2019年7月21日 (日)

史上最低の大統領

トランプ大統領の問題発言が止まりません。元々選挙戦の最中から問題発言を連発していましたが、選挙中だからと大目に見られていましたが、当選するや、自分の発言は全て真実だから当選したのだと、都合の良いロジックで、事実と相違するフェイクニュースを発信し続けています。

最近では、ソマリアなど外国から移住して来た女性議員の政府批判の発言を批判して、不満があるのならこの国から出て行けと連日発言しました。しかし、集会でトランプ氏を支持する聴衆がこのフレーズを連呼する騒ぎとなり、流石に許容できないと責任を追及する動きが高まると、一転して自分は集会では発言していないので責任はないと強弁しています。

また、就任以来、前任のオバマ前大統領を批判していますが、トルコがロシア製の対空ミサイルシステムS-400を導入すると、責任はパトリオットミサイルの輸出を認めなかったオバマ氏の責任だと非難しました。しかし、これもひどい思い込みで、オバマ政権は輸出を承認したのですが、トルコが、一部自国生産を主張したことで、輸出そのものが破談となったものです。この事実については7月17日にAFPなど複数のメディアが事実関係を伝えていますが、米国4軍の最高司令官である大統領であれば、当然把握しておかなければならない事実です。

また、これまでの主要閣僚の顔ぶれを見ると、スタート時点の31人中、黒人の閣僚はベン・カーソン氏ただ一人です。2011年の統計で白人の比率は78%でしたので、黒人閣僚は5,6人いてもおかしくないのですが、これもトランプ氏の人種問題に対する考え方が反映していると見るのが妥当です。

トランプ氏は思い込みが強く、他人のアドバイスには耳を貸そうとしない傾向が強く見られますが、大国の指導者としては大変に問題です。他民族国家として発展して来た米国においては、人種の多様性や思想信条の自由を認めることで社会がまとまり、安定した繁栄を可能にしてきました。しかし、トランプ氏の登場によって政治は民主党と共和党の対立が激化し、社会は二分化されて対立は深まる一方です。来年の任期満了を控えて、とにかく点数を稼ぎたい焦りがこれまで以上に強まると、国内のみならず全世界を巻き込んだ混乱が、更に大きくなる可能性があります。もし、アメリカンファーストならぬトランプファーストを行動の前面に押し出すようであれば、史上最低の大統領であることは間違いありません。

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

京都アニメーションが放火で33名が死亡

耳を、目を疑う許せない事件ですが、昨日、京都市にある京都アニメーションのスタジオがガソリン40リットルを撒かれて放火され、33名が死亡、35名が負傷する大惨事となりました。目撃者の話から、さいたま市在住の容疑者の男は同社に一方的に強い憎しみを持ち、強固な殺意を持って犯行に及んだ模様です。数日前から容疑者の姿が目撃されており、ガソリン購入用の携行缶2個を用意するなど計画的な犯行は間違いありません。

同社は有名なアニメの制作会社で、被害者の多くは20代、30代の若者とされており、多数の若く有為なアニメーターの生命が、ゆがんだ殺意によって一瞬にして奪われたことに強い憤りを覚えます。容疑者の男は自身も重度の火傷を負い、治療を受けていますが、意識がなく重体と言うことです。警察は容疑者の氏名を公表していませんが、精神疾患など責任能力についての確認が取れていないためと思われます。しかし、事前に何回も現場を下見したり、大量のガソリンを購入して犯行に及んでいることから、責任能力は十分問えるものと考えます。

これだけの凄惨で重大な事件ですから、もし意識が回復するようでしたら、当然放火殺人罪で起訴されるものと思いますが、33名の命を一瞬にして奪い、多くの人に耐え難い恐怖と苦痛を与え、これからも相当数の人が火傷の後遺症に苦しむことになるであろうであることを思うと、単純に死刑が下されて良いものかと思います。もちろん、精神疾患や心神耗弱などを理由とした不起訴などはあり得ず、例え法の趣旨に反しているとしても現在の法体系が許す最高の刑罰が与えられることを強く望みたいと思います。

P7280038

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

街頭演説のヤジに警察が実力行使

参院選挙も終盤戦、各党とも選挙運動が白熱しているようです。今日の朝刊には、選挙結果の見通しについての世論調査結果が載っていました。それによれば与党が過半数確保するも、憲法改正に必要な2/3議席の維持は微妙と言うものでした。投票日まで今日を含めて3日ありますので、結果がどうなるかは判りません。

ところで、安倍首相が札幌市で街頭演説中にヤジを飛ばした聴衆を、警察官が「選挙の自由妨害」の疑いで拘束して移動させていましたが、表現の自由の侵害行為で、法令違反ではとの批判が持ち上がっています。確かに、他人の演説を妨害すれば「演説の妨害」にはなるでしょう。しかし、この種の裁判の判例によれば、「聴衆がこれを聞き取ることを不可能または困難ならしめるような所為」としています。つまり、街宣車などで大音量で演説を妨害したり、聴衆に危害を加えて、聴取させない行為をした場合に限定しています。

