« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

厚生労働省って必要ですか?

血液製剤フィブリノゲンに起因するC型肝炎感染に関して厚労省が、投与、感染の有無については当該の薬剤メーカーが感染者にその事実について告知していると思っていたので、自分達に一切の責任はありませんよと言うことをのうのうと世間に公言しましたが、ふざけるのもいい加減にしろよと返します。

国民の健康を担うのが職務の役所において、国民の側を向かず、ひたすら薬剤メーカの利益を代弁し、薬害の存在を知り得ながらその事実を薬剤メーカーの利益のみを優先してひたすら世間から隠蔽し、早期治療が求められる患者に感染の事実をひた隠し、一切を闇に隠して既に数十人の犠牲者を出しながら一切の謝罪さえもしない厚労省に最早その存在意義を認めることは出来ません。過去の同様の誤りから何の教訓も学ぼうとせずひたすら自己保身を図り、情報を公開しないばかりか漏洩した場合の対処法を謀議するなど百害あって一利無しのクソッたれ組織と断じざるを得ません。明日にもその看板を取り外して国民に土下座して謝罪すべきだと思います。

フィブリノゲンを止血用薬剤として認可したのは果たして誰なのでしょう?フィノブリゲンがC型肝炎を感染させる原因であると最初に知り得たのは誰なのでしょうか?人間ですから誰にでも間違いはあるでしょう。しかしそれがこと人命に関することであれば1秒でも早く公表するのが人間として当然の処置ではないでしょうか。人命に関することではガス器具事故でパロマは情報を知り得ながら事態を放置したとして会社トップが書類送検されました。事故の直接的な原因がサービス会社の不正改造が原因であっても製造メーカーとしての責任を問われたのです。

最初から全てを知りながら、他人事のように貴重な情報さえも国民に伝えることも無視して秘匿してしまうことが国民の健康を主管する役所として当然のあるべき姿なのでしょうか。この国に厚労省と言う組織が無かったらHIV感染ももっと早く食い止められたのではないかと思いますし、C型肝炎の感染についてももっと早く国民に周知出来て被害の蔓延を食い止められたのにと思えて残念でなりません。タミフルもしかりです。

厚労省って果たしてこの世にあって良いのでしょうか?年金問題の無責任ぶりを追及されても何ら恥じる態度を示さない社会保険庁も厚労省の所管です。果たして厚労省と言う役所はこのまま存在が許されて良いものなのでしょうか?もしこの世に正義というものがあるのであれば断じて私はその存在を許すことは出来ません。高度の専門性もあるのでしょうが、今の世の中であれば職務の受け皿はいくらでもあると思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あり得な~いッ!

防衛省の守屋前次官が収賄容疑で逮捕されました。己の利己利益を優先して山田洋行から便宜供与を受けていたと言うのが逮捕理由です。昨今の報道によればこの結果、防衛予算から多額の税金が不当に山田洋行に支払われた模様です。防衛省の文官トップとして長期に亘って君臨した人物として真にあるまじき行為です。

本件とは直接関連が無いのかも知れませんが、防衛省が調達していた攻撃用ヘリAH-64Dが当初想定していた能力が不足していること、購入価格が予想以上に高額化したこと等により予定していた数量の約1/5に当る13機で調達打ち切りとなりました。聞く所によれば、対戦車攻撃が主要任務なのに、対戦車ミサイルを発射すると破片が機体を損傷させてしまうと言う兵器としての能力を疑わせる体たらくだったようです。この早期打ち切りの為最終年度の取得費用が主契約先の製造設備の償却費400億円を上乗せした、1機216億円であることが明らかになりました。

攻撃ヘリの主要ターゲットは戦車ですが、その価格はせいぜい8~10億円程度です。ターゲットを攻撃するのにその20倍の価格の兵器を投入するというのは費用対効果(コストパフォーマンス)の観点からして全くのナンセンスです。更に言えば、陸続きのヨーロッパ諸国ならいざ知らず、島国の我国では敵の上陸を許さない限り敵の戦車の存在は有り得ないのです。存在することさえ明確でないターゲットを攻撃する兵器が果たして必要なのか、安易な対米追随的思考の結果では無かったのかと思わずにはいられません。AH-64Dを導入する経緯が不明確なまま多額の税金の投入が決められてしまう現在の仕組みが守屋前次官の犯罪を簡単に許してしまった根源であるように思えてなりません。いずれにしても世間の常識ではあり得ない話しではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初雪の山

