« ガソリン税の行方 | トップページ | 春の妖精 »

思いやり予算は国の恥

我国は駐留米軍に対して「思いやり予算」と称して多額の予算を支出しています。今回民主党は支出の内容が適切でないとして参議院では否決しましたが与党は衆議院で再可決する方針のようです。先日の国会審議では本来米軍の後方支援の目的であるべき支出が、娯楽に使われていることが指摘されましたが、高村外相は十分議論された上での支出で問題ないとの論旨の答弁をしましたが、とんでもない無責任な発言だと思います。

そもそも米軍が我国に駐留しているのは米国の利益に叶うからであって、日本の防衛とは全くの無関係だと言うことを自覚すべきです。有事の際は米軍が日本を守ってくれると信じている日本国民が多いと思いますが、これは日本側の勝手な思い込みです。米軍は世界戦略の一環として、対北朝鮮、対中国への橋頭堡として日本の基地が必要なのです。もし日本が攻撃された場合、日本が攻撃されたからではなく、米軍基地が危険にさらされるかどうかが米軍の出動の行動基準になる筈です。

そのようなスタンスの米軍に対して「思いやり予算」と言うのはもらうものは何でももらっておこうと言う米国に対して追い銭を渡すようなもので、全くお人好し以外の何者でもありません。むしろ米国の利益のために米軍を駐留させてやっているのであって、その代価を要求しても良い筋合いのものであると思います。もし米軍が我国に駐留することに対して負担を口にするのであれば、即撤退を要求すべきと考えます。我国には米軍を抜きにしても国を守るオプションはいくつも考えられます。

米軍に国を守ってもらっている等と考えるのは、あまりに浅はかな認識だと思います。「思いやり予算」は本来米軍が負担すべき支出であって、断固拒否すべきだと考えます。

|

« ガソリン税の行方 | トップページ | 春の妖精 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/40754007

この記事へのトラックバック一覧です: 思いやり予算は国の恥:

« ガソリン税の行方 | トップページ | 春の妖精 »