« 味噌に賞味期限? | トップページ | 防衛力は誰の為? »

引き際が大切

海上自衛隊は、アフガンのタリバンやアルカイダの勢力にテロ支援国や組織からの武器の補給を阻止しようとして、臨検活動を続ける多国籍軍の艦船に給油をするという、後方支援をする為にインド洋で活動中です。これは米国の9.11テロを受けて制定されたテロ特措法という法律に基づいているのですが、今年の11月に期限切れを迎えます。政府、自民党は当初従来同様に期限を延長する腹積もりでしたが、先の参議院選挙で大敗してしまい、延長に反対する民主党が過半数を占めてしまった為、期限切れの公算が強くなっています。

元々、自衛隊は海外展開などは厳禁で、自国内での活動を前提に構築されている為、一定海域で長期間活動するような装備は考えられておらず、過酷な勤務を強いられているようです。政府は米国からSHOW THE FLAG と言われて戦闘による死者が出るのを恐れて後方支援を買って出たのですが、要は体のいいメッシー君です。インド洋に展開する友軍に燃料や飲料水を無償で補給し続けるのです。本土から遠く離れている為に、交代するのにも時間がかかり、ただでさえ数少ない艦艇をやりくりしなければなりません。

米国は特措法の延長を強く望んでいますが、野党民主党は国連決議に基づかない軍事行動は我国の憲法が許容しないと言って延長には反対の姿勢です。小池防衛相は露骨に米国に強力するのは当然と小沢代表を非難していますが、私は民主党の意見に賛成です。

そもそも、戦(いくさ)ごとでは事を起こす時には、どこで矛を収めるのか最初に決めてかかるのが基本です。何の決め事も無しにズルズルと深みにはまるのは愚の骨頂です。アフガンやチェチェンに進行したソ連(ロシア)やイラクの泥沼にもがく米国がいい見本です。達成すべき目標を掲げ、目標達成か期限切れによって撤退をしない限り、他国の領域での勝利は限りなく困難となります。今回の事態は自衛隊の海外派遣の是非を問い直す良い機会だと思います。何故我国だけが他国艦艇に無償で給油をし続けなければならないのか、このことが我国の国益に適っているのか、政府与党は何の説明もしませんが、少なくとも自衛隊員を危険にさらし、多額の税金を投入する以上は国民に対して何らかの説明があって然るべきと思います。米国に盲従し、対米関係の悪化をはやし立てて自衛隊の派遣を漫然と続けることが我国の国益だとは思えません。

何事も何人も引き際が実に大切だと思います。

|

« 味噌に賞味期限? | トップページ | 防衛力は誰の為? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/16068697

この記事へのトラックバック一覧です: 引き際が大切:

» 税金対策の基礎 [税金対策の基礎]
税金対策は、その金額の大きさからとても重要なモノとなります。所得税・贈与税・住民税・源泉所得税・印紙税など、様々な税金に対応する税金対策を考えていきましょう。 [続きを読む]

受信: 2007年8月10日 (金) 22時28分

» リクルートスタッフィングの評判 [リクルートスタッフィングの評判]
リクルートスタッフィングの評判をまとめました。リクルートスタッフィングは人材派遣会社です。株式会社リクルートが母体のリクルートスタッフィングについて情報満載です。リクルートスタッフィングの派遣がまるわかります~リクルートスタッフィング~ [続きを読む]

受信: 2007年8月10日 (金) 23時42分

« 味噌に賞味期限? | トップページ | 防衛力は誰の為? »