« 救急車の困惑 | トップページ | 梅は咲いたか »

2008年1月17日 (木)

オーストラリアの常識は?

捕鯨に関してオーストラリアでは自然破壊行為として捉え、我国の調査捕鯨に対して船舶への危険行為も辞さない過激行動を容認する世論が大勢のようです。しかし、そんなことを言える立場かどうか逆に問いたいと思います。

オーストラリアは白人の移民が上陸するまでは少数の先住民のアポリジニと有袋類を中心とした野生動物が暮らす自然豊かな土地でした。ところが英国系の住民が大挙移住して羊や牛の飼育を始め、自然を破壊して放牧地を開拓して国土を開発して行きました。その中で「先住民」であるカンガルーは道路に飛び出して車に損傷を与えたり、家畜の為の牧草を食べる害獣としていとも簡単に「駆除」され、その肉はペット用として海外に輸出されているのです。

捕鯨反対を主張するのは一つの思想として理解できますが、環境保護を唱えながら自国の野生動物を殺し続けるのは如何な物でしょうか?我国はオーストラリアが建国される以前からクジラを貴重な食料や資材として余すところ無く活用してきました。欧米各国が、照明用に油を取るためだけに大量に殺戮し、浪費してきたのとは訳が違うのです。

また米軍は敵国潜水艦の探知のために長低周波のアクティブソナーを使用する為、大音量の音波を発射してクジラやイルカの聴力機能に重大な影響を与え、海岸漂着などの異常行動を誘発していると言われていますが、グリンピースやシーシェパードが米軍に対して抗議の実力行使をしたとは寡聞にして耳にしたことはありません。同じ白人に対してだけ寛容に接するのはダブルスタンダードのそしりを免れません。

ダブルスタンダードは欧米では当たり前のことかも知れませんが、なにやら裏事情も気になってしまいます。真偽のほどは定かではありませんが、グリンピースの有力スポンサーが米国の食肉関係者だと言う話も聞いた事があります。オーストラリアもまた牛肉の主要産地です。シーシェパードの有力スポンサーがどこなのか大いに気になりますが、単純に自然保護を標榜するのであれば、カンガルーを駆除し続けるオーストラリアからの資金は一切受け入れられない筈です。一方で捕鯨を批難しながら、オーストラリアからの資金を受け入れているのであれば、とんだお笑い種です。

|

« 救急車の困惑 | トップページ | 梅は咲いたか »

コメント

海外を拠点とする動物愛護団体や環境保護団体は、どうしてこう短絡的で狭い了見でしか物事を判断できないのでしょうかね。人種差別、政治、経済的圧力が目を曇らせているのでしょうか?それとも、団体を参画する世界の裕福層の了見がその程度なのでしょうか?日本人だけでなく、イヌイットやインディアン、アボリジニなどの古来在住の少数民族に対し、後から移住してきた白人種等が大きな顔をして自分たちの理屈を押しつける。
しかし、ダブルスタンダードという点では、日本も全く無いとは言えませんね。BSE問題では、輸入規制は日本独自で世界のゴールドスタンダードではありませんし、国内経済の保護を優先する姿勢は、世界経済としては一方的なわがままに映っているようです。

投稿: 山奥 | 2008年1月17日 (木) 07時03分

山奥さん、コメントありがとうございます。クジラもさまざまな種が生息しています。そして大量に魚類を捕食しているのも事実です。単にかわいそうと言うのであればあらゆる生物を殺して食料にしている人類は存続出来ません。種の存続を図りながら、有効に資源として利用し、自然のバランスを保つという調和を図りながら我国の捕鯨は続けられてきました。

欧米を中心に、我国でもトローリングによるフィッシングはスポーツとまで言われていますが、トローリングが容認されて捕鯨が受け入れられない理屈が理解できません。最近では増えすぎたクジラによって多くの魚介資源が失われているとの指摘もあります。情緒によって食すべきでないと言うのであれば、OGビーフもマトンもオーストラリアの食卓に乗せるべきではありません。

異文化に対しては理解し難い面があるのは理解出来ますが、自分の論理のみを強要するのは文明人のすることではありませんね。

投稿: 雨辰 | 2008年1月17日 (木) 20時58分

はじめまして。
捕鯨関連から寄らせてもらいました。

>オーストラリアでは自然破壊行為として捉え、我国の調査捕鯨に対して船舶への危険行為も辞さない

 捕鯨関連のイデオロギーは他人の自由なのですが、これだけは困りますね。

 数年前まで海洋調査の現場にいました。
海は怖くて危険な場所です。
そこで働けるのは皆が「海の掟」を守ると信じるからこそです。
 「自分の船が危険になれば、必ず周りの船が助けに来てくれる」
 「他の船が危険になれば、必ず助けに行く」

航行中の船に危害を加えるような行為は「海の掟」に反しています。
彼らは自分たちの船を「ネプチューン海軍」と呼んでいますが、
「海の掟」を破るものに「海神の守護」はありません。

投稿: うらしま | 2008年1月18日 (金) 11時03分

うらしまさん、コメントありがとうございます。スクリューの機能を奪う行為は、一歩間違えば船舶の転覆を招きかねない許されざる行為です。すべての生命は尊いものですが、主義主張のために人命を危険にさらすのは、彼らが非難するところのテロそのものではないでしょうか。

投稿: 雨辰 | 2008年1月19日 (土) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアの常識は?:

« 救急車の困惑 | トップページ | 梅は咲いたか »