« 竹島問題について | トップページ | エピローグ »

2006年5月 2日 (火)

ビーコンの成果

針ノ木の雪渓で又も雪崩が発生し三人が犠牲となりました。新聞記事によれば幸運にも救出された一人はビーコンを所持していたようです。その為早期に位置が特定でき、空間が確保できていたことなど幸運が重なって生還につながったものと思われます。ビーコンはあくまでも事が起きてしまった事後の作業の為のもので、所持していることが安全に即つながるわけではありませんが、捜索する時に大いに手がかりになりますので、積雪期や踏み跡薄い山域に入山する際には所持した方が良いと思います。

友人の行方は未だ不明のままです。昨日は全国的に気温が上がったようなので、雪解けを期待して、事故に気をつけて今夜出発です。

|

« 竹島問題について | トップページ | エピローグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビーコンの成果:

« 竹島問題について | トップページ | エピローグ »