« ビーコンの成果 | トップページ | 砂浜消滅 »

2006年5月 6日 (土)

エピローグ

連日の必死の捜索の願いが通じたのか、昨日行方不明の友人が遺体となって発見されました。私たちが捜索していた範囲をはるか超えた稜線で偶然通りがかった登山者によって発見されたものでした。同行者とはぐれた後必死に同行者を探すうちに方向感覚を失い、ホワイトアウトの中、下山方向を取り違えて下山方向と反対の沢に入り込んでしまい疲労凍死してしまったのではないかと思われます。悪天が予想される中、コンパスを持たずに入山してしまったのが悔やんでも悔やみきれませんが、現場写真によれば山男として最後まで生還を目指した彼の努力の跡が伺われる最期でした。合掌。

皆様のご支援本当にありがとうございました。尚、ご家族のプライバシーの為一切の固有名詞を使用しませんでしたことをご了承願います。P5040021

|

« ビーコンの成果 | トップページ | 砂浜消滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エピローグ:

« ビーコンの成果 | トップページ | 砂浜消滅 »