« 花の山 | トップページ | あれれッ? »

ミャンマーの悲劇

ミャンマーがサイクロンの襲来によって大きな被害を受けているようです。いるようですと言わなければならないのは民意を無視して現在も国内を支配し続けている軍事政権が被害の全容を公表しようとせず、救援の為の外国人の入国を頑なに拒んでいる為です。一説には軍事政権がサイクロンの情報を一切国民に伝達しなかったのが被疑を大きくした原因で、死者の数は10万人を超えるとも言われています。

従来から軍事政権側は選挙結果による民意を無視して強権によって統治を続けています。国際社会はこのような軍事政権に対して厳しい姿勢で望んでいますが、地下資源の確保に躍起となっている中国が、鉱物資源と引き換えに軍事政権に資金や軍需物資の供与で大幅な便宜を図っています。言い換えれば自国の利益のために中国はミャンマー国民の制止に対して無関心の態度を取り続けているのです。

言うまでも無くこの夏には平和の祭典と呼ばれるオリンピックが首都北京で開催されます。果たしてオリンピックの主催国としてこのような態度を取ることが許されて良いことなのでしょうか。国民の生命、財産よりも自分達の特権を維持することを最優先しているミャンマー軍事政権の存在を許さないのは勿論ですが、国連常任理事国でありながら自国の利益のみを優先する中国の姿勢に対して世界から厳しい糾弾を浴びせるべきと考えます。

|

« 花の山 | トップページ | あれれッ? »

コメント

衛星写真を見ると海岸沿いで、今まで陸地だったところが広範囲で水没しているのが映像から見て取れます。水没しているのは海中のようですからこれから水が引いたとしても耕作地の塩害は免れません。
もともと米の産地だった所の耕作が一定期間不能になれば、米不足、飢饉は免れません。あまりに当たり前のことに対して敢えて知ろうとしない軍事政権の罪はあまりに深いと言わざるを得ません。

投稿: 雨辰 | 2008年5月12日 (月) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/41150382

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーの悲劇:

« 花の山 | トップページ | あれれッ? »