« 剱岳 点の記のイベントに行ってきました | トップページ | アメニティドーム実戦デビュー »

2009年5月 3日 (日)

火打山に登れず

プロジェクトX試案2が仮完成となったので、妙高まで遠出してきました。今年は雪が少な目とのことだったので心配しましたが、笹ヶ峰のキャンプ場周辺はまだまだ残雪が残っていました。

P5010872

雪国の春と言えば何と言っても水芭蕉です。開花の後に寒さに会うと白い苞の部分が傷んでしまい、無傷のきれいな花は意外と少ないものです。

P5010879

トイレ脇のアスファルトから、ど根性ツクシが顔を出していました。里でも春を告げるバイタリティを感じますが、一段と強いパワーを感じました。

P5020894

火打山に日帰りスキー登山を目指して樹林帯を登りました。今シーズンは結局スキーも雪山も行けず仕舞いでこれが初スキーとなりました。雪が良く締まっているのでツボ足で快適に歩けました。板は友人の形見のフリーベンチャー、本番初使用です。シール登行は今まで馴染んだテレマークスキーと感覚が違うので奇妙な感じがしました。どうしても板を持ち上げ過ぎてしまいます。

P5020903

富士見平から望む火打山。過去3回登っていましたが、絶好の登山日和でしたが、今回は残念ながら途中で登頂断念しました。原因は油断してアイゼンを持参せず、途中のクラストした急登をキックステップの連続で登った為に脚の筋肉が疲労してしまい、ペースが全く上がらなくなってしまい、予定時間で行動出来なくなってしまった為です。疲労で行動を中止するのは初めてですが、最近のアクティビリティ低下が形になって現われてしまいました。日頃の活動、トレーニングが大切ですね。

P5020902

火打山の登山のベースとなる高谷池ヒュッテ。ここで1泊して頂上を往復するのが一般的なスタイルです。ヒュッテ周辺は高山植物の保護区域になっているので周辺の幕営には規制があり、HPには携帯トイレを持参するよう記載されています。

P5020901_2

残雪豊富な後立山連峰、中央が白馬岳です。よく見ると頂上直下に代掻き馬らしき雪形が見えます。

下山はスキーで滑降しましたが、ショートスキーでのオフピステは初めてなので勝手が判らないのと疲労で踏ん張りが利かないので、抑え気味に滑りました。途中から雪が緩んでターンが楽にこなせるようになりました。ブッシュがあったり雪が消えたりと板を脱ぐこともありましたが、それでも駐車場まで滑り切ることができました。

|

« 剱岳 点の記のイベントに行ってきました | トップページ | アメニティドーム実戦デビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火打山に登れず:

« 剱岳 点の記のイベントに行ってきました | トップページ | アメニティドーム実戦デビュー »