« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

日本核武装論

北朝鮮の核実験以来にわかに我国の核武装論が賑やかになってきました。確かに相手からの攻撃を抑止するのには同等の攻撃力を持つのが一番です。現在我国では弾道ミサイル攻撃の防御として米国と連携して弾道ミサイル防衛体制を構築中ですが、これには多額の予算が必要です。しかも発射から着弾まできわめて短時間の猶予しかない為、有効に機能するか実効性に疑問を唱える人もいます。またシステムの根幹である改良パトリオットPAC3の射程は10数キロと短く、半径10キロ程度の極めて限定的な地域しか防衛できないとも言われています。

他方核武装した場合の費用はミサイル防衛の半分以下と考えられています。しかも究極の報復力を持つことにより相手の攻撃をかなりの高率で抑止できると考えられます。これが核武装を唱える人たちの論旨です。しかしこの説には重大な問題点があります。それは我国には現在核爆弾を運搬する手段がないということです。この問題をどう解決するかということを抜きにして核武装の是非を論議するのは実にナンセンスです。

また我国は様々な法的制約により、領空や領海を一方的に侵犯されても相手が攻撃しない限り(した時はこちらに相当な被害が発生してしまいます)相手に攻撃を加えることが出来ません。つまり核爆弾を保有しても使用する命令が下されることが現状では有り得ないのです。このような頓珍漢な状態で核武装などと言うのは子供の欲しい欲しい願望となんら変わりがありません。

我国は憲法で集団的自衛権の行使を禁じていますが、外交の基本に国連中心主義を据えています。これは実に矛盾する考えで自らが行動基準とする国連の安全保障活動には消極的で、国防の根幹である交戦権さえ放棄しながら本来危険な二国間の軍事協定である日米安保を国防の主体に据えるというのは論理矛盾の最たるものと言わざるを得ません。先の国連常任理事国の改定では発展途上国への援助バラ撒きの金権外交を展開したにも関わらず、見事に票読みが外れる支持の少なさや事務総長の選出を巡っても全く世界に相手にされていない現状をもっと認識すべきでしょう。そして外交努力を発揮して、平和外交を推進している日本を侵略させてはならないという多くの同盟国を持つことこそが本当の外交力であり、真の安全保障と言えるのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静かなる山

Pa280003_1 琵琶湖西岸の比良山系に登って来ました。湖西線の北小松駅からヤケ山を経て釈迦岳までを歩きましたが、登山者が少なく稜線付近の紅葉をゆっくり楽しむことが出来ました。同行した会社の同僚によればこんな静かなこのコースを歩くのは初めてとのことです。どうやら数年前に山上に架かっていたロープウェイとリフトが廃止された為、今まで手軽に入山できた登山者が敬遠して激減したのが原因のようです。

山が本来の静けさを取り戻すのは大歓迎ですが、それに伴ってコースが荒れてしまうのは困りものです。今のところその兆しは見られませんが、そうならないように愛好者が登り続けることも必要だと思われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありのままにいること

バックトゥザフューチャーで一世を風靡したマイケル・Jフォックスがパーキンソン病に冒されていることを告白して随分年月が過ぎました。近況を知りたいような知るのが怖いような思いでいましたが、今日久方ぶりに彼の近況を知らせるニュースが流れました。

残念ながら症状はかなり進行しているようですが、それでも尚絶望せずに治療を続け、病に苛まれている自身の映像を公開してこの病気のことを啓蒙する活動に協力しているとのことです。

人間誰しも少しでも自分のことを良く見せようと思うのが普通です。にも関わらずかつての栄光に拘ることなく病気に苦しむ姿を公表出来ることは素晴らしいの一語に尽きます。なんとか病を克服してもらって、もう一度スクリーンで輝く姿を是非見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハートフルな社会であって欲しい

喉に障害のある女の子が通常の保育園に通うことがやっと「裁判所」で認められました。保育園は幼児の発育を助ける為の施設だと思うのですが、どうして判決が出るまでハンディキャップを克服しようと頑張っている少女に手を差し伸べなかったのか残念でなりません。

かつてNHKTVで全盲の少女やサリドマイド禍により両腕を持たない少女が一生懸命一般の小中学校に通うドキュメンタリー番組を見て言いようのない衝撃を受けたことがありました。ご両親は不幸(私はそう受け止めてしまいました)な身の上のわが子を何とか社会に受け入れてもらおうと心を鬼にして通学を当たり前のこととしてこなせるように猛特訓を課したのです。子供たちは介助無しに通学する能力を見事獲得し、その結果学校側も特別扱いしないで暖かく受け入れました。私は人間の持っている困難に対処する能力の高さにただただ感動しました。

