« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

もっと議論を

いわゆるガソリン税の取り扱いが騒がしくなってきました。道路建設用資金として34年前に暫定税率として本来の税率に25円を上乗せして以来、既得税収として見直しされることなく今日に至っています。最近になって財政改革の原資にしようと一般財源化の声もありましたが、これもなにより道路が必要との道路族に一蹴されています。

報道によれば国から地方に交付金や補助金の形で分配される為、予算が消化仕切れなかったり、どう考えて必要性が感じられない道路がたくさん作られているようです。住民からすれば、無いよりあった方が良いのは当たりまえですし、地方の地元企業救済の為の公共事業の側面が強いようですが、作れば維持管理に新たな費用が必要になります。しかし、その地域で第一に優先されるべき事業は何かということは本来住民が決めるべきです。それが単に掴み金で予算が決まっているからと道路予算を優先するのはおかしな話です。

国交省の宿舎建設も道路建設のためというとんでもないヘリクツを放言してはばからない役人や道路族のために存続させるのではなく、一度本来税率に戻してその上でどうしても必要な税金は新たな形で徴収するのが筋と考えます。民間では社会構造の変化によって需要が激減してしまうことは日常茶飯事です。ブラウン管が液晶に変わってしまったり、高画質DVDの需要ががHDからBDにシフトするのも企業はそのまま受け入れるしかありません。自治体だけが当然として道路建設を続けることに国民の理解が得られるとは思いませんし、暫定として採用された高税率がそのまま34年も放置され、この先10年も継続するなど許されるはずもありません。

かつて公明党は国民の側に立つ政党を標榜していましたが、年金で100年安心と公言しながら、年金名寄せトラブルが表面化しても何故か表立った説明をすることも無く、年金庁を追求することもありませんでした。国交相である冬柴氏はガソリン税流用による国交省職員の為の宿舎建設は法律違反ではないとひたすら官僚の擁護に回るばかりで国民の窮状には目をそむけているとしか思えない対応です。ガソリン、灯油の高騰により庶民の生活は圧迫の一途です。道路族の既得権益を守る為にまず強行採決ありきではなく、国家、国民の視点でもっと議論を深めるのが国会の役目では無いかと考えますが、いかがなものでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サンデーペインター奮闘中

我家は築18年。2x4のような木質パネルに耐火用サイディングボードを打ちつけ、塗装で仕上げています。塗装である以上、年月を経れば再塗装が必要になります。屋根のカラーベストも色落ちが目立ってきました。そこで複数の業者に見積もりをしてもらいましたが、なんと小型乗用車が買えてしまう金額でした。業界としては妥当な金額なのでしょうが費用の工面が出来ません。仕方がないので足場だけをお願いしてあとは自分でやることにしました。素人がやることですから、出来栄えは二の次です。

P1040001 手始めに玄関の庇と窓の手すりと出窓の屋根を塗ってみましたが、けっこう手間がかかりました。

P1040002 カラーベストは色が褪せ、苔が生えてしまっていたので金属たわしで落としました。思ったよりも高度感があるので、安全の為ザイルで確保しながらの作業です。

P1040004 屋根の上は不安定なのでこちらもザイルで固定しました。ローラー式の刷毛での作業ですが、長くかがんでいると結構腰に来ます。

P1190007 冬場は風が強く、作業を見送ったりと思ったよりも日数がかかりましたが、何とか屋根を塗り終えました。出来栄えは、・・・・・?

次は外壁です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅は咲いたか

P1190008 今日は全国的に南岸をゆっくり低気圧が東進するため全国的に最高気温が低めで、各地で降雪が予想されています。ところが窓の外を見てビックリ。寒さに負けずに梅が開花していました。寒さもこれからが本番、お前たち元気出せよと梅の木が気合いを入れてくれた気がします。

植物の生命力の強さに脱帽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストラリアの常識は?

