« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

政治オンチ

久間防衛相が何を思ったか米国の我国への原爆投下を是認する講演をしました。旧ソ連の日本侵攻を食い止める為だったというのが論旨のようですが、おでこに手を当ててみたくなってしまいます。敗戦後、米国に占領されて政治的主権を制限されたことや、食糧確保、社会資本や産業の復興に米国の力が必要だった為、あからさまに抗議、非難することは出来ませんでしたが、約30万人が瞬時に亡くなった原爆投下は勿論、東京を始めとした逃げ道を塞いだ上での風上からの焼夷弾による無差別攻撃で多くの市民が焼死したこと等は正に虐殺と呼ぶにふさわしいものです。米国は効用として戦争の早期終結を主張していますが、当時の日本は石油が枯渇する等して、もう戦争を継続する国力は破綻してしまっており、何の正当性もあり得ないと思います。当の米国でも原爆投下については軍部中枢も反対だったようでスターリンの南下戦略を恐れたトルーマン大統領の大暴走であり、彼の考え方から東洋人への人種差別的な一面もあったのではないかと思います。東京裁判で人道に対する罪で最初に裁かれるべきだったのはトルーマンではなかったのではないでしょうか。

そのような米国の蛮行を、何故この時期にしかも防衛相の要職にあるものがわざわざ発言し、正当化しなければならないのか理解出来ません。米国と対立する立場を持つ国々はなぜ日本は原爆投下を米国に抗議しないで従属するかの如き立場を取るのかと呆れ、日本の外交姿勢をある意味軽蔑しています。この発言によって日本は米国のポチであるとの彼らの主張を閣僚自らが公言してしまっては、さすがに外交ベタの外務省も面子がありません。久間さんには日本の対外的な地位を考え、国益を認識して発言するようにして頂きたいものです。こんな閣僚の内閣のもとでは国連常任理事国入りなど夢のまた夢でしかありません。

ただ、米国は以後原爆を使用していません。対外的に公式には明らかにはしていませんが、原爆投下に対する何らかの自責の念を持った証拠ではないかと言う見方も出来ますが、未だに我国に対する謝罪が無いのも事実です。我国として米国に対して何らかのアクションを起こすことが必要なのは間違いありません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

遭難できないッ!

またまた遭難ネタでスミマセン。警察庁の発表で2006年の山岳遭難件数が1417件と統計を取り始めた1961年以降で最高になったそうです。死者・行方不明者も278人で前年比5人増となっています。昨年は春先に異常降雪があり雪崩や披露凍死による遭難が多発しましたが、数字の上でも裏づけられました

遭難者の81%以上が40歳以上の「中高年」でその割合は年々増加傾向にあるようです。これは昨今の熟年登山者の増加、若年登山者の減少を反映したものでしょうが、無知、無理な行動も少なからずあるようです。お互い事故に会わないように十分注意したいものです。

ところで事故に会ってしまった時に頼りになるのが山岳遭難保険ですが、困ったことが起きました。保険会社は多くの不払いが発覚して監督官庁から厳しい行政指導を受けていますが、その反省から保険の種類を相当絞り込んでいるようです。ゴルフのホールインワン保険はまだしもですが、山岳保険も個人加入では来年から捜索費用が出なくなってしまうとのことです。現在個人で加入している私にとっては一大事です。利益優先、効率重視は時流かも知れませんが、社会的貢献の見地から再考を願いたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

アナログ放送余波

2011年にテレビ放送はアナログからデジタルに移行します。当然従来のアナログ機器ではテレビの視聴が出来なくなってしまいます。従来の機器をそのまま使い続けようと思う人はデジタル放送をアナログに変換してくれるコンバーターかデジタルチューナーが必要になりますが、現在のところこれらの機器は大変高価です。

