« 京都1000円の旅 | トップページ | 言い訳出来ない »

2008年10月10日 (金)

白鳥は悲しからずや

トキ放鳥からから2週間がたちました。野生復帰ステーションなどから連日彼らの行動について目撃情報が伝えられていますが、個別に行動している為10羽全てについては把握できていないようです。本来群れを作って行動するようなのですが、今のところその兆しは見られません。野性復帰を目指す為に餌付けはしない方針のようですが、状況によっては給餌なども検討すべきではと思います。

「白鳥は悲しからずや空の青、海のあをにも染まずただよふ」は有名な若山牧水の短歌ですが、発表されるトキの飛翔の画像を見ているとこの短歌を思い起こします。トキが穏やかに定着できるよう今後も静かに見守って欲しいと思います。

|

« 京都1000円の旅 | トップページ | 言い訳出来ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥は悲しからずや:

« 京都1000円の旅 | トップページ | 言い訳出来ない »