« 紅葉狩りその2 | トップページ | 麻生無用論 »

殿ご乱心

奥田発言にあきれました。

>政府の「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」の奥田碩座長(トヨタ自動車 <7203> 相談役)は12日に首相官邸で開かれた会合で、厚労省に関するテレビなどの報道について、「朝から晩まで年金や保険のことで厚労省たたきをやっている。あれだけたたかれるのは異常な話。正直言ってマスコミに報復してやろうか。スポンサーでも降りてやろうかと」と発言した。(時事通信より)

ずさんな年金管理だけでも許せないのに組織ぐるみで記録を改竄し、保険金を支払いながら未払いや減額納付したことに書き換えてしまったのは明らかな犯罪行為です。マスコミが批判的に報道するのは当然です。また医療費の抑制目当てで政策として医師の削減を図った結果、医療現場に混乱を来たし産科や小児科、救急医の激減を招いて救急患者の死亡事故が続出している事実をどう説明出来るのでしょうか。政府側に立つと裸の王様よろしく世の中の道理が見えなくなってしまうのでしょうか。身内びいきとしても理解できません。

引用にはありませんが、他企業を見下したくだりにもこの人の本性が現れています。番組スポンサー云々は大企業のおごり以外の何物でもありませんし、報道の自由へのあからさまな攻撃であり恫喝です。マスコミも企業である以上広告主への配慮など腰が引ける場合もありますが、全てのマスコミが足並みを揃えて不公正な報道をすることなど有り得ません。残念ながらこの問題もトヨタの報復を恐れてかほとんどのマスコミが取り上げていません。企業が広告に大金を投入するのは企業の利益を見込んでのことですが、文化への貢献の意味合いもあるはずです。トヨタと言う企業の社会性も問われるのは当然です。

今回の発言はこのような人物を座長に据えた政府の責任が大きいと思いますが、兵庫県知事など、公の場での発言の波及を考えられない人物が世の中に結構多いことを教えてくれました。

 

|

« 紅葉狩りその2 | トップページ | 麻生無用論 »

コメント

民放連会長さん、貴方はマスコミとしての理念もプライドも持っていないことが良く分かりました。テレビ業界はスポンサーの言いなりで、ジャーナリズムの名に値しない存在であることを自ら認めてしまったようです。

投稿: 雨辰 | 2008年11月20日 (木) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/43109087

この記事へのトラックバック一覧です: 殿ご乱心:

« 紅葉狩りその2 | トップページ | 麻生無用論 »