« 天下泰平のように見えますが・・・。Ⅱ | トップページ | 武士(もののふ)とぼんくら »

2007年5月22日 (火)

春山漫歩

Photo_44友人達9人と大井川中流域の高塚山に行ってきました。当初は別の山の名前が挙がっていましたが、ハシゴ場がいくつかあったので、こちらに変更してもらいました。 今年は暖冬小雪と言われていましたが、木々の間から垣間見る聖や上河内岳はまだ真っ白でした。そのせいか楽しみにしていたシロヤシオツツジは残念ながらもう少しというツボミのままでした。

かつては腰を超える笹が生い茂り、手強い山で知られた高塚山も、刈り払いが行き届いたり登山道も整備されて手軽に歩ける山に変貌しています。私は今回が6度目の登頂ですが、この季節は初めてでバイケイソウが稜線のそこかしこに生い茂っているのにビックリしました。帰りは途中から林道に降りましたが、ひどく崩壊している箇所がいくつかありましたので当分避けPhoto_45たほうが良さPhoto_46そうです。

|

« 天下泰平のように見えますが・・・。Ⅱ | トップページ | 武士(もののふ)とぼんくら »

コメント

軽く登った山のようですが、標高を見てびっくり!私の周辺にはそんなに高い山はありません。県最高峰ですら1200mくらいです。
雨辰さんのワンコはすごいですね!

投稿: 山奥 | 2007年5月23日 (水) 06時16分

山奥さん、コメントありがとうございます。説明不足でゴメンナサイ。今回のルートは南赤石幹線林道の標高1404mの山犬の段がスタート地点なので累積標高差で約420mですからそんなに褒められたものではありません。実行動時間は約5時間でした。
標高や位置関係で言えば確かに私の地元は恵まれているのかも知れません。地の利を生かして南アルプスの3000mのジャイアントに日帰り登山をすることも夢ではありません。北岳バットレスを登って一般ルートを下山するのは一般的ですし、5月の塩見岳を日帰り登山したこともあります(少し自慢)。友人はMTBを駆使してアプローチを稼ぎ聖、赤石岳をそれぞれ日帰り登山しています。私も若い頃の話ですが笊ヶ岳、茶臼・上河内岳の日帰り登山を経験しています。恥ずかしながら、今回利用した林道も11時間をかけてほぼ全線を歩いて下山したこともあります。
遠方からですとアプローチだけで時間を消化してしまうので中々登山の機会を作るのが大変だと思います。
ただ、山高きが故に尊からずで、400m未満の山でマツムシソウやフウロの花を見つけることもありますし、密かにカタクリの花と再会して笑みをもらすこともあります。
地元の山を楽しんで登ることが出来れば標高はあまり気にしなくても良いのではないでしょうか。1200mでも名山は名山です。

投稿: 雨辰 | 2007年5月23日 (水) 20時50分

行ってきたんですね。
しかも大所帯で楽しそうですね。
zeroは単独か友人と2人、または子zeroと2人ってことが多いので大人数での山の楽しさを知りません。
実はzeroは、結構自己中心的? いや、膝や腰に自身がなく歩が遅いので迷惑かけたくなくて、このような山行きとなっています。
まして親子2人ならお互い気遣いもなく行けるのでストレスなく楽しめるんです。
でも雨辰さんのこんな画像見ちゃうと「たまには数人で行くのも楽しそうだな」と思ってしまいます。

投稿: zero | 2007年5月23日 (水) 23時22分

zeroさん、コメントありがとうございます。人それぞれに楽しみ方が違います。自分のペースで歩くのが一番です。私の場合も本来志向する山歩きは少数派なので、どうしても行きたい時は単独か少人数になります。
でもこのような山の場合は気の合った仲間とのんびり歩くのも楽しいものです。
今回の昼食は前回に味をしめて各自肉を持ち寄って焼肉をやりました。色々な種類を一度に味わえるのも楽しいものです。

投稿: 雨辰 | 2007年5月24日 (木) 05時49分

>人それぞれに楽しみ方が違います。
そうそう、私は独身時代に合コン登山を楽しんでいた時期がありました。(笑)
苦しいときにはその人の素が出たりして、パートナー探しにはうってつけかも??
今のかみさん?
川上からどんぶらこどんぶらこと流れてきたのを拾ってきました。( -_-)=○()゜O゜)アウッ!

投稿: 山奥 | 2007年5月24日 (木) 06時23分

山奥さん、再コメントありがとうございます。
>合コン登山
私の若い頃は一緒に山に行かれるだけで嬉しくて、無料ガイドのようなことをよくやっていました。でもそれを目的でっていうのはなかったですね。今から思えば・・・・・。

投稿: 雨辰 | 2007年5月24日 (木) 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春山漫歩:

« 天下泰平のように見えますが・・・。Ⅱ | トップページ | 武士(もののふ)とぼんくら »