« 花道を通らず | トップページ | 失態 »

2008年8月 3日 (日)

ラジオラリア?の山

夏休みの本格登山に備えて足慣らしにちょっとした山歩きをしようと水窪町にある常光寺山に行って来ました。この山はかつては修験者の修行の山だったようですが、1000m付近の稜線に沿って天竜スーパー林道が開かれてからは手軽に登れるハイキングの山になってしまいました。

P8030004

手軽に入山出来るのは良いのですが、水場は無く水利が良くないので火事は禁物。火の用心が大切です。

P8030005

林道に沿って杉が植林されていますが、登山道周辺は広葉樹が残されています。今日は風がなく暑い一日となりましたが、緑のカーテンが猛暑を和らげてくれました。

P8030007

緑のカーテンは有難いのですが、その分地表には陽光が届きにくいので、きれいな花をつける草花は育ちにくいようです。この他には花の終わった二人静を見かけました。

P8030008

頂上の手前に一面赤い岩が露出している所があります。赤い石と言えば南アルプスの盟主赤石岳の山名の由来となったラジオラリアが有名ですが、感じが似ています。この山も赤石山脈の末端の一つ、ラジオラリアではないかと思います。

P8030011

今日は誰にも会わず貸切状態。頂上でのんびりカツ丼を作って豪華?な昼食を楽しみました。と楽しかったのもここまで、食後のコーヒーを飲んでいると落ち葉の中から何やら蠢く物が・・・・、ギクッ、まぎれもなくヒルではありませんか。あわてて残りの熱湯をかけてヒル退治。そうそうに下山することにしました。

P8030016

貸し切り状態だったので、下山終盤に登山口付近で登山者に会うまでほぼノーリードで歩かせることができました。ノーリードと言っても野放図にさせているわけではなく、直ぐに繋ぐことが出来る状態を保っています。

P8030017

今日は下界で35℃、林道でも28℃でしっかり汗をかいたのですがグリーンシャワーの下では全然暑さを感じませんでした。

P8030021

登山口付近で笹の花を見つけました。昨今周辺の山では笹が立ち枯れしていましたが、これを見ると花が咲いて枯れてしまったようです。新しい笹が育つまで、藪山のグレードが下がりますので、手ごわい山は今の内に登っておいたほうが良さそうです。

車に戻って登山靴を脱いだらヒルが一匹ソックスに張り付いていましたが幸い被害なし、と思いきやカミさんが一か所やられていました。さっそくポイズンリムーバーで止血の処理、どうやら止血出来ましたが、どうやらもう一度防虫対策を見直さないといけないようです。

|

« 花道を通らず | トップページ | 失態 »

コメント

ヒルですか!
ヤマビルにはまだ遭遇したことが無いんです。
水気が無くても居るんですね。
アルプス周辺も居るのでしょうか???
ワンコは大丈夫だったんですか?

防虫(ヒル)対策教えてくださ~い。

投稿: 山奥 | 2008年8月 5日 (火) 05時45分

山奥さん、コメントありがとうございます。ヤマビルは水とは関係ないところにいます。以前見つけた時は草の葉について獲物が通るのを待っているかのように動いていました。今回最初に見つけたのは落ち葉の中から這い出てきました。休憩で腰を下ろす時に注意した方がいいですね。多分動物の体温から放出される赤外線を感知して取り付くのではないかと思います。
防御方法はヒル除けのスプレーが市販されています。私は使用したことはありませんが、一定の効果はあるようです。またメンバーの一人はショートスパッツを使用していましたが、この人は被害に会いませんでした。私は夏用の目のつんだパイルのソックスを履いていたのでヒルがそれ以上侵入出来なかったようです。
ワンコはフロントラインを投与しているせいか(薬効については不明です)大丈夫でした。

投稿: 雨辰 | 2008年8月 5日 (火) 06時15分

足元から来るんですか?
木の上から降ってくるなんて恐ろしい話も聞いたことがあるのですが。

ワンコはフロントラインしてから旅立つつもりです。

投稿: 山奥 | 2008年8月 6日 (水) 05時54分

高野聖でしたっけ、そんな場面がありましたね。実際に取り付く場面を目撃したわけではないので確信はありませんが、足首からか、あるいは一旦別の場所に取り付いてから移動、もしくは繊維の隙間を通って皮膚に辿り着くものと思われます。
若い頃はニッカーボッカーを着用していたので、敵にとっては好都合だったようです。薬剤使用と物理的にブロックするのが良いと思います。ダニもほぼ同様と思います。

投稿: 雨辰 | 2008年8月 6日 (水) 06時19分

ラジオラリアは硬くて石同士を打ちつけると
黄色い火花が見えます。
生くさいようなにおいもしますが
どうでしたか。

投稿: | 2016年6月28日 (火) 11時12分

投稿: | 2016年6月28日 (火) 11時12分さん、コメントありがとうございます。

ラジオラリアでは試していませんが、子供の頃に石英のような白い石を打ち付けた時に、そのような匂いがした記憶があります。特定の成分が関係しているのかは判りませんが、火打石もそのような火花を利用したものだと思いますので、岩石全般に言える現象なのかも知れませんね。

投稿: 雨辰 | 2016年6月28日 (火) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラジオラリア?の山:

« 花道を通らず | トップページ | 失態 »