昨年、突然に雲の上の住人となってしまった友人を偲んで故郷の山、麻布山に登ることになりました。前日は彼がよく利用していた山間にある別荘で盛大な酒盛りです。大量の食材、酒に参加者全員大満足でしたが、一番のご馳走は備長炭を盛大に使った囲炉裏でした。見ているだけでうっとりしてしまいました。翌日は快晴の麻布山に登り、頂上に彼の好きだった銘柄の日本酒を注ぎました。

Pb250001 備長炭は大変硬く、中々火が着きませんが一旦火が着くと長く燃えてくれます。惜しげもなく大きな火を起こしました。翌朝は車のフロントガラスがバリバリに凍ってしまうほどの冷え込みでしたが、この火は朝まで暖かく燃えてくれました。

Pb250005 もうじき冬季通行止めになる林道を通って登山口に、紅葉は完全に終わって落ち葉を踏みしめての登山。晩秋なのか、初冬なのか微妙な季節です。頂上付近に来たら何故かこの周辺にだけ雪が残っていました。暖かい日差しの中で眺めるなんだか不思議な気分の雪景色でした。

Pb250006 かつては見晴らしが良かった麻布山(山名の由来は東京の麻布からだそうです)の山頂付近も木々が生長して木の間越しにしか眺望が得られません。上手い具合に南アルプス深南部の名峰不動岳を望むことが出来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

性悪説

ミートホープ、白い恋人、比内地鶏、赤福、船場吉兆と食品偽装が止まらないと思っていたら、マンションの耐震強度にかかわる鉄筋本数や鉄筋強度、防火用の耐火ボードや橋梁用の鉄骨材の偽装まで世の中偽装のオンパレードです。

古来より誤魔化す(胡麻と化すから転化)、サバを読む(鯖の本数を誤魔化すから転化)など人を騙す例えが存在することからも、人を騙して利益を上げることは人間としての業なのかも知れません。故人は衣食足りて礼節を知ると述べています。生きるか死ぬかの瀬戸際ではなりふり構わぬ所業も許されるのかも知れませんが餓死者が今も存在する北朝鮮ならいざ知らず、豊富に物資が溢れているこの日本でこのような恥ずべき行為が平然と行われていることに強い怒りを禁じ得ません。

かつて雪印や不二家が同じ轍を踏んだ教訓を知りながら、敢えて違法行為を継続した行為は脱法の常習化と指弾されても仕方ありません。世知辛い世の中にあって弱者が命の糧としている食品の世界で偽装がまかり通り、行政がそれを見抜けないのは先進国の実態としてあまりに情けない姿です。世の中は善意の人に支えられていると信じたい思いですが、人間みんな根は悪人だと言う性悪説を一思いに振り払うことが出来ないのが残念です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

古都秋色

Pb170004

朝の最低気温が日に日に下がってきました。今のところ暖房はまだ入れていませんが、やせ我慢も時間の問題のようです。ただ寒さが身に染みるようになれば、木々の色付きも一段と進んできます。今朝はこの秋一番の冷え込みとなりましたので、見所を求めて京都市内を歩いてみました。

Pb170008 季節ごとに足を運んでいる南禅寺ですが、何時も新鮮な美との出会いがあります。ただそれを上手くカメラに収められないのが悔しい限りです。

Pb170019 絶景かな、絶景かなと楼閣の上から石川五右衛門が見得を切ったと言われる南禅寺三門脇の紅葉です。正に絶景でした。

Pb170025 古都の空にそびえる八坂の塔です。塔そのものは高いのですが、周りに家屋が密集しているので中々その姿を捉えることが出来ません。

Pb170044 秋の紅葉シーズンの間、有名寺社ではライトアップをして夜間拝観を行っています。夜ならゆっくり紅葉見物が出来るかなと思って清水寺を訪ねましたが、どうしてどうして桜のシーズン以上の人出で身動きが取れないほどでした。人ごみを掻き分けて何とか撮った夜景です。

