« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

ふざけるなッ!

今日桶川ストーカー事件の被害者の両親が起こした損害賠償の裁判で警察の責任は問えないとする判決が下されましたが、全く承服しがたい内容です。殺害された被害者がストーカー被害について被害届けを出したにもかかわらず、勝手に訴えを改竄して放置した為に有効な捜査が全く行われず被害者が殺害されてしまった訳で、被害届けである以上公文書偽造が適用されるべきであったと思われますが、警察、検察、司法の身内意識からの呆れたもたれ合い、堕落の陰で国民の怒りが封殺されたかと思うとやり切れない思いで一杯です。

この国では公務員の不作為に対して寛容と言うよりも、黙認しているとしか思えません。遅れず、休まず、働かずで目立った行動をしなければスタンダードの評価をしてもらえるようです。民間会社であれば、職務を履行しなければ無能力者の烙印を押されてそれなりの処遇に処せられますし、役員であれば背任の責任を追及されるのですが、さすが役人天国日本をまざまざと見せ付けられた思いです。残念ながらこの国の未来に希望は無いようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンデークッキング

P1010002 年齢的にダイエットが課題です。BMI指数23、体脂肪率19%と肥満予備軍体型なので、カロリーを考えてなるべく外食を避けて3食自炊をしています。できるだけ多くの食材を使ってバランスの取れた献立を心がけていますが、現実はうまく使い回しが出来ず無駄にしてしまったりと中々上手く行きません。しかも平日は時間に制約もある為、手間のかかる昼の弁当用の副食は休日に作ってホームフリージングしています。本日はトンカツ2枚とハンバーグ4個を作りました。ハンバーグは今までレトルト物を使っていましたが、原産国不明の牛肉の使用が心配なので、今後は手作りするつもりです。

食材の使いこなしの参考になればと、西村淳著 面白南極料理人 笑う食卓を読みました。保存方法、調理法にそれなりの苦労は読み取れましたが、単身赴任者には程遠い世界のお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心配事

Photo_6 最近熊の事故の報道が目に付きます。一昨年は山の木の実が大不作で、エサを求めて里に下りて来た熊が人間界で過剰反応されて銃殺されるケースが目立ちました。今年もブナの実が不作のようです。一昨年の悲劇が再現されないことを願うばかりですが、熊の目撃例が少なかった去年でさえも私と友人がそれぞれ別の山で熊に遭遇しています。今年も彼らに対面する可能性が高くなってしまうのかちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットと生きるとは?

海外に居住する直木賞作家がペットが生んだ子猫や子犬を殺していると自ら公表して非難を浴びています。社会的責任を取ってのことと強弁していますが、社会敵の間違いではないでしょうか。呆れた行為もさることながら、どういうつもりで公表したのか理解に苦しみます。何のコントロールもせずに出産させてその生命を勝手に奪う行為とは何なのでしょうか?幸いこの作家の作品を読んだことはありませんが、このような作家にエッセイを依頼した新聞社の見識も問われるべきだと思います。

我家でもペットとして犬を飼っていますが、悩んだ末に避妊手術を受けさせました。彼女の母親になる機会を永久に奪ってしまったわけで、今でも心の痛みを感じていますが、さりとてもし出産することになっても経済的価値の無いミックス犬の為、子犬の行く末に100%の責任が取れないと思い踏み切りました。Photo_5

先日近くの里山に連れて行ったときにマムシと遭遇しました。室内飼いの為全く危険予知が出来ずあわてて引き離して事なきを得ましたが、一瞬、もし万一のことがあれば、20数キロを抱いて下山する覚悟をしました。最後まで全ての命に責任を持つこと、それがペットを飼う上で最低限の条件ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おろかなこと

Photo_4 例のあの国が核実験の準備をしているという報道があります。弾道ミサイルを完結するのには弾頭に核爆弾がどうしても必要とでもいうのでしょうか。

かつて世界最大の人口保有国の最高指導者Mは世界最大の核保有国を張子の虎に揶揄しながら自らも核保有国の仲間入りをしてしまいました。大国を標榜したがる国はどうも核爆弾がお好きなようです。核分裂を原理とした核爆弾は既に61年も前に実用化され、人類に対して使用されているのです。今更保有することにどんな意味があるのか私には良く判りませんが、もし核爆弾を先制攻撃に使用すれば世界中を敵に回すことになるのです。例えそれが超大国のあの国であってもです。

人類はあまりに多くの戦争を起こして来ましたが、もし核戦争になれば双方が惨禍に見舞われて勝者無き戦いとなるのです。以前領海は3海里と決められていましたが、これは敵の大砲の届かない距離から決められたとのことです。紛争を未然に防ごうとした先人の知恵の賜物でしょう。現在はミサイル技術が発達して3海里の緩衝地帯を無意味なものにしてしまいました。戦争を避ける為の現代の知恵はまだ見出せていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋が楽しみ

