« 不覚でした | トップページ | 味噌に賞味期限? »

2007年8月 7日 (火)

暑い日には

P7290007_4 連日30℃オーバーの猛暑でうんざりです。家にいるとついついクーラーに頼りたくなってなってしまいます。そこで、参議院選挙のあった先週の日曜日に沢コースの山歩きに行ってきました。先日UPした「不覚でした」の山です。下界は30℃でも標高1300mの山中は概ね25℃前後、沢沿いでは20℃で天然のクーラーが利き過ぎるほど利いています。

この日のお昼はこの冷たい沢の水を使ったソーメンです。夏山を縦走していて涼しい沢音に出会うとこんな所で冷たいソーメンが食べられたらと思ったりするのですが、現実にはちょうど都合の良いところに沢がある訳でもなく、昼食は水の無い所になってしまうのが普通です。この山は頂上にかなり近いところまで沢が続いており、昼食後に頂上を踏んでも時間的に問題ありません。

P7290001 ソーメンとあってクッカーは大きい物を使用し、ガスストーブは分離型2台を並べ金網を載せてセットしましたが、水温が低すぎるのか沸騰させるのに結構時間がかかってしまいました。

ここに着くまで結構汗をかいたので、冷気と冷たいソーメンは何よりのごちそうでした。以前沢登りの途中にソーメンをしたことがありますが、この時は体が冷えていてあまり美味しく感じられませんでした。やはり汗を流すのが最大の調味料になるようです。

|

« 不覚でした | トップページ | 味噌に賞味期限? »

コメント

沢の上流から流しそうめんなんて楽しそう!
(見つけられないかな?)
涼しげな写真に癒されました。

投稿: 山奥 | 2007年8月 7日 (火) 08時05分

山奥さん、コメントありがとうございます。流しソーメンですか、全く思い浮かびませんでした。孟宗竹の太いのがあれば器として使うのも面白いかも知れませんね。
沢の水音をビデオで観ると涼しい音が涼感を奏でてくれます。暑い夏は仕方無いのかも知れませんが、目に見える涼しさ、耳に聞こえる涼しさがそれを和らげてくれるのだと思います。
当日アイスコーヒーの元も持参したのですが、あまりの涼しさに出番が無く、ホットコーヒーを楽しんだのも涼しい思い出です。

投稿: 雨辰 | 2007年8月 7日 (火) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑い日には:

« 不覚でした | トップページ | 味噌に賞味期限? »