« それぞれの「千の風になって」 | トップページ | 静岡空港の見果てぬ夢 »

山崎氏訪朝の何故?

自民党の山崎国会議員が党内の反対を押し切って訪朝していましたが、具体的な成果の無いまま北京に戻りました。対話や説得を働きかけるとの荒唐無稽とも言える渡航目的を話していましたが、6カ国協議に臨む北朝鮮の姿勢から見て、当初から前向きの結果などは期待出来ませんでしたが、案の定といったところです。

ところで、元防衛庁長官でもあった百戦錬磨のベテランであるはずの山崎氏は、本当に言われているような認識で訪朝したのでしょうか?しかし失礼ながら過去の言動を見る限り、私には山崎氏がそのような憂国の士や善意の騎士であるとは到底思えません。うがった見方をすれば、支持率低下に悩む安倍首相の密命を受けて政権浮揚のウルトラCを狙ったか、逆に北朝鮮当局に弱みを握られていて難局打開の為のパシリを言いつけられた可能性もあるのではないでしょうか。

先ごろ米軍は韓国にステルス攻撃機F-117、沖縄の嘉手納基地に同じくステルス戦闘機のF-22を配備すると発表しましたが、これらのことと無縁では無いような気がします。米軍は配備の裏には特別な事情は無いと言っていますが、額面通りに受け取る人間はいないでしょう。部隊の配備には多額の予算が必要です。何の目的も無く部隊を移動させるほどヒマな軍隊などありませんし、機密の塊ともいえる最新鋭のF-22は初の海外配備です。これは紛れも無く北朝鮮の核実験に向けての強力なメッセージだと思われます。今のところ北朝鮮は2回目の核実験に突き進んでいる模様ですが、事前阻止が無理であれば、報復攻撃を事前予告をした上で核関連施設等を限定攻撃して開発計画を中断させる目論見(勿論ブラフの可能性も大ですが)ではないかと思います。

山崎氏が果たして安倍首相、金主席、米軍の誰に動かされて訪朝したのかは不明ですが、自発的な行動では無かったことは確かなのではないでしょうか。

|

« それぞれの「千の風になって」 | トップページ | 静岡空港の見果てぬ夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/13480524

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎氏訪朝の何故?:

« それぞれの「千の風になって」 | トップページ | 静岡空港の見果てぬ夢 »