« 田母神氏が残した物 | トップページ | スパムメール騒動 »

2008年11月23日 (日)

友遠方より来るPART2

歩き旅を楽しんでいる出がらし紋次郎さんが、前回の終点である静岡県岡部町にある「玉露の里」を起点に東海自然歩道その他を歩いて自宅まで辿る「GO HOMEの旅」を再開するとの連絡があったので現地で落ち合うことにしました。紋次郎さんのブログはこちらhttp://pub.ne.jp/dgmnwalkon/

Pb230362

大井川上流の家山で落ち合って東海自然歩道を西に辿ります。家山川沿いに八垂の滝を目指します。道端に竜胆の花が咲いていました。

Pb230356

八垂の滝にある東屋で昼食を取って市井平を目指します。人家が途絶えてからずいぶん経ちましたが突然お茶畑が現れました。山の斜面を切り開いてお茶が作られているのです。茶畑への入り口にあった立木の葉が輝いていました。

Pb230348

九十九折の林道は単調ですが、時折現れる紅葉が目を楽しませてくれます。

Pb230352

市井平には数戸の民家があり現在も人が住んでいます。不自由な山の上にどうしてと思いますが、住めば都ということなのでしょう。ここで紋次郎さんと別れて引き返すことにしました。

Pb230364

家山の町においた車まで元来た道を辿りました。途中の河原で見かけたススキが見事でした。夕日が素敵な演出をしてくれたようです。

本当は一緒にもっと歩きたかったのですが、明日は仕事なので残念ながら今回もピストンです。紋次郎さんは今夜も山中で野宿だそうです。

|

« 田母神氏が残した物 | トップページ | スパムメール騒動 »

コメント

出がらし紋次郎さん、お懐かしい。
(BE-PALのフォーラムとはご無沙汰してます)
人類の旅という概念の中で、最もスローな旅を実践されている事に敬意を表します。
体力もそうですが、心が豊かでないと、決してできないことだと思います。

投稿: 山奥 | 2008年11月27日 (木) 19時14分

山奥さん、コメントありがとうございます。歩いて旅をすると言うのは旅の原点ですが、現代に生きる我々には時間の制約がある為中々実践出来ません。
紋次郎さんも雇用と自由時間の狭間で色々と苦労されているようです。生誕の地と現住所を歩いて旅すると言う企画に賛同して前回と今回わずかですがご一緒させてもらいました。
気持ちだけでも荒野を目指す青年であり続けたいと思います。

投稿: 雨辰 | 2008年11月27日 (木) 22時08分

>生誕の地と現住所を歩いて旅
ロマンを感じます。
外国だったらさながらルーツの世界ですね。
私の場合、1日で完了してしまいます。(爆)

投稿: 山奥 | 2008年11月28日 (金) 18時56分

山奥さん、重ねてのコメントありがとうございます。私も生まれた土地に住み続けて(単身赴任は除く)いますので、故郷と言える場所は一つです。両親の転勤で各地を転々とされた方の故郷は一体何処になるのでしょうか。
紋次郎さんの今後の旅が楽しみです。

投稿: 雨辰 | 2008年11月28日 (金) 21時17分

 ごめんなすって。BE-PAL掲示板で暴れまくっていた出がらしですw。
 旅のあと、風邪ひいてろくに更新できなかったのですが、ようやく歩行記をUPし始めました。

 お写真有難うござんす。さすが一眼レフはブレがなくていいですね。構図も、ホンマに素晴らしいお写真です。拙ブログにUPして、感謝の意を表しやすm(__)m。

投稿: 出がらし紋次郎 | 2008年12月10日 (水) 18時34分

紋次郎さん、コメントありがとうございます。今年はインフルエンザが猛威をふるいそうな予測がありますが、健康管理には十分注意して下さいね。
当日は上手くアクセス出来ずにすみませんでした。我家のワンコは人見知りが激しく初対面の人には警戒するのですが、いきなり顔舐めに行ったのは動物的カンで紋次郎さんの人柄を見抜いたせいでしょうか?
今回のコースは公共交通機関の便の悪い所だったのでさぞ大変だったことでしょう。次の計画を楽しみにしています。

投稿: 雨辰 | 2008年12月11日 (木) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友遠方より来るPART2:

« 田母神氏が残した物 | トップページ | スパムメール騒動 »