2018年12月18日 (火)

札幌ガス爆発事故

一昨日、札幌市で重軽傷者43名を出すガス爆発事故がありました。一報では、居酒屋で発生とのことでしたので、調理場のガスもれによる事故ではと思われていましたが、意外な展開となりました。

実は、居酒屋は被害者で、火元は同じ建物に入居する不動産業のアパマンショップだったと言うのです。報道によれば、アパマンショップでは取り扱う物件の消臭目的で消臭スプレーを使用しており、大量に溜まったスプレー約120本のガスを抜き取る作業をし、ガス湯沸かし器に点火したところ爆発したと言うことです。爆発の威力はものすごく、居酒屋、アパマンショップが入居していた建物が跡形もなく倒壊してしまい、周辺の建物20棟と自動車26台が損傷しています。事故現場の映像を見ても、これで良くケガだけで済んだものだと思わずにはいられない惨状です。

過去にもヘアースプレーやカセットボンベによる爆発事故がありましたし、札幌市ではカセットボンベを使った爆破事件もありました。多くのガスボンベには高圧で噴射するために、LPGが使われており、「高温と火気に注意」の注意書きが赤字で記されています。アパマンショップの社員は日常的消臭スプレーを扱っていることから、ボンベの持つ危険性を忘れ、漫然と危険な屋内での作業をし続け、更には換気をしないまま湯沸かし器に点火するという最も避けなければいけない行為をしてしまいました。

カセットボンベは大変便利な機材ですが、中には可燃性のガスを使用したものがありますので、使用上の注意を守って安全に利用したいものです。

Photo

登山の際にいつも持ち歩いている小型ガスバーナーです。これまで以上に安全に気を配って使いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

「空母」化護衛艦とF-35B

護衛艦「いずも」の空母化やF-35Bの導入を巡るニュースも沈静化してきましたが、これがあるとないのとでは、どれ位違うのかを地図で表してみました。戦闘機の活動できる距離を表す指標に戦闘行動半径と言うものがあり、およそ航続距離の半分の数字となっています。F-35の場合、A型が1093Km、B型が833Kmとなっています。B型がA型よりも短いのは、B型は垂直離着陸用にリフトファンを備えているので、その分燃料タンクが小さいからです。

Photo

F-35Bが陸上の基地から離陸した場合の行動半径を円で表しました。赤い円が戦闘行動半径の833Kmで、青の円が1200Kmです。

1200Kmは陸上基地から発進し、「空母」に着艦することを前提にした行動半径です。もし、巡航ミサイルを搭載した爆撃機が太平洋側から攻撃しようとした場合、この範囲まで迎撃が可能になりますので、相手の行動を封じ込める効果が期待できます。そして、事前に「空母」に搭載していれば、青い円はどこまでも移動が可能になりますので、相手の活動を更に制約できることになります。

また、他国に脅威を与えるとの主張は、元々陸上基地から発進しても周辺国に到達可能なので、意味はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

東名あおり運転事故に判決

昨年6月、東名高速で親子4人が乗ったワゴン車を追越車線上に停止させ、後続車が追突するきっかけを作った男の栽培員裁判で判決があり、求刑23年に対し懲役18年が言い渡されました。裁判では検察側が被害者の車を危険な追越車線上に停止させた行為を危険運転としたことに対し、これを認めませんでした。

危険運転致死傷罪では危険運転に当たるケースを規定しますが今回の事件では以下の条文が相当します。

人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為

検察は高速走行中から停止に至らせる行為が、「重大な交通の危険を生じさせる速度」と解釈したものですが、裁判官は停止した状態は運転に当たらないと機械的に判断してしまいました。実はこの解釈は法律家においては広く支持されているようです。しかし、高速道路において渋滞や故障などで停止した車両に追突する事故は多発しており、停止表示板の設置が義務付けられているほどです。

Photo

つまり、国が高速道路上、ましてや追越車線上に停止する行為は危険極まりないと認めたからこそ、停止表示板の携行、及び設置を義務付けた筈です。しかも被告が進路を妨害し、直前で停車しなければ、被害者の車両が停止することはなく、その原因を作ったのが被告が運転する車両でした。であるならば、これを危険運転と言わなくて何と言うのでしょう。

現在の危険運転致死傷罪の最高刑は懲役20年で、過去に最高刑が認められています。今回は、他の犯罪行為との併合で23年が求刑されましたが、最高刑が下されるべき犯行だと思っていましたので、この量刑には大変失望しました。また、このような悲惨な事故が起きながら、未だにあおり運転が根絶されない状況を見た時、危険運転致死傷罪の構成要件の見直しと、最高刑の引き上げ、運転免許証の再取得禁止が必要ではないかと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

