« この秋は | トップページ | お試し車中泊キャンプ ~お散歩編~ »

2009年8月24日 (月)

お試し車中泊キャンプ

プロジェクトXと称してステップワゴンのキャンパー化を図りましたが、いきなり東北旅行に出かけてしまったため、思わぬ不具合点に出くわしました。思いつくまま手を入れてみたので、結果を検証するために午後発でワンコを連れて一泊林道キャンプに出かけて来ました。

P8241762

一夜明けてモーニングコーヒーを楽しむの図です。前回は私一人だったので、走行中は直ぐに寝られるようにフロアパネルは敷き詰めた状態でしたが、今回はサードシートを起こしてワンコを乗せました。トランクBOXは就寝時に車外に荷物を置くためのものです。M8のアイボルトを取り付けて車体にフィックス出来るようにしてあります。

東北行にも持っていきましたが、テーブルは30年前に購入した折りたたみ式のものです。その横のスノーピークのマルチスタンドもそれ位長く使っています。

P8241763

スキーにのめり込んでいた当時は毎週のように出かけていましたので、車中泊に断熱用としてカーテンは必需品でした。4ナンバーの時は自分でカーテンレールをねじ止めしたり、5ナンバーではディーラーオプションで付けてもらったりしましたが、最近ではカーテンの必要性を感じていませんでした。

ところがフロアパネルの高さが窓ガラスに近いのでPAや道の駅など駐車場で車中泊をしていると、夜中に入って来た車のヘッドライトがまぶしくて安眠を妨げられるので、カーテンを取り付けることにしました。といっても、お手軽方式でカーテンレールをサイドにある取っ手にコードストッパーを利用して仮止めしたものです。

P8241767

就寝モードからテーブルモードに移行するのにはフロントユニットを一度全部ばらす必要があったので、左右に分割して不要部分だけを取り外せるようにしました。ついでに足元をくり抜いて居住性も改善しました。標高1200m程の林道横にある駐車場は夜になると肌寒く、夕食はこのテーブルで摂りましたが満足がいく使い勝手となりました。

P8241765

分割したフロントユニットの片割れ。このサイズならもっとスマートに出来そうなので今後の検討課題です。またこれを利用すればコンロ台として使えそうです。

P8241764

その昔、ツーバーナーが買えなくて自作した風防を兼ねたコンロケース。ツーバーナーに似せてグリーンに塗られていましたが、今回お色直し(外壁リフォームの塗料のリユースであることはナイショの方向で)してみました。以前はタイガーのボンベを2個使うハイカロリーカセットコンロを使っていましたが、左右均等に燃料消費してくれないので、しょっちゅうボンベ交換をする羽目になり面倒くさいのでリタイアさせました。今回使ったのは20年選手で、熱量わずか1800Kカロリーのものです。ツマミはオリジナルの樹脂性のものが割れてしまったので、DIYで自作したものです。最近ではボンベ1個のハイカロリータイプが安価になって来たので、機会をみて買い換えようと思っています。

写真は朝食用にエリンギを網焼きしているところです。こんな時は弱火のコンロが便利ですね。

P8241768

車中泊を快適にするにはフラットな床が必要ですが、車体サイズの制約のために就寝以外の時はテーブルが必要になります。シートとのクリアランスも十分に確保出来ないので、テーブルのコーナーを1か所だけ切り詰めて着座しやすくしました。

最初からの課題ですが、床面を出来るだけ低くしたいのですがセカンドシートとの干渉でフロア長さを長くとれなくなってしまいます。今回の仕様では170cmがやっと確保出来るのですが、フロア長さの確保を気にしなければ15cmは低くすることが可能です。フロア高さとフロア長さのトレードオフになってしまうので、決定版になるのにはもう少し時間がかかりそうです。

|

« この秋は | トップページ | お試し車中泊キャンプ ~お散歩編~ »

コメント

後ろ姿を見て、どこのツーバーナーかと思ってました。(笑)
カーテンは夏場は必需品ですね。寒くなるとアルミシート(おふろマットとか)で窓をふさぐのでいらなくなりますが...。

雨辰さんの写っている写真は、ワンコが撮ったんですか?(爆)

投稿: 山奥 | 2009年8月24日 (月) 20時02分

山奥さん、コメントありがとうございました。自作コンロケースをお褒め頂きありがとうございます。当時は(今もあまり変わりませんが)家計が厳しくて、コールマンのツーバーナーはとても手が出ませんでしたので、苦し紛れにコンパネを加工してでっち上げたものです。その後ツーバーを入手した為、長いこと埃を被っていましたが、万一罹災した時に役に立つかもと思って取っておいたものです。
中身のコンロはスノーピークの地になったり、プリムス2243や123S、EPIのAPS-Ⅲになったりしますが、側が無骨なせいでどんな強風下でもコッフェルがひっくり返ったことはありません。特に車内では不安定さは命取りになりますので、今後も活用していくつもりです。空いたスペースには色んなものを詰めますのでデッドスペースにはなりません。

私の写っている写真を撮らせるのに随分ワンコを仕込みました。 ← ウソです。お行儀が悪いので、セルフタイマーをリセットしている間にフレームアウトしてしまいました。

投稿: 雨辰 | 2009年8月24日 (月) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お試し車中泊キャンプ:

« この秋は | トップページ | お試し車中泊キャンプ ~お散歩編~ »