捕鯨に関してオーストラリアでは自然破壊行為として捉え、我国の調査捕鯨に対して船舶への危険行為も辞さない過激行動を容認する世論が大勢のようです。しかし、そんなことを言える立場かどうか逆に問いたいと思います。

オーストラリアは白人の移民が上陸するまでは少数の先住民のアポリジニと有袋類を中心とした野生動物が暮らす自然豊かな土地でした。ところが英国系の住民が大挙移住して羊や牛の飼育を始め、自然を破壊して放牧地を開拓して国土を開発して行きました。その中で「先住民」であるカンガルーは道路に飛び出して車に損傷を与えたり、家畜の為の牧草を食べる害獣としていとも簡単に「駆除」され、その肉はペット用として海外に輸出されているのです。

捕鯨反対を主張するのは一つの思想として理解できますが、環境保護を唱えながら自国の野生動物を殺し続けるのは如何な物でしょうか?我国はオーストラリアが建国される以前からクジラを貴重な食料や資材として余すところ無く活用してきました。欧米各国が、照明用に油を取るためだけに大量に殺戮し、浪費してきたのとは訳が違うのです。

また米軍は敵国潜水艦の探知のために長低周波のアクティブソナーを使用する為、大音量の音波を発射してクジラやイルカの聴力機能に重大な影響を与え、海岸漂着などの異常行動を誘発していると言われていますが、グリンピースやシーシェパードが米軍に対して抗議の実力行使をしたとは寡聞にして耳にしたことはありません。同じ白人に対してだけ寛容に接するのはダブルスタンダードのそしりを免れません。

ダブルスタンダードは欧米では当たり前のことかも知れませんが、なにやら裏事情も気になってしまいます。真偽のほどは定かではありませんが、グリンピースの有力スポンサーが米国の食肉関係者だと言う話も聞いた事があります。オーストラリアもまた牛肉の主要産地です。シーシェパードの有力スポンサーがどこなのか大いに気になりますが、単純に自然保護を標榜するのであれば、カンガルーを駆除し続けるオーストラリアからの資金は一切受け入れられない筈です。一方で捕鯨を批難しながら、オーストラリアからの資金を受け入れているのであれば、とんだお笑い種です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

救急車の困惑

大阪府で救急患者が20以上の医療機関で受け入れを断られる事態が昨年一年で104件に上ることが明らかになりました。命を左右する一刻を争う中でこのような状況が常態化し放置されていたことにまず驚かされます。

昨年妊娠末期を迎えた妊婦が搬送を依頼して受け入れを断られたケースが明らかになりましたが、このようなことが医療全般に亘っているようです。救急指定病院が救急患者を受け入れないようでは看板を外さなければなりません。行政は救急病院が急患を受け入れられない事情を解消しなければいけませんが、このようなことは手がつけられていないようです。大阪府知事選が公示されましたが、各候補はこのような事態をどのように受け止めているのか気になります。

また救急車の側もいざ出動が発令されてから収容先を探していますが、これもおかしな事だと思います。昨今では通報者の住所を瞬時に表示する機能などIT化を進めている筈ですから、どこの医療機関がどのような病状の患者を受け入れ可能か、リアルタイムで状況を把握しておくことなどいとも簡単に出来るはずです。現場への到着時間の短縮だけを競っていて、収容先の状況把握を怠って収容以後の処理を現場に押し付けているのは当事者としてどのように考えているのでしょうか?

ある府知事候補は大阪が大好きだとコメントしていましたが、救急車に一縷の望みを託す救急患者を見殺しにして、なんら事態の改善を図らない行政に対して住民は何を期待出来るのか複雑な思いになるばかりです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

夢の話

小学館のアウトドア雑誌BE-PALが電子版として air BE-PAL なる記事を発信しています。その13日号にもう一つの喫茶店「夢」の記事が載っていました。群馬県みなかみ町にある ドイツコーヒー「夢」という喫茶店、テーブル数わずか3つです。高齢のオーナーが客との交流を楽しんでいる、まさに夢のようなお店のようです。