それにしても、あの頃に比べて昨今は世間が冷たくなっているように思えてなりません。保育園、学校は何の為にあるのでしょう?単に知識だけを習得したり、単位をごまかしてまでして進学率を高める為だけでは無いはずです。健常な子供が健全に育つのは勿論、もしハンディキャップを持った子供がいれば時にはその子をサポートして、みんなで共同生活していくことを学んでいく為の大切な場ではないでしょうか。今日では個性重視が言われる割には、自分達と異質なものに対しては排除する姿勢が強いように思われます。自ら努力している人に対して、もっとやさしく受け入れる寛容な社会であっても良いのではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

存在していることって・・・

京都で親の虐待により幼児が死亡する事件がありました。周囲が児童相談所に何件も通報しながら電話によるヒアリングしか行わず、助けられる命がみすみす失われてしまったにもかかわらず当の所長は実に淡々と認識が甘かったという趣旨のコメントを述べていました。一方通報した地元の自治会長さんは力に成れなかったと嗚咽していました。これではどっちが当事者なのか判りません。一体児童相談所は何の為にあるのかと所長と市長は市民に良く説明して欲しいものだと思います。

奈良で5年間で8日しか出勤しない職員がいることが表面化しました。当初市の人事課は手続き上問題なく、正当に執行されているとコメントしました。どこの職場でも戦力にならない構成員など百害あって一利なしだと思うのですが、ここの職場の責任者は黙ってメクラ判を押していたのでしょうか。労働する意志がないにもかかわらず、病気による休業申請するのは詐欺罪に相当するのではと思われますし、原資が税金ですから更に重大な犯罪行為だと思われます。連日のマスコミ報道により流石に市長も知らぬ顔も出来ず、懲戒免職をほのめかしていますが、5年以上(記録上確認できたのが5年前まで)事態を放置したした関係者の責任は重大です。

いじめの存在を無視し、目を瞑り続けている教育関係者の皆さん、皆さんの統計とは別に警察関係の統計では逆に増加している結果が発表されました。専門家として是非反論をお聞きしたいものだと思います。福岡の校長さんは未だにいじめを認めていないようですね。多分任命権者だと思いますが、県知事さんのコメントも聞かれませんが私の不注意でしょうか。

我思う故に我ありと言ったのはデカルトだったと思いますが、何かをしなければいけない立場の皆さん、何もしなかったあなたは存在しているのですか?存在する価値があるのですか?もし何もする意志や能力が無いのであれば、少しでも世の中を良くする為に潔くそのポジションから離れて下さい。第二第三の犠牲者を生まない為にも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

嵯峨野再訪

Pa210012_1 京都に来て2年半あまり、ふと思い立って嵯峨野に出かけました。嵯峨野には若い頃一度来たことがあり、今回は実に30数年ぶりの再訪です。

前回はアプローチに何を使ったかはっきりと覚えていませんが、今回は阪急に乗って嵐山駅からのスタートです。まずは渡月橋に着いて人と車の多さにビックリ、橋を渡って又ビックリです。思い出の中では各寺々が嵯峨野のなかにひっそり点在していたのですが、橋の袂には客引きの人力車がたむろし、天竜寺への道は人であふれかえっていました。足を進めると家々も現代風な瀟洒な家並みに変わっていて、記憶の中の静かな風景とどうもマッチングしません。

それでも古寺は昔と変わらずに佇んでおり、常寂光寺の山門に立つと当時の思い出が蘇りました。まるで変わったのは人間社会のほうだよとでも言っているかのようでした。以前のように、あだし野念仏寺まで歩きましたが、思っていた以上に距離があって顎を出しかけた自分に年齢を感じない訳にはいきませんでした。今更ながら嵯峨野人気の高さに驚くと共に、次に訪れる時ここはどんな風になっているのだろうかと考えながら、駅への帰路に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな棚田

Photo_8 週末にペット同伴可能な宿を利用して旅行に行ってきました。風光明媚な土地ですが、限られた平地の中で、かつては食料確保は重要な課題でした。耕作可能な土地はとことん利用され、棚田もその中の知恵のひとつです。ところが食料事情が好転した今、手間のかかる土地は敬遠されるようになりました。今では耕作は放棄され、農業を楽しもうとする篤志家達によって細々と稲作が続けられているようです。写真はその中で最も小さな棚田ですが、広さは2坪ほどしかありません。そんな小さな田んぼまで耕作せざるを得なかった生きることの厳しかった時代の庶民の食料確保の努力の跡をひしひしと感じさせられました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

