搭載されているのが良く判ります。

陸自では老朽化したAH-1Sを更新するために、新たにボーイング社のAH-64Dの採用を決め、2006年から62機を導配備する計画でしたが途中で計画を破棄し、13機を導入したところで、採用を打ち切ってしまいました。

Ah64d

AH-64D攻撃ヘリ、愛称はアパッチです。

今回墜落したのは、この13機の内の1機でした。残る機体はわずか12機となってしまいました。陸自では当初、OH-1観測ヘリをベースに国産攻撃ヘリを開発する計画でしたが、防衛省の採用を巡って経緯が不適切と判定され、この計画は中止となってしまい、AH-64Dを更新する計画は白紙となったままです。

Oh1

AH-1Sによく似た外観の国産のOH-1観測ヘリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

浜松城天守曲輪の発掘調査現場説明会

現在、浜松城天守曲輪で発掘調査が行われていますが、現場説明会が開かれると言うので行ってきました。現地に8時半過ぎに到着しましたが、予想通りいつもより多い人々が集まっていました。

P2100020r18

当日の浜松城天守。この下で市の職員が資料を配布していました。

P2100018r18

地下から見つかった石垣。天守曲輪を取り巻く石垣の内側に石垣が築かれていた訳です。確認された高さはおよそ2mですが、当初の高さは3.2mあったと考えられ、当時の地面は現在よりも2.5m深いところにあったことになります。

Photo_2
浜松市の資料から作成した石垣と地表面の位置関係

Photo_3
以前作成した浜松城天守の想像図。石垣に比べて天守が高過ぎてバランスが悪いと思っていましたが、今回の結果を受けて下部に2.5m分の石垣を足してやるとバランスもばっちりで、違和感が解消しました。

P2100027r18

現場からは大量の瓦が見つかっています。

P2100024r18

現在残っている石垣を築いたと考えられる堀尾吉晴の紋が入った瓦も見つかりました。

P2100021r18

浜松城天守内に展示されている堀尾吉晴の紋が入った瓦です。

P2100026r18

説明会の様子。2つのグループに分かれ、場所を変えながら1時間ほど行われました。やはり、中高年の姿が目立ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

飛行休止中

AH-64Dの墜落を受けて、小野寺防衛相は「総理からは自衛隊機のすべてのヘリコプターについて、徹底的な整備点検を実施するとともに、事故を起こしたAH-64Dについては当面飛行停止とし、徹底的な原因究明を行うこととの指示がありました。」と自衛隊の保有ヘリコプターについて整備点検を実施することを明らかにしましたが、どうやらこの動きはそれ以外にも広がっている模様です。

浜松基地にはパイロット養成の教育部隊である第一航空団が置かれ、T-4練習機で飛行訓練を行っています。訓練は基本的に土日祝日を除く平日に行われていますが、墜落事故のあった翌日以降、T-4練習機の姿を見かけなくなりました。もしかしたら、たまたま私が空を見上げた時に飛んでいないだけで、実際は飛行はしているのかも知れませんので断言はできませんが、少なくとも私にはそう感じられます。報道ではヘリコプターの点検を行うとのことで、固定翼機についての言及はありませんでした。それなのに、飛行訓練が行われていないことについては理由が二つ考えられます。

P6180069r16

車輪を出し、着陸態勢に入るT-4練習機。

一つには、ヘリコプターだけでなく固定翼機についても点検を行なうためではないかと言うことです。ただ、その場合は、点検が済んで異常が見当たらなければ飛行が再開されても良い理屈ですが、飛行が再開されないのは不自然です。

二つ目として、改めて点検も実施しているのですが、事故の重大性に鑑みて、飛行訓練を自粛しているのではないかと言うことです。

通常ですと午前7時頃になると地上でのエンジンの試運転で、基地から遠く離れた我が家からでもエンジン音が確認できるのですが、事故以来エンジン音を聞いていないように思います。浜松基地では昨年10月に救難ヘリコプターが訓練飛行に離陸してからわずか10分後に海上に墜落する事故があったばかりですので、念には念を入れて欲しいところですが、世間の目が気になるために飛行訓練を自粛すると言うのは少しおかしな話ではないかと思います。当の自衛隊自身が事の真相を明らかにしていませんので、本当のところは判りませんが、もし事故防止のために点検をしているのなら、この際なので徹底的に行うことを強く望みます。

Pb070201r15

2機並んで離陸するT-4練習機。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«自宅付近でイタチを目撃