ところで私は大のテレビ党で良くテレビを見ているのですが、実は音声だけでも楽しんでいるのです。最近のラジオはワイドFMなるバンドがありこれにテレビ音声が重なるのです。テレビを離れて家事をしている時など、テレビ党の私にとって音声だけとは言えテレビ放送が楽しめるのはありがたい限りです。そんな私にとって2011年問題は大変頭の痛い話です。現在は割高感があるデジタルチューナーですが、その頃には値段がこなれていればと切に思うこの頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

戦場の経済学

陸上自衛隊で退役が始まったAH-1S攻撃ヘリコプターの後継としてAH-64Dの配備が進められています。もともと攻撃ヘリは対戦車ヘリと呼ばれ、戦車キラーとしての能力を期待されていました。ところが近年携帯ミサイルの進化によって1発のミサイルでヘリコプターが撃墜される事例が増えているようです。携帯ミサイルの場合目標が発する赤外線を追尾するシステムが大半(別の追尾システムもあります)ですが、高い機動性を要求される軍用ヘリの場合、格好の餌食となる排気温度の高いジェットエンジンを搭載するのが通例です。

またヘリから戦車にミサイルを発射する場合、ヘリから目標に誘導する作業が必要となる為、一定時間空中に静止する必要があるようです。このような状況から、攻撃側は容易に攻撃ヘリに対して対空ミサイルを発射する機会が得られます。アフガン、イラクでヘリの撃墜が増大しているのはこのような理由によるようです。

ちなみにフル装備のAH-64Dの価格は一説に74億円、そのターゲットたる戦車の価格10億円前後、携帯ミサイルの価格推定数千万円(ASM-2対艦ミサイルの価格約1億円から推定)です。費用対効果を考えた場合このような兵器運用が妥当なのかどうか大いに疑問ですが、国会で議論されることは無いようです。さすがに自衛隊内部でも運用能力とコストパフォーマンスについて疑問が呈されているようですが、納税者である我々は税金の使途についてもっと関心を持つべきではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食は安全?

北海道の食肉会社の不正表示問題にはただただ唖然とするばかりです。我々庶民は苦しい生活の中で少しでも安全で安いものを求めて無い知恵を絞っていますが、折角表示されている内容が全くあてにならないのなら何を信用したら良いのやら?

牛肉と表示しながらDNA鑑定で全く牛肉の含有が認められないと言うのはサギ以外の何物でもありません。かの社長は安い商品を求める消費者も悪いとコメントしたそうですが、消費者はリーズナブルを求めているのであって、単にチープを求めている訳ではないのを理解出来ないのですね。本来表示に対する混入がわずかであればまだ許せますが、輸入品の産地を偽造したり、他社のパッケージを偽造したりとなると本当に悪質な犯罪と言う他はありません。となると混入した部材に健康に有害な物、例えばBSEの危険部位が使われていなかったのか気になるところです。それにしても冷凍食品に加工してしまえば悪事がバレないと考えた志の貧しさは目を覆いたくなるばかりです。

今回の事件によって多く関係者が仕事を失うことになるようです。最初に内部告発をした関係者に対し、監督官庁の担当者が無責任な対応をして全く取り合わなかったことに対しては精査の上鉄槌が下されるべきです。一体何処を見て仕事をしているのか、守るべきは何なのかを理解してない人間は公僕たる資格はありません。

肉加工業者の信用を失墜させ、食の安全に対する信頼を滅茶苦茶にしてしまったのが、ミートホープ社とは何とも、何とも皮肉なネーミングでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

夏至が過ぎて

                                                                            P5040041

今年の梅雨は短めとの予想通り空梅雨気味の天気が続きましたが、やはり各地で水不足が深刻のようです。

先日、昨年山で逝った友人を偲ぶ集まりがありました。昔話、追悼登山の話等で夜が更けるのも忘れて語り合い、酒を酌み交わしました。いつまで語っても想い出は尽きません。改めて彼と過ごした時間の長さを思い知らされました。