今回の場合、離れた場所からの肉声でのヤジですから、「選挙の自由妨害」に当たるとは思えません。また、この種の場合は事前に警告をした上で、それでも違法行為があらたまなければ実力行使に踏み切るのが一般的です。ところが今回は、声を発すれば即拘束していますので、恣意的な運用と言われても仕方ありません。安倍首相はこの手のヤジを大変気にしていますので、もしかしたら、首相側が道警側に何らかの要請をしていたのかも知れません。しかし、選挙の場で、公権力を使って反対派の声を封じようと言うのは看過できません。

田中元首相は演説中に反対のヤジを飛ばされた時、「反対なら対案を出しなさい」と言って上手く取りなしました。力ずくで相手を封じ込めるのは下の下の手法です。関係者の猛省を求めたいと思います。

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

梅雨明けが待ち遠しい

昨夜は雷を伴った強い雨が降りましたが、今朝は雨雲が去って曇り空となっています。雲が抜けたので晴れ間を期待しましたが、高気圧の張り出しが弱く、すっきりとした青空とならなかったようです。相変わらず南の海上には梅雨前線が横たわっており、太平洋の高気圧の押上げが弱いままとなっているようです。台風5号の北上に伴って、梅雨前線が押し上げられる可能性があるようですが、果たして北にあるオホーツク高気圧を押し上げるだけのパワーがあるかどうかです。上手く行けば一気に梅雨が明ける可能性もありますが、果たしてどうなりますでしょうか。

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

電池式蚊取り器のカートリッジを代用

先日、電池式蚊取り器の交換カートリッジがどこにも売っていないと記事にしましたが、とりあえずもう一つ持っている違うメーカーのものを購入しました。

P7160569_20190716085001

こちらのタイプです。どうして違うタイプのものを2種類持っているかと言うと、こちらは必要に迫られて車中泊での旅行の際に出先で購入したからです。こちらは小型で持ち運びが便利な分、稼働時間が短くなるので、旅行から帰った後はあまり出番がありませんでした。しかし、今回入手できるのが、このタイプしかありませんでしたので、こちらで今シーズンを乗り切るつもりです。交換カートリッジは2個1セットでの販売なので、一つが余っています。このタイプのカートリッジは本体同様小型なので、もしかしたらもう一つの方に使えるかも、と思いついて無理やり取り付けてみました。(メーカーの保証外なので自己責任です)

P7160568

取り付けた写真がこちらです。前面パネルに密着させる方法が思いつかなかったので、本体を分解してパネルを取り外し、糸で結んでありますが、軽量なのでこれで十分保持できています。カートリッジがファンの大きさよりも小さいので、効率が良くないのかも知れませんが、とりあえず間に合わせには使えます。取り付けにかなり苦労しましたので、来シーズンは新型に買い替えようと思います。

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

交信相手と思いがけずに初対面

本格的にアマチュア無線を再開して約2ヶ月半、やっと顔馴染みならぬ声馴染みさんもできつつあります。一昨日夜も430MHzで初めて知り合った市内の局と意気投合し、無線談議に花が咲いて日付が変わる直前まで1時間半ほど交信してしまいました。

一夜明け、所要で無線ショップに立ち寄り店内の商品を眺めていると、店主と客が話を始めました。聞くとは無しに耳を傾けていると、どうも一昨日聞いた内容と同じ話をしています。思い切って声をかけ、名前を確認すると、間違いありません。前の晩に交信した当の相手でした。アマチュア無線の世界では、交信した相手と、直接対面することをアイボールと言います。アイはeye、ボールはbollなので合わせて眼球、つまり電波を通じてでなく、直接眼球で見て会話することを指します。

これまで延べ70局あまりの局と交信していますが、相手と直接対面したのは初めてです。ましてや、その場所に行くことを前もって打ち合わせした訳ではありませんでしたので、こうして出会えたのは本当に不思議の一言です。見知らぬ遠くの相手と交信できるのが、アマチュア無線の面白さですが、その相手と顔を合わせることができたことは本当に幸運でした。

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

ハンディ機の三脚ホルダーを試作

梅雨も終盤に入り、梅雨明けの時期が話題となって来ました。昔から「梅雨明け10日」の諺があり、梅雨が明けた10日間頃は、日本列島が太平洋の高気圧に覆われて晴天が続くと言われていました。当然アウトドアには好機となりますので、富士登山を始め、アルプス級の登山の好適期です。私も天気に恵まれれば、久しぶりにテントでの一泊で南アルプスに登ろうかと思っています。今回は、今まで持って行かなかった無線機を持って、山頂から電波を出そうと思います。

