« 銃の悲劇再び | トップページ | 防衛省は防衛を省く役所? »

2007年4月25日 (水)

新車到着PARTⅢ

週末に自宅から富士、清水まで出かけました。信号の少ないバイパスや高速道路主体の走りで約220Kmの走行でしたが、燃費はなんと11.8Kmで4WDのカタログ値11.6Kmを上回ってびっくりです。翌日1ヶ月点検で販売店に行って整備の人と話をしたら、新車時は慣らしの為に特別なエンジンオイルを入れているとのことです。詳しくは教えてくれませんでしたが、もしかしたらモリブデンなどの潤滑剤が多めなのかもしれません。通常オイルにしたらどうなるのか興味津々です。

カーナビの取り扱いは相変わらずドジで通過点の登録の仕方が悪かったようで、通過したにもかかわらず、認識されずに未通過としてUターンさせようとし続けました。仕方がないので目的地を再入力して事なきを得ましたが、カーナビの指示を100%信用するのも考えものです。でもそれではカーナビとしての意味がないので、ビギナーの戸惑いは当分続きそうです。

|

« 銃の悲劇再び | トップページ | 防衛省は防衛を省く役所? »

コメント

新車時のオイルって違うんですね。
知らなかった~。
(カタログ燃費に近づけるためなのかな)

投稿: 山奥 | 2007年4月26日 (木) 05時46分

山奥さん、コメントありがとうございます。新車時はエンジン部品も馴染んでいないのでフリクションロスが大きかったり、微細な金属粉が発生するのでそれに対する対策ではないかと思います。
かつてのキャラバン2WDやデリカ4WDが7Km/Lそこそこだったことを思うとオーバー11Km/Lは夢のようです。日本の自動車技術の高さは最高です。

投稿: 雨辰 | 2007年4月26日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新車到着PARTⅢ:

» 中古車の販売に関わる問題 [中古車の販売に関わる問題]
中古車では、交通事故で破損した自動車(事故車)を修理して販売する場合があるが、この事故を隠して販売した場合、その取引が問題視される。 事故車の場合は事故によって目だった破損の他に、気付かれ難い欠陥がある場合があり、消費者がそれを知らずに使用していて、機 [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 18時08分

» 中古車の販売の問題点 [中古車の販売の問題点]
中古車の販売については、事故歴を隠して販売する以外にも、走行距離計(オドメーター)の数字を巻き戻し、走行距離を短く見せかけて販売 (いわゆるメーター戻し) することも多く、故障が発生して修理する際に、表示上の走行距離以上に部品が消耗していることが発覚するなど、トラブルが絶えない。(なお、年式の割に走行距離が極端に短い車は要注意。 ... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 19時45分

« 銃の悲劇再び | トップページ | 防衛省は防衛を省く役所? »