腐ったリンゴ

北海道のいじめによる小学生自殺事件の余波が覚めやらぬ内に、今度は九州で再びいじめによる中学生の自殺事件が起きました。一連の事件で明らかになったことがあります。それは事件の主因が教育関係者の無責任にあるということです。九州の事件では元担任がいじめの主犯でしたが、校長は事件を把握しながら教育委員会に報告しませんでした。我国ではここ数年100名を超える児童、生徒の自殺がありながら、いじめが原因との報告はただの一件も報告されていないとのことです。文科省の当事者能力の無さは呆れるばかりですが、校長や教育委員会の無責任ぶりにも怒りを覚えます。

本来教育は子供の健全な育成のためになされるべきですが、都合の悪い事実を隠蔽し自身の保身に走る輩が教育機関のトップにいるのは諸悪の根源です。特に定年間近の関係者は事なかれ主義に走る傾向が強いようです。教師が悪いことをして処罰されなければ、生徒はそれを学習して同じことを真似します。その意味で元担任教師と校長の罪は大変重いものと断じざるを得ません。マスコミ報道によれば校長は発言を二転三転させてその場限りの責任逃れをしているようですが教育者の姿としてあるまじき行為です。

また本件が全国的に報道されたことにより体調不良を理由に元担任が入院したそうですが、いい気なものだと言わざるを得ません。死に追いやられた生徒はどこにも逃避することも出来ずに自ら死を選択せざるを得なかったのです。こんないい加減な教師が学年主任を任されるとは校長の管理能力も大いに問題ですし、このような無責任校長を管理できない教育委員会は存在する意義があるのでしょうか。この際全ての膿を出し切って子供達の為の教育をスタートさせて欲しいものです。

かつて問題生徒が周囲に悪影響を及ぼすとして早期に排除すべきとした腐ったリンゴ理論が言われましたが、問題だったのはリンゴを入れるリンゴ箱たる教育関係者だったとは笑い話にもなりません。社会の為に腐ったリンゴ箱は速やかに燃やすしかないでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アクセスありがとうございます

Pa160004 今年3月にこのブログを開設して8ヶ月、アクセス数が2,000件を超えました。中年オヤジが思いつくままに好き勝手を書き綴ったブログに対してこのように多くのアクセスを頂いて嬉しい限りです。これからも自分が感じるままに心の一端を綴っていきたいと思っていますので、良かったらお付き合い願います。

尚、サーバーのメンテナンス工事の為明日から少しの間更新やコメントのアップが出来なくなりますので、ご了承願います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

山と渓谷が心配

Pa090022 報道によれば山岳雑誌を出版している山と渓谷社が買収されるようです。M&Aは経済行為として一般的に認められており、今回は双方の利害が一致してのことのようですが、古くからの読者としては心配でなりません。親会社となるインプレスホールディングは山と渓谷社の持つビジュアルソフトを有効活用するとのことですが、企業活動なのでその編集権が独立を保つ保障はありません。

つまり企業収益が上がらなければもっと売れる誌面作りをしなさいという圧力がかからない保障は無い訳です。利益を追求するのは親会社としては当然の姿勢かも知れませんが、出版は営利を超えた文化活動の一面もある筈です。日本の山岳界を「岳人」と共にリードしてきた「山と渓谷」がつまらない商業主義に走らないことを祈るのみです。

それにしても文化の一翼を担う山岳出版社の買収額がたったの4500万円というのはあまりに安すぎるのではないかと思います。そして利益が上がらないからといって安易に第三者に転売することだけは厳に謹んで欲しいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白馬岳遭難

Pa090015 先週末、白馬岳で4人が亡くなる遭難事故がありました。九州からの5人の登山客を2名の山岳ガイドがサポートするというものでしたが、頂上の小屋に到達する前に3名が行動不能になり小屋に収容された1名も死亡するという悲惨な事故となりました。前日関東以北で発達した台風崩れの低気圧が強い西高東低の冬型の気圧配置となり、暴風雪による疲労凍死と思われます。当時の詳細な状況が判らないのであくまで推測ですが、九州在住の2名のガイドは北アルプスの天候の知識が乏しく低気圧の通過を好天の訪れと解釈して行動を開始したものと思われます。

ところが予想外の吹雪に見舞われてしまいましたが、遠方からの登山でもありそのまま登山を続行してしまったのではないかと思います。この季節の防寒装備は毛糸の手袋と雨具程度と思われます。メンバーの装備を考えれば天候が悪化してからは先には進むべきでは無かったと思いますが、そのまま続行してしまいました。

少なくとも料金を取ってガイドをする以上依頼者を無事に下山させることが出来ないようでは、ガイド失格と言われても仕方ありませんが、安全登山の為には依頼者の側にもガイドの力量を見極める眼力が必要なのかも知れません。9日に長野県南部の大川入山に登りましたが、頂上から望んだ穂高連峰はまさに冬山そのものでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日本も捨てたもんじゃない