そして思いがけず、彼が最後に履いていたブーツとショートスキーが形見として私に託されることになりました。山の歌「いつかある日」の歌詞に‘友に贈る俺のハンマー、ピトン(ハーケン)の歌声を聞かせてくれ’とあります。これからはこのスキーを使う時は彼と2人連れの山行となる訳です。

昨日、先日買っておいた山岳雑誌を読んでいたら偶然彼を発見してくれた方の名前を見つけました。年に何パーティも入山しない山域を登っているだけあって、ハイレベルの活動を続けている様子が覗えましたが、山を通じての不思議な縁を感じずにはいられませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

温泉施設の安全性

東京の市街地にある温泉施設でメタンガスと思われるガス爆発で死亡事故が起きました。関係者のコメントによれば地下の温泉を採掘すれば、それにはメタンガスが含まれており、その処理を誤れば非常に危険であると言うことは常識であると言うものでした。

しかし奇妙なのは掘削の時点ではガスの噴出について細心の注意を求められるのに、開業後には行政による一切の規制が無かったというのはどう考えてもおかしな話です。これでは行政の安全管理に対する盲点、瑕疵と言われても仕方ありません。一刻も早い地下水くみ上げ事業所に対してメタンガスに対する安全基準を作成して、事故の再発を防ぐことが重要なのではないでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

公明党の責任はいかに

連日報道される社会保険庁の事務処理のズサンさには呆れるばかりですが、ではかつて年金100年安心プランと大見得を切った連立与党の公明党の責任はどうなったのでしょう。

自民党総裁でもある安倍首相は最後の一人まで未処理分の納付金の処理を行うと国会答弁を述べていますが、かつて厚生年金の給付を切り下げる自民党法案に賛成し、これで100年安心と国民に大見得を切った公明党は今回の事態をどう国民に説明するのでしょうか?いまだに明確な説明はありません。あのパフォーマンスはなんだったのでしょうか。100年間安心を国民にアピールしたのであればその言質に責任を負うべきです。連立与党のパートナーとして公明党は自民党に対して一体どうしてくれるんだということをもっと迫るべきではないかと思いますがいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MHIに注目

今MHI(三菱重工)が注目されています。一つはF-X問題です。これから退役が始まるF-4EJファントムの代替として米国最新鋭のF-22を導入したいとの思いが防衛省首脳部に強いようですが、米議会では機密保持の観点から我国への売却には反対意見が強いようですし、そもそもノウハウが明かされるライセンス生産などもっての他のようです。また業界の思いとしても割高で、技術移転が無く、戦闘機製造ラインの維持につながらない完成機の輸入よりも製造能力の維持につながるライセンス生産への希望が強いようです。そんな折、MHIが英独伊が共同開発したユーロファイターのライセンス生産について交渉を持っていると言う事がアナウンスされました。現在防衛省では「心神」と名づけたF-22に似たフォルムの先進技術実証機を開発しています。将来この技術を基にF-3を開発する時に生産ラインがクローズされていたのでは話になりません。ユーロファイターはF-22をどうしても導入したい当局がMHIに打たせた一芝居なのでしょうか、それとも将来のF-3への布石でしょうか。

もう一つはMRJなる初の国産ジェット旅客機計画です。我国は初の国産ジェット輸送機C-1を開発、生産しました。そして現在C-X,P-Xなるジェットエンジンを搭載した次期輸送機、哨戒機を開発しています。ボーイングから旅客機の機体の主要部分の生産も任されている実態もあり、開発資金さえあれば旅客機生産について技術的な面での障害はあまりないようです。ただ、販売、メンテナンスサービスとなると経験不足が指摘されています。三菱自身は採算性を十分吟味して、08年に事業化の是非を決定したいとの方針のようですが、先日経済産業省が400億円もの補助金支出を決めたとの報道がありました。民間企業が事業化は未定との案件に省庁が補助金支出を決定するなど有り得るのでしょうか。私個人としては日の丸ジェット旅客機のテイクオフを是非見たいと思っていますが、現状はあまりに流動的です。MHIはパリで開催される航空ショーに客席部分のモックアップを展示して反響を確かめたいようです。

F-XとMRJ、この二つを結びつけて考えるのは果たして邪推なのでしょうか?今後を注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風前の灯火か?

