« 陸ホタル | トップページ | 花道を通らず »

2008年7月29日 (火)

科学が進んでも

各地で気象による事故が多発しています。水上温泉での増水事故、敦賀市のイベント会場での突風事故。昨日は神戸市で増水により4人が死亡し、1人が行方不明となっています。金沢市では上流での豪雨によって市内を流れる浅野川が氾濫し、住宅多数が浸水する被害が発生しました。

近年気象レーダーの拡充やスパコンなどで気象災害の予報が進んでいますが、これらの情報が有効活用されなければ何にもなりません。特に水辺のレジャーでは注意報や警報下では自粛が望まれます。河川の増水では現場で雨が降っていなくても金沢市や神戸市のように上流で豪雨となっているのも良くあることです。水かさが増えたり、急に濁ったりした時は危険信号です。普段は穏やかに見えても自然は容赦なく牙を剥きます。いくら科学が進歩しても最後に身を守るのは、動物的な個人の感性なのかも知れません。

|

« 陸ホタル | トップページ | 花道を通らず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 科学が進んでも:

« 陸ホタル | トップページ | 花道を通らず »