« 京都1000円の旅その3 | トップページ | おいおい »

悲しきサラリーマン

第3のビールと呼ばれる発泡性アルコール飲料が発泡酒を抜いてビールに次ぐ地位を本年度において確立したようです。かつて政府税調のトップ(某石弘光氏です)が正当な酒の文化を理解しないのは嘆かわしいとの趣旨の発言をしましたが、誰が好き好んでビールの変わりに第3のビールを飲むのか全く理解していない能天気な無責任な発言で激しい怒りを感じたのを又思い起こしてしまいました。

私は恥ずかしながらアルコール大好き人間で、真冬でもキンキンに冷えたビールを飲む人間ですが、可処分所得が限られていることもあり、日常は経済的理由によって発泡酒や第3のビールを嗜み、ビールは月に2、3回楽しむ程度です。低所得者は家計の切迫によって涙を呑んでビールからより安価な第3のビールにシフトしているのです。日本経済を支えている多くのサラリーマンが、慎ましやかに消費のレベルを落として家計のバランスとろうとしているのです。今回の動向からサラリーマンの涙ぐましい努力の跡を読み取らず、帝国ホテルで2時間かけての夕食を楽しんでいるようでは自民党最後の総理と呼ばれるかも知れませんよ、あっそう。

|

« 京都1000円の旅その3 | トップページ | おいおい »

コメント

A、so~さんは毎晩バー通いだったようですね。バーなんて1年以上ご無沙汰ですね。
雨辰さんはビール派なんですね。(ちょっと意外...日本酒派かと思っていました)
私は、夏は発泡酒(淡○)、キャンプは恵比寿、これからの時期は芋焼酎です。

投稿: 山奥 | 2008年10月23日 (木) 05時56分

山奥さん、コメントありがとうございます。ホテルのバー、レストラン通いも結構ですが、週に一回でも縄のれんをくぐって見せれば支持率も違ってくるのではと要らぬお節介も考えてしまいます。

酒談義は以前にもしたように思いますが、嫌いな話題ではないので、大歓迎です。日本酒は好きですが、開封したら早く飲み終えないと味が落ちてしまうので、普段はあまり飲めません。基本的に米と米麹のみを原料にした純米酒を専門店で購入しますが、地酒と呼ばれるものでナショナルブランドはのみません。夏冬構わず冷で飲ります。
ビールは私もヱビスが一番好きですが、普段は発泡酒で我慢し、自宅に帰った時に楽しんでいます。ソフトドリンクを含めて炭酸飲料が大好きです。
焼酎は米、麦系をストレートで楽しんでいます。以前はオールシーズンでロックでしたが、この頃はストレートが多くなってしまいました。今のところ肝機能は正常値ですが、高アルコールのストレートは健康上好ましくないので、スタイルを変えなければと思っています。

職場の付き合い以外は外で飲まないので、月の燃料代は5~6,000円ほどです。

投稿: 雨辰 | 2008年10月23日 (木) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/42853270

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しきサラリーマン:

« 京都1000円の旅その3 | トップページ | おいおい »