出版不況、地図の昭文社が希望退職募集

雑誌の発行部数が減少し、廃刊や休刊が相次いでいますが、今度は地図の発行元が窮地に陥っています。昭文社は「マップル」などの道路地図や、「山と高原」などの登山やハイキングのための地図を発行しており、「山と高原」は時流を反映してWeb版の販売も行っています。しかし、業績は厳しく、来年3月期の業績見通しが、当初の黒字から赤字となり3年連続の赤字となることから、400人の従業員の20%に当たる80人の希望退職を募ることになりました。

かつては旅行やドライブの際には、道中や目的地の地図を開いてルート選定や所要時間の計算をしたものでした。ところが、最近はネットで電子地図を閲覧したり、目的地までの経路をシミュレーションすることが簡単にできるようになりました。その結果、わざわざ地図を購入しようとする購買層が減少し、販売が低迷する事態となっています。

実は、カーナビやスマホでナビゲイトしてもらう場合、あらかじめ地図などで経路を十分把握しておかないと、ナビのクセなどで思わぬ遠回りをさせられてしまうことが起こります。良く行く場所であれば、おかしいと気が付きますが、初めての土地などでは、どこをどう走っているかはナビ任せとなってしまうので、トラブっていることにさえ気づきません。私も旅行の計画を立てる際は、まず地図を見て大まかなプランを考えますが、この時、ネットの地図では表示範囲が狭すぎて各々の訪問地の位置関係の把握が掴めません。

紙の地図が無くなってしまう事態にはならないと思いますが、将来にわたって地図の出版を維持するために、もっと需要を喚起する方策が必要ではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F-35を105機追加導入

このところ、中期防衛大綱の制定を巡り、ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」の「空母」のニュースが増えていましたが、合わせて搭載するF-35Bについてもニュースが増えています。当初は導入の方向といった内容でしたが、導入数についても20機、40機と具体的な数字が見られるようになってきました。

そして、昨日辺りから、旧式化したF-15戦闘機の未改修機99機すべてをF-35で置き換え、105機を導入すると言った話が出て来ました。内訳はF-35Aが65機、F-35Bが40機とし、次期大綱ではF-35Bは20機を導入となっています。F-35Bは「空母」化の議論の過程で公明党が難色を示したことから、常時搭載はしないことになりましたが、短距離での離発着が可能なので、陸上に配備されていても、有事には破壊された滑走路からも離陸することができますので、防衛力にの強化につながります。また陸上から発進しても、「いずも」に着艦できれば、帰りの燃料の心配がなくなるので、それだけ長く現場に留まることが可能です。

F35b_hp

F-35B戦闘機 (出典:在日米国海兵隊HP)

我が国を取り巻く安全保障の環境は、厳しくなる一方ですが、危機に対処できる態勢を維持・構築することが相手への抑止力となりますので、追加導入についての意義は大変大きいと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

今年も残りわずか

今週に入り、本来の冬の寒さが戻って来ました。先週まで寝室にはファンヒーターを出していませんでしたが、朝晩には欠かせない存在となりました。ワンコの朝の散歩の際の服装も、寒さに合わせて少しグレードアップしています。冬は寒いのが当たり前ですが、今まで暖かすぎた分、寒さが応えるのは困りものですが・・・。

昨日、来年の手帳を買いました。ケータイ同様に、年々使用することが少なくなって来ているのですが、それでも長年の習慣なので、年末になるとついつい買わなければと書店に足を運んでしまいます。手帳を買うと、今年も残りあとわずか、忘年会の予定もあとひとつとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

スマホに移行しました

昨日のコメント欄にも書きましたが、昨夜からスマホに移行しました。元々ガラケーを所有していましたが、5年ほど前にWifi仕様の7インチタブレットのNEXUS7を購入してはまってしまいました。ところが、2年ほどで壊れてしまったのと、Wifi仕様の機種では外出先で使用するに別途モバイルルーターが必要で、使い勝手が悪いと感じていました。

そこで、フリーSIMタイプの5インチスマホを購入し、通話はガラケー、ネット接続はスマホで役割分担して、スマホには通話機能を付けませんでした。また通信業者はガラケーがAuで、スマホは大手キャリアから回線を借りて業務を行うMVNOのBIGLOBEです。BIGLOBEにしたのはNEXUS時代から利用していたのと料金が安いからです。

ところが、先日Auから2022年の3月でガラケー事業を終了するとの発表があり、まだまだガラケーを使い続けるつもりが、大きく予定が崩れてしまいました。と、言うのは現在のガラケーの機種が5年以上使い続けていて、そろそろ更新することを考えていたからです。折角更新しても、途中で携帯が使えなくなってしまうのは困りものです。そこで、思い切ってスマホに移行することにしたものです。