記事をご覧になりたい方は下記にアクセスして下さい。

air@airbepal.com

当ブログは管理人のぼやきや社会に対する怒りばかりだったような気がします。もっと明るい話題を取り上げるようにしなければと反省、反省です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

馬鹿げた話

去年の暮れに自衛隊横須賀基地に停泊中の自衛艦「しらね」基準排水量5200t が電気系統が原因と見られる出火によって8時間にわたって延焼し、CIC(戦闘指揮所)と呼ばれるレーダーや各種ミサイルの発射管制、及びデーターリンクを含む通信システム全体の機能を喪失する火災事故がありました。被害額はおよそ200億から300億になると報道されており、就役から28年たっていることから修理断念の声が上がっています。

被害がここまで大きくなったのは自衛隊の運用に問題があったと言わざるを得ません。通常電子機器や注水によって爆発の恐れのある設備の消火には不燃性のガスや粉末の消火剤が使われます。当初消防に通報せずに独自で消火にあたりましたが初期消火に失敗し、火災規模が大きくなってから通報しています。結局注水以外の消火方法が無くなり、海水を注水して鎮火させましたが、周辺設備が冠水して被害が拡大したものです。

軍艦の炎上と言えば1982年のフォークランド紛争でアルゼンチンの航空機から発射された対艦ミサイル「エグゾセ」が命中した英国のフリゲート「シェフィールド」があります。このミサイルは不発だったのですが、それでも発電機が破壊、更に火災が発生して自己航行機能を失い曳航途中に沈没しています。この時の火災も通信ケーブルの延焼によるものと言われています。この時点で既に「しらね」は就役している訳ですが、後日当然この戦訓は生かされるべきでした。

「しらね」も軍艦ですから戦闘により被弾、炎上する可能性は考慮されていなければなりません。ましてや高度な電子機器が満載されている訳ですから万一火災が発生した場合の検知機能や初期消火システムは万全でなければなりません。それが外洋航海中でなく停泊中でこの有様ですから防火及び消火体制に不備があったか全く考慮されていなかった可能性があります。、もし有事の最中だったらどうするのでしょうか。また中枢機能を一箇所に集中してしまうやり方は効率的な反面、トラブルによって全ての機能がダウンしてしまう欠点がありますが、「しらね」ではリスク分散やバックアップの考えは考慮されていなかったようです。

何にしても500億円以上(30年前の建造費プラスその後の改造費)の費用を投じてきた軍艦を失火によって退役させてしまうなど軍人として恥の極みです。また、廃艦にするには装備品の撤去などに更なる費用が発生します。簡単に除籍とせずに残った機能を生かす方向を考えて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良識で判例を勝ち取ろう

昨日、福岡の飲酒ひき逃げ事件の判決が下されました。結果は予想通りの業務上過失致死にひき逃げを加算しただけのたった7年6ヶ月という多くの国民の判断とは遠くかけ離れた判決でした。

福岡地裁の川口宰護裁判長は法律に沿った判断を下したと評価する意見があるようですが、全く同意できません。彼の判断は一見まともなように見えますが庶民感覚からはとんでもない判決と言わざるを得ません。

危険運転致死傷罪を見送った根拠としてまず第一に運転後8分間事故を起こさなかったことを挙げていますが、逆に言えばわずか8分間で事故をおこしているのです。8時間ではないのです。これはたった8分間と判断するのが世間の常識です。

第二に現場までの途上に道路幅の狭い地点があり、そこで接触事故を起こさなかったことで、酒酔い運転とは認められないとのことですが、狭い道路では誰しもスピードを落とし、慎重になるものです。その地点を通過できたからといって運転に支障がなかったと判断するのは噴飯物で、おめでたいにもほどがあります。

第三に事故直前に被告は100Kmの速度で走行しながら13秒間の間脇見運転したと主張してそれをそのまま鵜呑みにして、異常な行為とは言えないと解釈していますがこの人物は車の運転についての理解が出来るとは思えません。時速100Kmの車は1秒間に約28m移動します。13秒間では361mの距離を走行してしまいます。仮に200m先に60Kmで走行している車があれば後方から激突してしまうことになるのです。これが危険運転でなくて何なのでしょうか?