このブログはノートパソコンで立ち上げていますが素人の無茶な扱いに音を上げたのか徐々に不具合箇所が増えてきました。HDDは一度交換済みですし、CDドライブは書き込みエラー続出で新規の記録はあきらめています。メモリーも不足気味でスキャナーが上手く作動してくれません。

今日はとうとう留守の間に空冷ファンが動かなくなって温度上昇による作動不良を起こしてしまいました。クリーニングをしたらなんとか動くようになりましたが、ぼちぼち更新の時期が迫っているのかも知れません。もし長い間更新がされない時はパソコンがダウンしているかも知れませんので、復活するまでご容赦下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご用心、ご用心!

この週末は上空に寒気の流入があり、各地で雷雨や思わぬ豪雨がありました。案の定山の遭難事故が多発しましたが、天候を無視して登山を強行したケースが多いように思えました。蝶ヶ岳の滑落や栃木の中学生の落雷による事故は天気予報を真面目に受け止めれば、避けられた事故だったのではないでしょうか。特に中学生の落雷事故は気象台が雷注意報を発令しているのに、それを無視する形で学校側がハイキングを「強行」したのは過去にゴルフ場や野球のプレイ中に落雷事故が発生していることを考えれば、無謀としか言いようがありません。事故後のコメントで天気予報をネットで見て安全だと思ったと能天気で語っていましたが、大勢の命を預かり梅雨入り間近の天候の不安定なこの時期にイベントを企画するのであれば、せめて民間の気象サービス提供会社に相談する位の配慮が必要だと思います。

また先日ワンコ連れで登山した南アルプス幹線林道で、土砂崩れによるマイクロバスの閉じ込め事故が発生しています。この林道は途中までこんな山中までもと思える所まで舗装されていますが、そもそももろい山肌を削り取って造られた落石ボロボロの大変な林道なのです。日曜日はそこそこの降雨があった筈ですが、そんな時に落石が予想される領域まで足を踏み入れる神経が判りません。もう25年以上も前のことですが、この林道で雨が降らない晴天時にもかかわらず直径2メートル程の岩に道を塞がれて、仲間と数時間土木工事をする羽目になったことを思い出しました。

アウトドアは楽しいフィールドですが、ひとたび牙をむくと容赦なく私達に襲いかかって来ます。何事も楽観的に考え過ぎず、少しは最悪の事態もあることを日頃から考えておくことが必要ではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蛍夜

Photo_54 前夜に続いて今夜もホタルを探して歩きました。昨夜のポイントでは時間が遅かったせいか草陰で光るのみで飛んでいるところは見る事が出来ませんでした。ならばもっと有名なスポットへと思い哲学の小径沿いのせせらぎに足を運んでみました。

流れのそこここにホタル見物の人影が見られ、さすが有名スポットと期待が高まりますが、中々その姿は見られません。あてずっぽうに暗がりを行ったり来たりしていると光るものが宙に浮かんでいます。良く見ると数匹のホタルが流れの上をふわふわと飛んでいます。ここでも数は少ないものの時折手が届く辺りまで飛んでくるので、なんとかカメラに収めようと思いましたが、ここでデジカメの思わぬ弱点に気がつきました。私のカメラはファインダーが液晶だけなのでホタルの灯りが良く見えません。又デジカメはフィルムカメラのようなシャッターメカニズムの手応えが無いので、スローシャッターの場合は特にタイムラグが生じて、ホタルの発光に合わせてシャッターを切ったつもりでもタイミングが上手く合いません。残念ながらこんな写真しか撮れませんでした。