Pb170053 大変な人出で残念ながら舞台の写真は撮ることが出来ませんでしたが、月を配したこんなシーンが撮れました。

Pb170054 あまりに有名なあの舞台を支える足組みです。舞台までは写せませんでした。

Pb170057色々なアングルから 三重ノ塔を狙いましたが、このアングルが一番上手く撮れました。

Pb170065 夜の祇園界隈を歩いていたら、すっかり忘れていた随分前に泊まった宿の名前を見つけました。不思議なもので35年前の記憶が瞬時に蘇りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

電子カメラ考

今日カメラの世界ではデジカメが完全にフィルムカメラを凌駕しています。ちなみにデジタルカメラの略称であるデジカメは三洋電機の登録商標です。

そのデジカメについて週刊ポスト今週号にデジカメヒストリー展なる記事が載っています。その記事によれば第1号機を世界初の電子スチルカメラとして1981年発表の画素数28万画素のソニーのマビカを紹介しています。しかし厳密に言うとこのマビカはデジカメではないのです。マビカはビデオレコーダーの技術を基に2HDのフロッピーディスクに映像を記録した世界初の電子スチルカメラですが、信号処理は紛れも無くアナログでした。その後マビカの規格は公開されスチルビデオカメラ規格が制定され、1986年にキャノンから「RC-701」が量産商品として世界で初めて市販されました。そしてカシオが1987年に「VS-101」を、本家ソニーが「マビカMVC-C1」を市販したのは1988年のことでしたが結果としてアナログ電子カメラは消費者に受け入れられませんでした。アナログ電子カメラは速報性はありますが、パソコンが普及する以前でしたので[RC-701]では周辺機器を含めると500万円とあまりに高価だったことで、用途がほぼ業務用に限定されてしまったことや、家庭では撮影した画像はテレビに繋いで見るしかなかったこと、撮影画素数がフィルムカメラの能力に遠く及ばなかったことが主な理由でした。

その後富士フィルムが1988年に世界初のデジカメ「FUJI DS-1P」を発売し、1991年の今日11月14日にカシオからデジカメの主要な要素である液晶パネルを搭載してその場で撮影した映像を見る事が出来て、パソコンにも簡単に2接続することが出来る画期的な25万画素の「QV-10」が発表され、一気にデジカメ時代を切り開くパイオニアとなりました。その後のデジカメの躍進は皆さんのご存知の通りです。カシオは電卓でもそうでしたが斬新なアイデアで、日本のエレクトロニクスの発達史の中で時代を先取りする役割を果たして来たと思います。

写真は週末に宿泊した浜名湖湖畔の宿から撮影した浜名湖東岸の夜景です。手持ち撮影なので、ガラスにレンズを押し当てての撮影ですが、こんな写真が簡単に撮れてしまうのもデジカメならではのことで本当に素晴らしい技術だと思わずにはいられません。

Pb100001

| | コメント (3) | トラックバック (0)

JAPANの危機

航空自衛隊はF-15J,F-2,F-4Eの3機種で防空任務についていますが、先週名古屋空港で定期点検中のF-2が試験飛行の離陸に失敗、炎上して同型機種の飛行を禁止したのに続き、米国本土でのF-15の墜落を受けてF-15Jの飛行が停止されていることが明らかになりました。残りの、そろそろ退役が始まる(世界的にみて大半は退役済みです)F-4Eのみで防空任務に就かざるを得ない状況に追い込まれてしまいました。

F-4は今から30年以上も前のベトナム戦争当時の戦闘機です。その後改良が加えられているとしても現在の最新鋭機からみれば陳腐化は否めません。その機体に一国の防空任務を託さなければならないと言うのは危機以外の何物でもありません。またF-2の原型であるF-16も米国での事故率が高くなって来ているようです。財務省は軍事知識も乏しいまま、経費削減を謳って機種数、機数の削減を進めようとしていますが、これは大変危険な考えです。二つの機種が同時に飛行停止になるのは早々あることではありませんが、今後もあり得ない話ではありません。できるだけリスクを分散する意味で、搭載するエンジンメーカーを2社にしたり、運用する機体を複数にする今の体制を維持すべきです。いくら財務状況を改善しても守るべき国が崩壊、占領されていたのでは話になりません。

目的遂行の為にはある程度の予算が必要であるのは言を待ちません。何が必要で、その為にはいくら必要なのか、どうしても必要な物に対しては金額の多寡は関係ありません。国敗れて安価な飛行機が残ってもどうしようもない話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉狩りの山歩き

Pb040031_2

今年の紅葉前線は標高900mまで下りてきたとの情報を受けて、早速南アルプス前衛の奈良代山(ナラシロヤマ1624m)に行ってきました。かつては2時間あまりをかけて登る山でしたが、林道が作られて1時間足らずで頂上に立つことが出来るようになりました。ただこの林道が曲者でグイグイとかなりの急勾配で登っているので、所によっては歩くほどのスピードでしか走ることが出来ません。下りもLレンジに入れっぱなしでした。

Pb040036 カラマツが光を受けて輝いて見えました。ここにゲートがあって一般車は通行止めです。

Pb040011 まるで芝生のような苔の絨毯。ここが林道から奈良代山頂上への分岐点です。

Pb040007 奈良代山の頂上です。今日は誰にも会わず貸切状態で、山を思う存分楽しむことが出来ました。PSPソフトの地図にはこの山を含めて周辺の山が収録されていますが、頂上の表記だけで登山道は載っていません。それでも林道乗り入れ最終点から頂上までをポイント登録するとビームポインターの表示があるので、頂上まで確実に辿ることが出来ました。

Pb040018 今日は雲が多く、時折雲りの天気でしたが陽光を浴びてこその紅葉です。雲が去るまでシャッターチャンスはお預けでした。

Pb040029 今年は色の出方が今一との情報でしたが、中々どうして。鮮やかな赤を見る事が出来ました。

Pb040030 赤もさることながら黄色も中々見事です。

今日は事情があって歩行時間は少々物足りない山歩きでしたが、旬の紅葉をしっかり楽しむことが出来ました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

鹿がいた!

今朝早く、車で走って自宅に戻りました。放射冷却でよく冷えたので、最低気温は6℃とこの秋一番の冷え込みを体験しました。早朝で車の少ない山間の川沿いの道を走っていたら川霧が発生していて視界がよくありません。とあるコーナーを回り込むとなんと道路わきに鹿が1頭立っています。あわててブレーキを踏むと鹿はのっそりと私の車の前を横切って行きました。

それは小さな角を持った若いオスの鹿でした。これまで登山の最中や林道などで鹿を見かけることありましたが、ガードレールのあるアスファルトの上で鹿に会ったのは初めてです。先日は札幌の市街地にエゾシカが現れて一騒動ありましたが、正直驚きました。最近各地で鹿の増え過ぎが問題になっていますが、縄張り争いの結果人里に下りざるを得なかったのでしょうか。本当の所はシカと判りません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

情けない!

防衛省の寺岡元課長が衆議院の参考人招致に対して応じないことを表明しました。寺岡氏は海自の給油活動における給油量の誤発表問題の張本人です。現在の政治状況からみれば、本人が拒否しても給油新法の成立を図る自民党が民主党の要求に応じて証人喚問に応じざるを得ないのは火を見るより明らかですし、自らの不正を認めてしまったのも同然です。

寺岡氏はある意図の元に給油量を意図的に過小報告した筈です。ならば、何故己の信念を吐露しないのでしょうか?ただ単なる責任逃れで参考人招致を拒否したのであれば、時の政府を欺く給油量のごまかしを演じた責任を、給油の経費を賄う血税を納付している国民に対してそれ相応の責任を取ってしかるべきです。

現在防衛省にまつわる醜聞がマスコミ報道を賑わせていますが、国を守るべき当事者としてその志の低さに対し、恥を知れと叫びたい思いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなことも

Pb010001 またまたPSPネタですみません。地図ソフトの操作にも慣れてやっと本来の使い方ができるようになりました。

で、次のステップ。PSPはメディアカードを利用してパソコンの情報を搭載することが出来ます。購入目的の一つが持ち歩くことが出来るアルバム作りだったので、早速トライ。付属のUSBケーブルを接続してマイピクチャーを開き、フォルダー毎簡単にコピー出来ました。1枚毎、またはスライドショーで写真を見る事が出来ます。

携帯では物足りない画面サイズもPSPは4.3インチで、ぎりぎり写真を楽しむことが出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »