« 珍事 | トップページ | 人治国家 »

2008年2月25日 (月)

新雪の山

去年の暮れから週末の休みを利用してマイホームのリペイントをしています。取り掛かる前は安易に考えていましたが、いざ取り掛かると段取りに結構時間が掛かります。そんなこんなで山歩きも3ヶ月のブランクが出来てしまいましたが、友人からお誘いを受けたので思い切って鈴鹿の山に登ることになりました。前夜は伊勢湾岸道路の湾岸長島PAで車中泊でしたが、雪が激しく降ってきてアスファルトにもうっすら積もりだしました。

夜が明けると雪は止んだようですが駐車場は雪景色。登山口までのアプローチに問題がないか、VICSとテレビで情報収集、一般道も通行止めにはなっていないようで予定通り出発。ところが高速を降りると普通タイヤの車がノロノロ運転をしていて思うように走れません。予定よりも大幅に遅れて登山口に到着。駐車場は10cmほどの積雪でこれからの行程が思いやられます。

Pa0_0006 高度を上げるほどに雪は深くなり、上部では1m以上の積雪で、新雪は多い所で60cm程ストックがすっぽり埋もれてしまいます。先行者のトレースがあるのですがうっかり踏み抜くと膝まで埋もれてしまいます。

Pa0_0007 昼からは天候が回復との予報を信じて行動しましたが、上部は台風並みの強風で早々に下山する羽目に。気温はー7℃、とても1100mの山とは思えません。

Pa0_0009 樹林帯に戻ると風も和らいでほっとしますが、久しぶりの山歩きと深雪で足はヨレヨレ、山はトレーニング不足を見逃してくれませんでした。

|

« 珍事 | トップページ | 人治国家 »

コメント

お~大雪ですね!
スノーシューやわかんを使うほどではなかったのかな?低山でもこの度の天候はかなり堪えたことでしょう。
おうちの方は無事終了ですか?

投稿: 山奥 | 2008年2月25日 (月) 05時41分

山奥さん、コメントありがとうございます。今回の寒波は強烈で1100mの稜線では-7℃で耐風姿勢をとらないとバランスを崩すことがしばしばでした。

>スノーシューやわかんを使うほどではなかったのかな?

上部の新雪は60cmほどありましたので、トップを登ったパーティはワカンやスノーシューが必要だったと思います。今回上ったzeroさんのお膝元の藤原岳は人気の山なので当日も50人ほどの登山者があり、トレースを辿る分にはラッセルはありませんが、バリエーションルートを登るにはワカンやスノーシューがないと話にならないと思います。
今回は先行者がいるだろうと言う甘い考えで持参しませんでしたが、入山者が少ない山では当然必需品となりますね。

投稿: 雨辰 | 2008年2月25日 (月) 20時54分

おやおや、ようこそ鈴鹿の山へ。。。
てか、雨辰さんでも足がヨレヨレになることあるんですねぇ。鈴鹿の山は雪、積もるときは積もりますからねぇ。融けだすと早いんですけどね。ヘヴィーな日に行っちゃったんですね。
ご苦労様でした。遭難はもとより怪我もなく行ってこられたようですので良かったです。
鈴鹿の山って冬も人気があるようですよ。zeroは行ったことないですけどね。

投稿: zero | 2008年2月25日 (月) 22時42分

zeroさん、コメントありがとうございます。藤原岳へは30年ぶりですが、以前とすっかり変わっていてとても新鮮に登ることが出来ました。3ヶ月ぶりの登山だったので普通に登る分には良いのですが、雪を踏み抜いたりすることで脚に負担が掛かってしまったようです。大腿四頭筋がパンパンに張ってしまいお恥ずかしい限りです。トレーニング不足で山に向かって苦しい思いをするのは自業自得ですが、好ましいことではありません。

投稿: 雨辰 | 2008年2月26日 (火) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新雪の山:

« 珍事 | トップページ | 人治国家 »