« 官僚と大臣 | トップページ | 勘違いの初恋の味 »

消費期限

三洋電機の30年以上前に作られた扇風機で発火事故が起きていることが明らかになりました。エアコンが普及した現在でも扇風機の愛用者は多いようです。省エネの観点からもより消費電力の少ない扇風機の使用は好ましく、しかも長年使うことも省資源にも貢献します。

しかし電化製品は使用している部品やコード類が経年変化によって絶縁が劣化してしまいます。上手に使えばそれなりに寿命は延ばせるのでしょうが、過度の使用は危険です。三洋電機では社長が謝罪していましたが、30年以上メンテナンスされない商品に対して責任があるのだろうかと正直思ってしまいました。食品の賞味期限にならって、安全に使用できる消費期限の表示などの工夫も必要なのではないでしょうか。

|

« 官僚と大臣 | トップページ | 勘違いの初恋の味 »

コメント

物持ちが良いことは結構なことですが、交換部品のストック期限があるんだから、それを過ぎればユーザーにもある程度の責任があるのでは?自分で日常点検することも必要でしょう。
厳しすぎる賞味(消費)期限の設定が、企業の「もったいない」病を引き起こしている気もします。もっとおおらかな設定にしてもいいのかも。

投稿: 山奥 | 2007年8月25日 (土) 12時20分

山奥さん、コメントありがとうございます。私よりも上の世代は戦中戦後の物資の乏しい時代を経験している為、物を大切にする傾向が殊更強いようです。また、経済的にも年金生活でゆとりが乏しい為、古い扇風機を使い続ける構図が透けて見えます。何とも悲しい世間の縮図ですが、昨今では数千円で高機能の扇風機が手に入ります。周囲にいる人たちが上手にアドバイスしてあげることも必要ですね。

投稿: 雨辰 | 2007年8月25日 (土) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/16219599

この記事へのトラックバック一覧です: 消費期限:

» 三洋電機の扇風機で火災、思うのですが [ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす]
三洋電機が1970年に製造した製造した扇風機から出火して火災が起きてて東京都の老夫婦が死亡した。 三洋電機は長期間使用した扇風機は部品の劣化等によって発煙、発火の恐れがあるので、30以上前に製造した扇風機の使用中止や廃棄を呼び掛けているとのことである。 30年以..... [続きを読む]

受信: 2007年8月24日 (金) 17時32分

» 住宅の換気について [マイホーム購入の前に]
家というのは呼吸をしています。ここでいう呼吸というのは人間のように生きていくために必要な酸素吸収のための呼吸ではなく、部屋の空気の出し入れを意味します。 木造住宅の場合(真壁)木材が空気の浄化作用も幾分かあるのですが、ビニールクロスで覆ったような住宅の場合どうしても部屋の空気がよどんでしまいます。住宅も人間と同様新鮮なキレイな空気を循環させたいものです。 そこで、部屋な中をキレイな空気で循環させる...... [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 23時04分

« 官僚と大臣 | トップページ | 勘違いの初恋の味 »