暦の上では立秋を過ぎて早1週間ですが、今日は暑さもひとしおです。心配された台風十号は進路を大幅に変えて九州に接近するようです。

数年前に山で見つけたアケビを持帰り自宅で発芽させて育ててきましたが、その内の1本が今年初めて実を付けてくれまた。去年から花は咲くようになったのですが、実を付けることはありませんでした。今年は去年以上に花が咲いたので大いに期待していましたが、なかなか実を確認できませんでした。最近になってやっと、たった一個だけですが実が付いているのが確認できました。熟すときれいな紫色ですが、今は葉の色と同じなので中々見つけるのは大変でした。まだまだ台風の接近もあることと思われますし、油断は出来ませんが我家で採れたアケビがどんな味か今から楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月15日

今日は終戦の日です。言うまでも無く太平洋戦争が終結した日です。全国を焦土と化して多くの人命が失われた戦火が止んだ日を記念した日です。この戦争に関しては様々な観点があり、それぞれの立場の意見があることと思いますが、一方の当事国米軍による無差別爆撃や原爆投下によって多くの非戦闘員が恣意的に殺戮された事実に目を瞑るわけには行きません。

米国は原爆は終戦を早める為といい続けていて犠牲者や被爆者に対して謝罪はおろか一切の賠償を行っておりません。確かに敵に絶大な損害を与えることによって戦意を喪失させることは一理あるのかも知れませんが、投下場所が軍港のある呉や佐世保でなかったのは何故だったのでしょうか。考えたくないことですが、ヤルタ会談によってソ連の占領地の割譲に対する要求が増長することを憂慮した米国が、アドバンテージとして圧倒的な戦力誇示として、悪魔の選択でヒロシマ、ナガサキを選んだように思われてなりません。米軍の世界戦略の結果として一瞬にして30万人以上の民間人が犠牲となってしまった訳なのでしょう。

幸い、あれ以来第3発目の核兵器は使用されていませんが、各地での軍事作戦で非戦闘員の生命を省みない攻撃が目に余ります。我国の都市に対してミサイル攻撃を公言する国さえ現れる始末です。米軍は目的が正しければ手段を選ばない考えのようで、自国民の生命は尊重していますが、劣化ウラン弾の使用等、他の国民に対しては違う価値観を持っているようです。果たして命の重さに格差があるのでしょうか。

多くの人命がまるで紙くずのように失われてしまった先の大戦の教訓は果たしてどのように世界に伝わったのでしょうか。今年も「さとうきび畑」が幾度となく流されましたが、我々の責任の重さを改めて感じた今日8月15日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑陰の憩い

P8130006

せっかくの夏休みですが、諸事情で遠出ができません。そこで早起きをして近くの低山に出かけて来ました。浜名湖を望む山上に中世の大規模な寺院跡があります。学術調査は終わっており、遺跡公園風に開放されています。久しぶり行って みたら遺跡の全貌が判る様にきれいに下草が刈られていました。時間が早かったので、気温も上がらず、誰にも会わない静かな時間を楽しむことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国連は前世紀の遺物か?

レバノンで1000人を超える国民が、侵犯してきた隣国軍隊に一方的に殺戮されている。これに対して国連のふがいなさは目に余るものがある。世界の警察を気取っているダブルどころかトリプルスタンダードを振りかざすあの国に遠慮をしているのだろうか。国連常任理事国でもある世界第一の人口保有国も自国民が国連停戦監視団に参加しながら、確信的攻撃であろうと言われる砲撃で殺害されているのに何故か事態の沈静化に積極的な行動を取っているようには思われない。

日本は国連において未だに先の世界大戦の敵対国の地位に甘んじているのに分担金だけは加盟国第二位であるが、このような国連に対して加盟している価値などあるのだろうか。政府は中東の安全保障に深くかかわっている例の国の軍艦にインド洋で無償で洋上給油を行う法律を延長する方針のようであるが、国際平和に貢献すると言うことがどういうことか本当に判っているのだろうかはなはだ疑問である。

連日の暑さで思考の方も過激におかしくなりそうであるが、いい加減留め男が出現しないか待ちわびる今日この頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

猛暑

P5040018 暑いです。昨日は36℃オーバーで今年一番の暑さでした。こうなるとついついクーラーに頼ってしまいます。昨日は休日出勤で会社にいたのですが、この温度になると断熱の悪い建物ではクーラーの効きも悪く室温も30℃を超えてしまいました。日本以上の猛暑に襲われたアメリカではその最中停電が続いた地域があったようですが、お気の毒としか言いようがありません。

夕方なって大分過ごしやすくなったように感じましたが、家に帰るとなんと室温は32℃、速攻でクーラーのお世話になりました。私は一年を通じてのビール(発泡酒)党ですが、この季節はその旨さがひとしおです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨が明けた

P7300010_1 全国的に梅雨が明けました。今年は北方高気圧が優勢で、太平洋高気圧の張り出しを阻んでいます。長い梅雨で野菜の生育にも影響が出ているようですが、高山植物の開花も遅れ気味のようです。例年は梅雨明け10日の言葉通りに夏らしい晴天が続くのですが、今年はどうなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »