« 緑陰の憩い | トップページ | 秋が楽しみ »

8月15日

今日は終戦の日です。言うまでも無く太平洋戦争が終結した日です。全国を焦土と化して多くの人命が失われた戦火が止んだ日を記念した日です。この戦争に関しては様々な観点があり、それぞれの立場の意見があることと思いますが、一方の当事国米軍による無差別爆撃や原爆投下によって多くの非戦闘員が恣意的に殺戮された事実に目を瞑るわけには行きません。

米国は原爆は終戦を早める為といい続けていて犠牲者や被爆者に対して謝罪はおろか一切の賠償を行っておりません。確かに敵に絶大な損害を与えることによって戦意を喪失させることは一理あるのかも知れませんが、投下場所が軍港のある呉や佐世保でなかったのは何故だったのでしょうか。考えたくないことですが、ヤルタ会談によってソ連の占領地の割譲に対する要求が増長することを憂慮した米国が、アドバンテージとして圧倒的な戦力誇示として、悪魔の選択でヒロシマ、ナガサキを選んだように思われてなりません。米軍の世界戦略の結果として一瞬にして30万人以上の民間人が犠牲となってしまった訳なのでしょう。

幸い、あれ以来第3発目の核兵器は使用されていませんが、各地での軍事作戦で非戦闘員の生命を省みない攻撃が目に余ります。我国の都市に対してミサイル攻撃を公言する国さえ現れる始末です。米軍は目的が正しければ手段を選ばない考えのようで、自国民の生命は尊重していますが、劣化ウラン弾の使用等、他の国民に対しては違う価値観を持っているようです。果たして命の重さに格差があるのでしょうか。

多くの人命がまるで紙くずのように失われてしまった先の大戦の教訓は果たしてどのように世界に伝わったのでしょうか。今年も「さとうきび畑」が幾度となく流されましたが、我々の責任の重さを改めて感じた今日8月15日でした。

|

« 緑陰の憩い | トップページ | 秋が楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/11451290

この記事へのトラックバック一覧です: 8月15日:

« 緑陰の憩い | トップページ | 秋が楽しみ »