帰りに昨日の川の下流を通ったのでもしやと思い川面を眺めると、いました。商店街の直ぐ近くと言うのに暗い流れの上を数匹のホタルが飛んでいるのが見えました。昨日とはうって変わって活発に飛んでいます。まさかこんな所でと思われているのか見物の人は全く見られません。ここでも撮影を試みましたがやはり上手くいきませんでした。諦めて鑑賞に専念することにしてしばしホタルの舞う姿を楽しみました。乱舞とまでは言えませんが1日に2ヶ所でホタルを見る事が出来て素敵な蛍夜となりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とほほ2題

市街地を流れる近くの川にホタルが生息していることがわかり、夕食後に見物に行ってみました。見当をつけた橋にいってみると既に何人かが流れを見つめています。私も早速仲間に加わりましたが、はるか遠くにポツリ、ポツリと見えるだけで全くの期待外れでした。

大分前のことですが、山間の田園地帯で見たときは乱舞と呼ぶにふさわしく、数え切れないホタルが飛び交っていて陶然として見つめた思い出があります。環境も時間帯も違いますし、発生時期のピークではなかったのかも知れません、そういう意味では、突然行って見られただけでも幸運だったのかも判りません。

その2:  アウトドアに出かける時、以前はポリタンクと呼ばれるポリエステルの容器が使われていましたが、中身に匂いが付いてしまうのが難点で最近では空のペットボトルを使う人が多くなっています。私は水を入れるメインの容器に匂いの付かないポリカーボネイトの専用ボトルを使っていますが、スポーツドリンクやお茶などを入れるサブのボトルにはゲータレードのボトルが広口で使い易かったので愛用していました。最近少し汚れが気になってきたので新しいものを求めようと探したところビックリ。キャップのサイズが標準のサイズに変更になっていました。

コスト的な問題で共通化されたのだと思いますが、旧ボトルは広口で飲み易く、リユースする場合に注ぎ入れ易くて、製氷機の氷も簡単に入れることが出来る大変使い易かっただけに残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

若葉の山

Photo_47 Photo_53 Photo_49 Photo_50 Photo_51

天気予報を心配しながらの山行となりましたが、そんなに暑くなく思いがけずに登山日和となりました。ただ、梅雨間近とあって湿度が高く林間は思いっきり汗をかきました。登りきった廃寺跡は貸切り状態で、遠くに浜名湖がかすんで見えました。

目的の山には林道を歩いて1時間。心配した3箇所のハシゴ場もワンコが何とか自力で登ることが出来て、頂上からの展望を手に入れることが出来ました。トン汁を作って昼食。帰りは又1時間の林道歩きです。ワンコもちょっとバテ気味でしたが、無事下山出来ました。

Photo_52

| | コメント (6) | トラックバック (0)

梅雨入り間近

九州南部が梅雨入りしました。今年は冬の間の気温が寒暖が逆転するなど異常な年でしたが、どうやら順調に季節は進んでいるようです。身の回りでも梅やらっきょうを漬けたりとどうやら初夏に突入です。

今日は梅雨入り前の貴重な日曜日、ワンコを連れてPhoto のんびりと低山を歩いてこようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金問題

深夜の国会審議で年金法の改革法案が可決されました。首相はこれで問題解決と言わんばかりですが、与野党共に党利党略が透けて見えて仕方ありません。社保庁解体で年金行政がどう変わるのか、今回の支払い記録未処理問題が何故発生し、放置され、見過ごされてきたのか何の報告も一切の謝罪もありません。立場は違いますが生保の不払い問題では各社のトップが軒並み退陣を余儀なくされ、業務停止の行政処分もありました。5、000万件という途方も無い支払い記録を未処理のまま放置して誰一人咎められない組織が金銭を取り扱うことなど許されるはずもありません。

野党質問に気色ばんで怒鳴り返すよりも加入者への説明が一番必要ではないでしょうか。かつての辞任要求に職務を全うさせて欲しいと懇願して居座った柳沢大臣や村瀬社保庁長官が正面に立って説明をしないのはどういうことなのでしょうか。かつて政務次官盲腸説がありましたが、この人たちは・・・・・?。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »