« F-Xを導入しました | トップページ | 自民党の言語道断の無責任 »

議員の資質

薬害肝炎訴訟について国の対応は呆れるばかりで、オソマツの一語に尽きます。国家と言うものは国民あってこそ存在するものです。ところがその国民の痛みに耳を傾けないというのであれば、国家としての資格を問われるのではないでしょうか。福田首相にはこれまである程度の期待をしていましたが、失望を禁じ得ません。昨日は一歩踏み込んだ発言もあったのですが、結局訴訟原告団との面会にも応じませんでしたし、そのことを記者団から問われて、詳細を把握していないなどとのうのうと言うのには唖然としてしまいました。

また厚労政務官の松浪健太議員には厚労省の役人を守ろうとする意欲は大いに感じられますが、国民の生命を守ろうとする国会議員としての責任感も人間としての温かみも全く感じることが出来ません。あなたは国会議員として何をしたいのでしょうか。薬事行政を預かる当事者として国民に対して反省と改善策、患者救済の具体策を説明する責任があると思いますが、国民に向けた声が一向に聞こえてこないのはどういうことなのでしょうか。

国家財政窮乏の折、責任を果たせない国会議員など存在する余地など無いはずです。仕事をしないのであれば今すぐ辞職をすべきと考えますが、如何お考えなのでしょうか。納得できる所信を聞かせてもらいたいものです。

|

« F-Xを導入しました | トップページ | 自民党の言語道断の無責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/17337341

この記事へのトラックバック一覧です: 議員の資質:

« F-Xを導入しました | トップページ | 自民党の言語道断の無責任 »