« 火の用心その2 | トップページ | 春景色 »

2007年3月31日 (土)

くノ一スパイ騒動?

海上自衛隊員がイージス艦の秘密情報を無断で自宅に持ち出していたことが判明しました。発端はこの隊員の中国人の妻が不法滞在(法的な婚姻関係ではなかった)で家宅捜索を受けてフロッピィーデスクやハードディスクが発見されたものです。関係者は海外流出は無かったとしていますが、大いに疑問です。先に自衛隊員が無届で不自然な形で中国に頻繁に渡航していたことが判明していますし、上海で外務省の駐在員が女性問題をネタに国家機密の漏洩を迫られ自殺した事件がありました。にわかには信じられない事態ですが、社会主義国では色仕掛けでターゲットとした人物に接近して情報を入手するのは常套手段になっていると言うことです。

自衛隊には女性隊員も存在しますが、圧倒的に男性の割合が多いため日頃女性に接する機会が少ないようです。うがった見方かもしれませんが、こうした盲点を突いてこの隊員に近づいた疑いも捨て切れません。妻が不法滞在ということは中国籍のままであり、本気で婚姻関係を望んでいなかった可能性があります。中国は米国においても非合法な手段によって原爆の製造に関する情報の持ち出しに成功していますし、先の軍歴のあった中国人のデンソーの技術情報窃盗事件やヤマハの無人ヘリコプター不正取得問題などを考えると防衛機密にからんだ軍事スパイ事件と考えるのが妥当ではないでしょうか。

|

« 火の用心その2 | トップページ | 春景色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くノ一スパイ騒動?:

« 火の用心その2 | トップページ | 春景色 »