« 代用食品天国は返上したら | トップページ | 議員の大義とは »

政治家に信念、良心はあるのか

自民党の大仁田参議院議員が党の候補者選定に抗議して立候補を取り止めると発表しました。唐突な感じが否めないと思っていたら、週刊誌に自身のスキャンダルが掲載されました。熱血漢を主張した当の本人がハレンチな官官接待を主導していたと言うものです。その後本人の反論が聞かれませんので、週刊誌の主張が大筋において事実だったのではないかと思われます。だとするなら、党に抗議するとした氏の主張は何だったのでしょうか。

そして郵政民営化法案に反対して自民党を離党して新党日本に合流した筈の新井広幸議員ともう1名が突如党の運営方針の不満を理由に党からの離脱を表明しました。

今回の参議院選挙では自民党は過半数の確保が至上命題となっています。このため主義主張は不問にして多数派を組める相手とは無条件で多数派工作をして行こうと言う姿勢が鮮明になってきたようです。同じく離党組の沼議員は法案への賛否は別として執行部の姿勢を良しとせずに無所属を貫いています。かと思えば、野田聖子議員は恥辱を偲んで自民党に復党する道を選択しました。

どの道を選択するかは議員本人の決断に任されるのでしょうが、選挙民は選挙の時点での主張に対して票を投じたのだと言うことを決して忘れるべきではありません。前回の衆議院選挙は小泉前首相の議会政治を無視した強引な政治パフォーマンスでした。このため多くのねじれ現象を生むこととなってしまいましたが、かと言って選挙民の付託を無視して己が利益の為に行動することは許されません。どうしても主義主張を変えたいと言うのであれば次の選挙でそのことを主張して再選されてからにすべきです。その時々で日和見的に主張を変えることなど議員にあるまじき行為ではないでしょうか。

|

« 代用食品天国は返上したら | トップページ | 議員の大義とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/15674438

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家に信念、良心はあるのか:

« 代用食品天国は返上したら | トップページ | 議員の大義とは »