« 友遠方より来る | トップページ | ミャンマーの悲劇 »

2008年5月 8日 (木)

花の山

GWには雪を踏みに行くつもりでしたが、天気を読み間違えて計画は中止。その代わりに近くの碁盤石山(1189m)にツツジを見に行くことにしました。

P5040007 人里近くの山ですが意外にも植林されておらず、雑木が芽吹いていて楽しく歩けます。

P5040003 満開のミツバツツジの花に出会うことが出来ました。誰が手入れする訳でもないのに自然は偉大です。近くにレンゲツツジの木もありましたがこちらはまだまだ蕾でした。

P5040001 赤い花の中に白い花、小梨ではないかと思うのですが自信はありません。

P5040006 気持ちの良い天気と眼下の展望につい長居をしてしまいました。ワンコも食欲旺盛です。この日は登山者が意外に少なくノンビリと歩くことが出来ました。

途中まで素晴らしい天気だったのですが、残念ながら頂上に着く頃から雲に覆われてしまいました。私達が登ったルートの反対側にお手軽ルートがあるのですが、こちらから登ってきたのは1パーティだけでした。雲が厚くなって小雨も覚悟しましたがなんとか降られることなく下山出来ました。

|

« 友遠方より来る | トップページ | ミャンマーの悲劇 »

コメント

ワンコも歩きやすそうな登山道ですね。
といっても標高は我が県の最高峰に匹敵する高さ!元気なワンコ(雨辰さんも!)に感服です。

投稿: 山奥 | 2008年5月 9日 (金) 06時05分

山奥さん、コメントありがとうございます。

>標高は我が県の最高峰に匹敵する高さ!

実はこの山は高原地帯にあるためスタート地点の標高が高く、上げ底状態です。のんびり歩いても1時間チョットで頂上に立つことが出来ました。登山道の周囲の木々が美しく、まさに山歩きに適した山でした。高い山低い山それぞれに違った表情があります。予期せぬ風景に出会うこと、それこそが山歩きの醍醐味ではないでしょうか。

投稿: 雨辰 | 2008年5月 9日 (金) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花の山:

« 友遠方より来る | トップページ | ミャンマーの悲劇 »