« 平和の祭典? | トップページ | 桜花から新緑へ »

富士重工、一時代の終焉

富士重工とトヨタが提携を強化するとの発表がありましたが、併せて富士重工が軽自動車の生産から撤退する予定であると伝えられました。今日、我国は自動車大国の地位にありますがその礎を築いたのが富士重工と言っても過言ではありません。

自動車生産では発展が遅れた我国は終戦後に軽自動車によって自動車生産に参入するチャンスを得ることが出来ました。戦前からのメーカートヨタ、日産が先行して普通車を生産はしていましたが、価格は高く一般家庭が手軽に購入出来るものではありませんでした。富士重工も当初は普通自動車の開発を手がけましたが、量産には多額の資金が必要で、より少ない資金で生産出来る軽自動車に方向転換しました。こうして生まれたのが、1958年に発売されたリアエンジン、リアドライブのスバル360です。この自動車によって日本の自動車産業が本格的に始動したといっても過言ではありません。(これ以前に三輪のダイハツのミゼットがありましたが、こちらは簡便な運搬用で乗用目的ではありませんでした)

これによって一般庶民でもマイカーを所有出来る時代が到来したのです。居住性の確保から本当はFFを目指したかったのですが、時期早く当時は等速ボールジョイントが技術的に量産出来る段階ではありませんでした。FFはその後のスバル1000まで待たなければなりませんでした。以後二輪車から転用した高出力のOHCエンジンとFF方式を採用した本田技研のN360によって軽自動車販売台数NO.1の座を奪われるまで長らくスバル時代が続いたのです。ちなみに富士重工は当初からRR,FFのクルマ作りをして来た為、4WDを作るときにプロペラシャフトの入手に困り、日産から供給を受けることになりました。本田も4輪に参入した当初プロペラシャフトの入手に困りスポーツカーS600はFRですが、駆動は二輪同様にチェーンを使用しており、その後はFF方式を取り続けています。。今回トヨタとの提携でFRのスポーツ車を生産するのはこのあたりのところを振り返って見ると大変感慨深いものがあります。

我国の乗用車の黎明期を切り開いた富士重工の軽自動車が終焉を迎えるなど誰が想像出来たでしょうか。今正に一つの時代が終わろうとしています。

|

« 平和の祭典? | トップページ | 桜花から新緑へ »

コメント

今もスバル軽自動車に乗っています。
最初のマイカーがレオーネ後継機種の初代レガシー、次がインプレッサWRXと乗り継ぎ、セカンドカーとしてプレオ、今はステラです。子供時代に乗っていたのもスバルの軽(レックス)でした。セミオートマチック(クラッチレスのMT)だったのを覚えています。
今回のことはスバリストとしてはちょっとショックでしたが、その伏線はありました。オペルサフィーラのOME生産、isuzuとの提携、日産への4WD技術の提供等々。質実剛健だった昔の体制からは想像も出来ないほどの合理化。
日本の往年の自動車メーカーは、トヨタのトコロテン、金太郎飴生産の車に押しつぶされる運命なのでしょうか?

投稿: 山奥 | 2008年4月12日 (土) 21時44分

山奥さん、コメントありがとうございます。私見ですが、スバル360、ホンダN360、トヨタパブリカが日本のマイカー時代を切り開いたと思っている私にとっもスバルの軽自動車生産からの撤退はショックでした。軽自動車の雄であるスズキも徐々に普通車へ軸足を移しているように思われ、昨今は海外展開や技術開発で資金力が問われる中で規模の小さいメーカーの苦渋の決断だったと思います。
私自身はスバル車を保有したことはありませんが、悪路での走破性は高く、日本のFF、4WDの歴史の中での存在感は大きなものがあると思います。近々水平対向の低公害ディーゼル車を発売するとの話も聞いていますので、技術のスバルは健在なのではないでしょうか。

投稿: 雨辰 | 2008年4月13日 (日) 05時15分

スバルに続いてホンダもFR に参戦するようです。国内販売が厳しい中新機軸が求められているということなのでしょうか。

投稿: 雨辰 | 2008年4月19日 (土) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/40858581

この記事へのトラックバック一覧です: 富士重工、一時代の終焉:

« 平和の祭典? | トップページ | 桜花から新緑へ »