« ニャンコ脱走 | トップページ | 山城新伍逝く »

2009年8月14日 (金)

東北に行ってきました

高速料金の休日1000円割引制度を利用して、普段は中々行くことが出来ない東北に行ってきました。今年は天候不順で8日の夜出発早々に中央道が大雨・洪水警報で通行止めとなり出鼻をくじかれてしまいました。その後、走行中も進行方向で注意報や警報が連発されて気落ちしていると、今年の梅雨明けが宣言されない発表があったと思ったら、駿河湾を震源とする地震があったりと波乱万丈の旅となってしまいました。車中4泊、テント2泊でしたが、総じて小雨交じりの天気が多く、昨日は未明から大雨で場内の通路は小川のようになり、裸足で歩く人も出る始末。久々に雨中のテント撤収を味わう羽目となりました。写真が1回に1MBまでしかUP出来ませんので、何回かに分けてUPしたいと思います。

主な行程は次の通り、走行距離は2、131Kmでした。静岡→長野→新潟→山形→秋田→青森→岩手→秋田→山形→新潟→長野→静岡

P8091372

NHKドラマの天地人が好評のようですが、その後上杉家から徳川家の治世となって築かれた上越の高田城では外堀のハスの花が見頃でした。

P8101524

悪天候のため鳥海山への登山を断念し、天候待ちで空いた時間で青森、三内丸山遺跡を訪れました。資料館の外に出るとこんな水飲み場が設けられていました。

P8121609

酸ケ湯から八甲田山(八甲田大岳)に登りました。空には早くも鰯雲、高山植物も夏の終わりを告げていました。

P8121672

八幡平では岩手県側のキャンプ場に泊るつもりでしたが、天気が悪いので予定を繰り上げて秋田県側、大沼のキャンプ場でテント泊をしました。各テントサイト毎には火床が設けられていたので、小雨をものともせずに久しぶりに焚き火を楽しみました。

P8131681

東北の小京都の一つである角館。到着したとたんに豪雨に見舞われて、しばらく車中で身動きが取れませんでした。せっかく来たのだからと意を決して外に出れば路面をたたく大粒の雨。雨男の本領発揮だねと言われてしまいました。

|

« ニャンコ脱走 | トップページ | 山城新伍逝く »

コメント

みちのく一人旅もいいものですよ。
八甲田山のルートは私も7月に登ったことがあります。あの時期は、残雪も残っていました。
焚き火をするには西日本は暑いですが、キャンプが恋しくなった今日この頃、明日からの計画を立てていたら、今日まで快晴、月曜日から快晴、週末だけ大荒れの天気。
なんでも、局所的低気圧の発生だそうです。
どんだけ、雨男なんでしょ。

投稿: 山奥 | 2009年8月14日 (金) 19時42分

山奥さん、コメントありがとうございます。地震の影響か、山奥さんへの返信が何度送っても反映されず、これが三度目のチャレンジです。

今年はいくら待っても東北の梅雨が明けず、しびれを切らして出発すれば梅雨明け宣言無しを宣言されてしまいました。週末のお天気は良くないようですが、人影の薄いキャンプ場で優雅に静かな一日を送るのも良いのではないでしょうか。私のプロジェクトXはまだまだ手直しが必要なようです。

投稿: 雨辰 | 2009年8月15日 (土) 00時10分

早朝から起きてみましたが、土砂降りです。
土砂災害の心配が再燃です。
今年はいったいどうなっているんでしょ。

東北地方には「やませ」という冷害が何年かに一度ありますね。農作物被害は相当な額になりそうです。

投稿: 山奥 | 2009年8月15日 (土) 06時18分

山奥さん、お早うございます。そちらは先の豪雨災害の復旧段階だと思いますので、大量の降雨は心配ですね。
今回気付かされたことですが、最近の主要道路は水はけの良い高機能舗装となっていますが、青森道では従来型の路面の所があり、突然豪雨帯に突入して路面の水たまりにあわててしまいました。
便利になる一方の世の中ですが、過去もしっかり見据えて便利さに流されないようにしなければと改めて思った次第です。いかに科学や技術が発達しても自然の力を変えることは出来ませんし、謙虚に自然を受け入れ、受け流す姿勢が大切ではないでしょうか。

投稿: 雨辰 | 2009年8月15日 (土) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北に行ってきました:

« ニャンコ脱走 | トップページ | 山城新伍逝く »