ガラケーに拘っていたのは、コンパクトで携帯に便利なことと、何と言っても利用料金が安かったことで、料金は無料通話付きで月額1400円ほど、通信用のスマホと合わせても2500円以下でした。スマホにすれば、これが一気に跳ね上がってしまいます。安い料金プランもあるにはあるのですが、通話料が別途発生するのがデメリットです。ところが、最近の利用実績を見ると、ほとんど通話の実績がないことが判りました。また、最近流行りのLINEを使えば無料通話が可能です。

そんなこともあって先週、ついにガラケーを解約して今まで使っていた番号をBIGLOBEのスマホに移し換えました。これがスムーズに行かなかったのは先日のブログに書いた通りですが、結局新しいスマホにしたら、全てがクリアになって晴れてスマホに移行できた次第です。

Photo

新しいスマホのトップ画面です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

中国が人権を主張

通信機器メーカーの華為技術(ファーウェイ)の創業者の娘で、同社の最高財務責任者兼副会長の孟晩舟氏がカナダで逮捕された事件で、カナダの中国大使館は「米加両国の法律に触れなていない中国市民の身柄拘束は重大な人権侵害であり、解放に向けてあらゆる措置を講じる」との声明を出しました。

また、中国外交部は定例の記者会見で、記者からの「なぜ中国大使館が「深刻な人権侵害」と言っているのか」との質問に対し、「明確な理由のない拘留は当然ながら人権侵害である」と回答しました。

中国では令状のない拘束が日常的に行われ、長期にわたって拘束される例が後を絶ちませんが、どうやら中国政府も自国で重大な人権侵害が横行している自覚はあるようですが、正にどの口でそれを言うか、としか言いようがありません。

尚、取り調べの過程で、孟晩舟氏が7通のパスポートを所有していることが明らかになりましたが、「普通の市民」にはそのようなことは不可能です。孟晩舟氏が中国政府の意向を受けて活動していたことを強くうかがわせる事実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

スマホ移行が苦戦中

先日宣言した通り、ガラケーの契約を終了し、電話番号をスマホに移すMNPの手続きを実行しました。取敢えず、一旦ネット接続専門に使っている手持ちのスマホに、電話機能を持たせるつもりだったのですが、つまづいています。

手順としてはガラケーの契約を終了 → スマホのデーター用SIMを通話用SIMに変更 → スマホの設定を変更 → 移行が完了 の手筈でした。ところが、いくら設定の変更を実行しても通話が開始されません。通信会社、スマホのメーカーに問い合わせても不具合の原因が特定されません。そうこうしている内に、ガラケーの接続機能が打ち切られてしまい、通話機能がなくなってしまいました。

仕方がないので当初の計画通り、新たなスマホを手に入れて最初から設定をやり直すこととしました。スマホの入手に数日かかる見込みなので、その間は久方ぶりに携帯電話がない生活を送ることになりますが、目立った不都合が起きていないことに驚いてもいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

海兵隊機墜落事故当日の捜索状況

今月6日午前1時40分頃、岩国基地所属の米軍海兵隊のF/A-18戦闘機とKC-130空中給油機が、高知沖で給油訓練中に接触事故を起こして双方共に墜落する事故が発生しました。米軍から救助要請を受けた自衛隊と海上保安庁は直ちに捜索を開始しましたが、トランプ大統領は、自国の在日米軍に対して捜索に対する謝辞を表明しましたが、我が国の自衛隊と海上保安庁の救助活動に対しては無視すると言う大変無礼な行動を取りました。

当日午前3時30分に災害派遣要請を受けた自衛隊は、直ちに捜索活動に入りましたが、一番最初に行動を起こしたのは空自浜松基地でした。派遣要請からおよそ30分後には航空救難隊のUH-60Jが離陸して現場海域に向かいましたが、空自浜松基地に所属する3機のUH-60J全てが出動する態勢を取りました。当日の空自、海自各基地からの出動状況を時系列別に地図上にプロットしてみました。

Photo

X印が墜落地点、指示線の先が出動した基地です。(国土地理院の地理院地図を加工)

Pa150040r17

UH-60J救難ヘリコプターです。

Pb250018r18

U-125A救難機です。

出動した基地は次の通りです。空自浜松基地、空自芦屋基地、空自新田原基地、海自舞鶴基地、海自岩国基地、海自大村基地、海自小松島基地の7基地です。

救難隊の任務と言ってしまえばそれまでですが、同じ国防の任務に就いている仲間として、危険な夜間の出動をした自衛隊の隊員には正直頭が下がります。一方で、このような危険を顧みない献身的な活動に対して、未だに一片の謝辞を示さないトランプ大統領に対して強い憤りを覚えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«米軍海兵隊機が高知沖に墜落