現在自宅で使っているポータブル機は、ちょっと荷物になるので小型軽量のハンディ機を持って行くつもりです。ただ、ハンディ機は常時手で持っていなければならず、更には通話用のマイクも持つと両手がふさがってしまいます。これでは何かと不便なので、三脚に固定するホルダーを作ってみました。

P1010505

こちらがポータブル機です。これでも小型・軽量が売りのトランシーバーですが、一泊登山には少し重荷です。

Dsc_0087

こちらがホルダーで三脚に固定したハンディ機です。カメラ用の三脚に固定することで送信中も片手を明けることができますし、受信中は両手を使えるので、交信内容を記録することができるようになります。このハンディ機は144MHzと430MHzの送信が可能ですが、果たして上手く交信ができるかどうか、それ以前に梅雨が明けてくれるかどうか、乞うご期待です。

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

中央アルプスの5羽の雷鳥の雛が全滅の模様

環境省が11日に発表したところによれば、中ア木曽駒ケ岳周辺に生息している雌1羽から孵化したライチョウの雛5羽の生存が確認できず、全滅したと見られるとのことです。中アではライチョウは絶滅したものと見られていましたが、昨年から雌1羽が確認されていました。この一羽は他の山域から飛来したものと見られ、トキやコウノトリでも本来の生息地を離れて生存している例が確認されています。

最近になり、この雌が抱卵しているのが確認されましたが、付近に雄はいないことから無精卵の可能性が高いと判断されました。このため、環境省では乗鞍岳で採取した有精卵とすり替えて繁殖を目指したところ、5羽が羽化したことが確認されました。このまま順調に育つことが期待されましたが、残念ながらその願いは叶わなかったようです。生育地付近ではキツネの糞が見つかっていることから、捕食された可能性も考えられます。中アでライチョウが絶滅したのは、それだけ他の山域よりも生存する環境が厳しいためだと考えられますので、無理して増殖を図ることが本当に望ましいのか、改めて検討することも必要なのではないかと考えます。

Photo_20190712080901

南ア蝙蝠岳のライチョウです。

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

ニャンコがスイッチオン

火災原因は天ぷら鍋の過熱やタバコの火の不始末など様々ですが、中には留守中にペットが暖房器具のスイッチに触れて火事になったケースもあると言うことです。我が家も10年以上ワンコやニャンコを室内で飼っていますが、そのようなことは考えられず、半信半疑でした。ところが先日、ニャンコが扇風機の上を歩いた際に風量が切り替わる事態が起きました。ニャンコの体重は4Kgほどなので、スイッチの上を歩くことにより、スイッチが入ってしまったのだと思われます。

P5110526

ニャンコは昨年の夏以来病気になり、歩行が困難となって、今まで決して歩かなかった扇風機の上も歩くようになりましたが、スイッチを踏んだのは初めてでした。この時は回っている扇風機の風量が「弱」から「中」に切り変わったのですが、どうしたものかと考えあぐね、結局様子見することとしました。そして昨日、点けていなかった扇風機の上を歩いた際に、スイッチが入ってしまいました。幸い在宅中だったので直ぐにスイッチを切りましたが、正直びっくりです。まあ、扇風機なので間違ってスイッチオンしても危険な状態にはなりませんが、ちょっとまずいので、何らかの対策を考えなけれなりません。

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

電池式蚊取り器の詰め替えカートリッジが入手できない

今朝は朝から晴れていますが、梅雨明けはまだまだ先になりそうです。この時期になると戸外での虫刺されが気になります。最近ではスプレー式の虫よけ剤もありますから、短時間での屋外作業でしたら、こちらを利用する手もありますが、長時間の効果を期待する場合は昔ながらの蚊取り線香か、携帯に便利な電池式の蚊取り器になります。

Dsc_0086

我が家で使っている電池式の蚊取り器です。

たまにしか使わないので、外観は新品同様です。今年も交換用カートリッジを買おうとDIY店やドラッグストアーを回りましたが、困ったことにどこにもこのタイプのものは売っていません。需要の変化からか、そもそも、電池式蚊取り器の売り場自体が縮小している感じです。この商品も使用時間が大幅にアップした新型が出ていますので、そちらに買い替えて欲しいということでしょうが、形状はほとんど同じです。商品の混同を避ける意味合いもあるのでしょうが、なぜ従来の形状を継承しなかったのかと恨み言の一つも言いたくなります。

ネットで調べたら、販売事態はしているようなので、流通数の関係で一般の店では取り扱い中止になってしまっているのだろうと思います。通販で購入しても良いのですが、同じくらいの金額の総量がかかってしまいます。新たにカートリッジ付きの本体を買い替えても1000円足らずですから、この際買い替えても良いのですが、壊れてもいないものを捨てるのも面白くありません。みみっちい話ですが、しばらく思案に暮れることになりそうです。

| | コメント (0)

«トランプ政権が台湾への戦車108両の売却を承認