« 雨後のタケノコ | トップページ | 星空の値段 »

2008年9月 8日 (月)

ニアミス

登山グループとしての閑人倶楽部は現在ではほとんど休眠状態ですが、毎年新年会、花見、キャンプの3大イベントは欠かさず行われています。この土曜日も6家族11人が集まって恒例のキャンプを行いました。最近は標高1000m付近のとある林道脇が会場です。この辺りではススキの穂が伸び、萩が花開いて秋の気配が深まっていました。

会場周辺ではシカ、クマ、イノシシ等の野生動物が以前から撃されており、熊に注意の立て看板も設置されています。当日もメンバーの何人かがシカを目撃していましたが、仕事の都合で途中参加となった別のメンバーが夜の林道を走っていると路上にシカの姿が。あわてて急ブレーキで停止しましたが、なんとシカが車に突進して来て車と激突、その後山中に姿を消したとのことです。車のライトに目が眩んだのか、発情期ゆえの異常行動だったのでしょうか。

翌朝早朝ワンコと林道を散歩していると突然茂みを凝視して立ち止まりました。まさかクマではと身構えた瞬間、ガサガサと木々を掻き分けて獣が斜面を下っていきました。その姿は確認出来ませんでしたが、走り方からするとイノシシではなかったようです。

P9070008

午前6時少し前、初秋の山並から朝日が顔を出しました。この景色の中に沢山の野生動物が生息しているのだと思うと改めて自然の包容力の大きさを感じました。

|

« 雨後のタケノコ | トップページ | 星空の値段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニアミス:

« 雨後のタケノコ | トップページ | 星空の値段 »