« 時間だけが | トップページ | 水中衝突事故、相手は? »

2006年4月12日 (水)

スキーヤー雪崩

遠見尾根の遭難現場を専門家が検証したところ、典型的なスキーヤー雪崩であることが判明したとのことです。この言葉は初めて目にしましたが、メカニズムは従来考えられたものと同様で、斜面に大量に新雪が積もった所にスキーヤーの体重が加わって旧雪との摩擦が破れ表層雪崩が発生するというものです。季節外れの大量の降雪が斜面に不安定な状況を作ってしまったことが、そしてそれに疑いの目を持つことが出来なかったことが各地の事故の主要因と言えるのではないでしょうか。

|

« 時間だけが | トップページ | 水中衝突事故、相手は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキーヤー雪崩:

« 時間だけが | トップページ | 水中衝突事故、相手は? »