また、脇見とは被告の一方的な主張であってそれを裏付ける物証は何もありません。飲酒の影響による居眠りの可能性も視野に入れるのが当然ではないでしょうか。

第四に事故当時のアルコール検知の数値を採用して酒気帯びレベルと判断していますが、検知が被告のひき逃げによる逃亡の事故後48分後であったこと、呼気アルコールの濃度を下げる為、大量の水を摂取した後であることに対して何の考慮もしていません。機械的に検知時の数値を受け入れていますが、検知までの事情を考えれば事故当時の濃度がもっと高かったことは容易に推測できるはずです。更に飲酒の事実を誤魔化す為に、救護すべき責任を放棄して現場から逃走し、水を飲んでいたことをもって泥酔していなかったと認定していますが、これは人殺しの片棒を担ぐ言い草です。まともな裁判官が口にすべき言葉ではありません。

第五に泥酔をもって危険運転致死傷罪の構成要件としているようですが、これも大きな誤りではないでしょうか。道路交通法が飲酒運転を禁止しているのは何故なのでしょうか?飲酒によって運転に何らかの影響を及ぼすことが否定できないからではないでしょうか。もし、川口裁判長が言うように酒気帯びなら危険運転ではないと言うのなら、警察の飲酒取り締まりは過剰行為であり、20万円の罰金は国家による収奪になってしまいます。今回の判決に対して警察庁は沈黙していますが、「こんな判決は冗談じゃない」くらいのコメントを発しないと現場の警察官はとてもじゃありませんが、やってられないのではないでしょうか。

我国は三審制を取り入れています。当然、検察は控訴する構えのようですが、我々もただ司法が決めることだからと諦めずに、もっともっと異議の声を上げるべきだと思います。今回の判決は世間の常識からすれば「司法馬鹿」としか言いようがありませんが、これを世間の常識に変えていく為には多くの声が必要です。司法と言えども無謬ではありません、おかしいものはおかしいと声を上げることが何より必要ではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

箱根駅伝を見て

正月のテレビはお笑い系のタレントのオンパレードですが、一方でサッカーやラグビーの大会も中継されてついつい見入ってしまいます。その中で2日、3日は何といっても箱根駅伝です。東京大手町から箱根の芦ノ湖までの約110Kmを5区間に分け20チームが順位を競うわけですが、その中継技術の進歩には感心します。

以前はよく映像が乱れたり、伝送障害で静止画状態になったりしたものですが、今年の中継では私が見ていた限り(最初から最後までずっと見ていたわけではありませんので)画像が乱れたことはありませんでした。関係者の隠れた努力には感心する他ありません。

もうひとつ気になったこと、それは途中棄権が3校も出てしまったことです。以前から熱中症によると思われるトラブルがあり、その反省としてマラソンのような給水が行われるようになったのですが今回も脱落者を防ぐことは出来ませんでした。また2日の順天堂のアクシデントから、チームの監督が直接選手に給水出来る回数を1回から2回に増やしたようですが、3日も脱落者が出てしまいました。給水のボトルの中身がただの水のように見えたのも気になるところです。スポーツの指導者ですから当然抜かりはないと思いますが、発汗によって塩分が失われている時に大量の水分を摂取すると更に体内のバランスを崩してしまいます。塩分不足で起きる熱けいれんと思われる症状のように見えた選手もいました。ロードレースに関する安全指針の確立が急務のように思います。

私も山歩きの際にバテテしまうことがあります。最近ではスポーツドリンクでミネラル分を補給するようにはしているのですが、糖分切れによるエネルギー不足の問題もあり体調管理の難しさを痛感しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。旧年中は当ブログをご愛読頂き、ありがとうございました。本年も引き続き宜しくお願い致します。

Photo                                        

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »