« お盆 | トップページ | 贔屓とは »

米国産牛肉輸入再々開

米国産牛肉の輸入が今月末にも再開されるようです。内政を放り出してまでして、某有名歌手の記念館を大統領専用機を使って訪問出来たのはその見返りだった訳ではないことを祈るのみです。問題は何ら解決せず、しかも新たに混入が発見された場合でも一律全面輸入禁止はけしからんと、まるで再発することは当然とも言える主張さえしています。政府はアメリカの主張を丸呑みするのみで、食の安全に対する責任は微塵も感じられません。要は先方が安全だと言っているから安全だと言うのみなのです。日本で全頭検査の結果月齢24ヶ月でBSEが発見されているにもかかわらず、ろくなBSE検査もせずに30ヶ月未満は安全とはどんな理屈でしょう。しかもそもそもアメリカでは子牛の管理がズサンで産地や飼料の経歴もはっきりせず過去の発見時も原因は特定出来ませんでした。30ヶ月というのもアバウトで日本のように一頭一頭の管理は出来ていないのです。しかもアメリカでは肉骨粉の規制が不十分で飼料への混入が濃厚です。

そのことを認識しているからでしょうか、米国の業界団体が自主的にBSE検査を実施することを提案しても実態が明らかになることを恐れているからとしか思えませんが、許可していません。自国の利益を優先しても日本人の健康はないがしろです。実は日本でBSEが発見されて以来アメリカは日本からの牛肉の輸入は禁止したままです。全くと言っていいほど検査をしていない自国の牛肉は安全で、例え全頭検査をしても日本産は危険だと言っているのです。

日本の消費者は米国産牛肉が店頭に並んだ時に懸命な選択をすることと思いますが、怖いのは加工食品に形を変えたり外食産業で使用された場合には原産国の確認が出来ません。飲食店や肉加工品業者は肉の原産国を明確にして欲しいものです。日本の消費者が徹底的に拒否反応を示せばさすがに日米両政府も考え方を改めてくれるのではないかと期待しています。そのためには値段だけに飛びつかず自身や家族の健康を第一に考えて行動することが大切だと思います。

|

« お盆 | トップページ | 贔屓とは »

コメント

仕事柄、この件についてはいろいろと思いがあります。
が、一番の問題点は、8割近くの国民が米国産牛肉輸入再開について不安を感じているのにかかわらず、国民の総意が得られたとして輸入再開に踏み切る政府の姿勢です。
日本国民は馬鹿にされています。また、日本の国会議員は自分たちは国民から選ばれた代弁者と声高々と叫び、自分たちの考え(ほとんど個人的なもの)が国民の考えと思う自意識過剰の愚か者です。
このことは政治弱者へ危険が及ぶことは必至です。まず、子ども達(輸入したものの消費しきれない牛肉は、国の出した安全のお墨付きにより学校給食に率先して使われるようになるでしょう)、そして外食産業、食肉販売業者の不正行為へ。
国産牛肉だって、どこまで安全かは判りません。BSEはわからないことだらけなのです。私は、今まで国内で発生したBSEの疫学的な背景を知っていますが、国の発表内容では、飼料が原因とは言い切れません。また、国内でも見られている非定型BSEの存在も不気味です。国と見識者(学者等)の考え方も解離し、とうとう国が組織したプリオン検討委員会も内部崩壊してしまいました。見識者が国の利益優先の身勝手な方策に見切りを付けたのです。
リスクを最小限に防ぐためには、24~36ヶ月齢の国産和牛を選択するしかありませんが、今の学校給食では、入札だけの安易な方法による牛肉導入で廃用牛や乳雄の安価なものを食べさせられているのが現状です。学校へ問い合わせれば、子供が食べている牛肉がどこのものかわかります。(個体識別番号を教えてもらい、家畜改良センター等のHPで検索すればどこで生まれ、どこで肥育され、どこでお肉にされたかがわかります。)
国は、制度を作れば、それが利用されようがされまいが、対処したということで次へ進みます。
我々は、面倒くさがらず、その制度を使って監視していかなければいけません。そうしないと、政治家や業者から馬鹿にされ、不正を行わせることになるのです。
前途ある子ども達の健康を守ることが出来るのは、親たちしか無いのです。
長々となってすみません。自分の無力さに腹が立ち、つい思いをぶちまけてしまいました。

投稿: 山奥 | 2006年7月 4日 (火) 07時04分

イギリスでヤコブ病による死者が大量に発生したのは肉骨粉によるものでした。同じことをしているアメリカでBSEが発生しないはずがありません。でもアメリカ政府は極力発見されないようにサンプリング数を抑え、精度の低い検査を行って発生数を低く見せるデーター操作を行っています。小泉首相はかつて言いました、フセインが見つからないと言ってフセインの存在を否定することが出来ないように大量破壊兵器が見つからないと言ってその存在を否定できないと。この論法をそのまま政府に返します。アメリカで姑息な検査方法でBSEが発見できないとしてもBSEが存在しないことは全く有り得ないと。
そもそもアメリカは周知のごとくダブルスタンダードの国です。自国向けには禁止している防カビ剤や穀類へのポストハーベストも輸出向けにはお構い無しです。黄色いアジア人がどうなろうと知ったことではないよとでも言うのでしょうか。また、出荷段階で短期間で生育させる為、成長ホルモンまで投与しています。このためフランスでは安全が確保出来ないとして、アメリカ産牛肉を輸入禁止にしてきました。そんな食肉をどうして日本政府が安全だと言ってしまったのでしょうか。アメリカ産の牛肉を使った牛丼やハンバーガーを食べたい人は自己責任で食べたらよいと思いますが、決してそれを他人には勧めないで下さい。そしてアメリカ人が自国政府の方針に異議を唱え無いことにどうこう言うつもりはありませんが、輸出する食品について安全性を確保するのは民主国家として最低限の義務だと思いますが、そうしないあの国はもはや民主国家と呼べないのかも知れません。

投稿: 雨辰 | 2006年7月 4日 (火) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/10759333

この記事へのトラックバック一覧です: 米国産牛肉輸入再々開:

» BSE問題 [共通テーマ]
未だに原因がよくわからない狂牛病。一方、アメリカ政府の強い要望によりアメリカ産牛肉の輸入解禁がなるも、とたんに危険部位の肉が紛れ込んでいたことが判明、輸入停止。BSE問題について思うところをどうぞ。... [続きを読む]

受信: 2006年7月 4日 (火) 22時55分

« お盆 | トップページ | 贔屓とは »