広島で犬を飼育していた施設が倒産し、犬たちが餌を与えられずに放置されて餓死や病気による衰弱死で100匹近くが死亡し、数百匹の犬がやせ衰えたた状態で保護されました。各地からボランティアが駆けつけて犬たちのケアにあたっているとのことですが、なんの罪も無い犬達を放置して衰弱死させるのは動物虐待の最たるもので規模の大きさもハンパではありません。当然刑事事件の対象になると思いますし、警察は早急に関係者を処罰すべきと考えます。

この事件も含めて嫌な事件の多い昨今ですが、不幸な犬を助ける為に多くの人が熱い思いを寄せている現実に世間の暖かさを感じました。犬たちが出来るだけ早く里親に引き取られて幸せになれるよう心から願わずにはいられません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本に人権はあるのか?

最高裁が参議院選挙の定数違憲訴訟の判決で1対5倍以上の格差を認める判決を下しました。言い換えれば有権者1人当りの票の重さに5倍の格差があっても当然と言い切っているのです。比較するのが適当かどうかは別としてアメリカでは1.5倍の格差は違法とみなされているそうです。

法律を作る国民の代表たる国会議員を選出する大切な選挙で、1対5倍の格差を公然と認めると言うことは法の基の平等を謳った憲法に著しく違反すると共にこの状態を長期間に亘って放置した司法としての責任をあっさりと放棄して認めず、なんら恥じることなく違法状態を公然と認めてしまった訳です。

あなたは1/5の権利しかありませんよと言うことが個人の権利をどれだけ侵害しているのかを判ってもらえないのはまさに悲劇としか言いようがありませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

滝川に正義は無い

昨年滝川市でいじめを苦に首吊り自殺(今年になって死亡)をした小学6年の女子児童の動機についてのマスコミ報道を見て憤慨に堪えません。市の教育委員会は肉体的暴力が認められないからいじめではなかったとの見解ですが、無視や言葉による暴力がいじめに当たるとの認識は世間の常識です。又、彼女が残した遺書を「手紙」と言いつくろって遺書であることを認めようとしていませんが、自殺者が残した書面を世間の常識では遺書というのですよ。こんなことも認識できない関係者やこんな幼稚な言い逃れを是正できない市3役は恥を知って即刻辞任すべきと思いますがそんな動きは今のところ微塵も見えません。どうやら滝川市には恥も正義という言葉も存在していないと断じざるを得ません。

一人の人間を死に追いやってのうのうとしている元クラスメートや死の直前に相談を受けたクラス担任は彼女の死をどう受け止めているのでしょうか。いじめについてはする側と受ける側との認識の差があるのは仕方ないとして自殺から1年以上経っているにもかかわらず未だに調査中を繰り返す関係者の言葉の裏には、くさいものには蓋、責任は取りたくないよと言う本音があまりに露骨に表れています。

絶望のあまり教室で一人死を決断した小学6年生の心からの叫び声を聞こうともしない滝川の教育関係者は人間のクズとしか言いようがありません。

訂正とお詫び

私の錯誤から滝川市を旭川市と表記してしまいました。記述を訂正すると共に、ご迷惑をおかけしました旭川市の関係者には心からお詫びを致します。誠に申し訳ありませんでした。

尚今日5日、滝川市の教育委員会は一転していじめの事実を認めると共に遺書を遺書として認める発表をしました。悲劇から1年余り、あまりに遅すぎた対応とは思いますが、起きてしまった不幸な出来事を事実として認め2度と再発させない為に関係者の真摯な努力を希望します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

羽ばたく翼、去り行く翼

P9240005兵庫県豊岡市のコウノトリの自然界への2次放鳥が先日行われました。市民の協力の甲斐もあってコウノトリが暮らしてゆける環境が整いつつあるようで嬉しい限りです。大型の野鳥が繁殖していくためには安全にエサが賄えるそれなりの面積が必要なので、生育できる数には限りがあります。今後は周辺に生息地を拡大していく努力が一段と求められることになりそうです。

そんな中、国産旅客機YS-11が日本の空から消えました。戦後航空技術の復活をかけてアメリカとの軋轢の中で開発されました。技術的には大成功と評価されましたが、経験の乏しさから営業判断を誤り、早すぎる生産撤退などで商業的にはうまくいきませんでした。しかしその技術の一端は輸送機C-1に引き継がれ、さらに後継の輸送機、哨戒機の開発につながっています。旅客機の分野でボーイング、エアバスの2社が世界シェアを独占している現状では再参入は大変厳しい と言われていますが、座席100人未満の機体は有望とも言われますので、何とか後継機が生まれることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »