« 深謀遠慮? | トップページ | 旅の拾いもの »

売国政権?

小沢中国訪問団への朝貢外交批判や鳩山首相の政治資金問題で民主党への風当たりが強くなってきましたが、これもどうかと思います。

文部省は10年毎の更新で、2013年度からの高校教科書の新指導要領解説書を発表しましたが、自民党時代の昨年発表された中学校用には記載されていた竹島について記述しませんでした。竹島は我が国固有の領土ですが、韓国も戦後領有を主張し1953年以降武力によって不法占拠を続けています。韓国では竹島(韓国名:独島)を小学生の教科書にも記載して固有の領土との教育を行っていますが、我が国が公に竹島に言及することに強く反対する立場を取っており、相互理解の場であるはずの愛知万博にも竹島を自国領土とする展示物を出品しています。

日本政府は1954年に竹島の帰属争いを国際司法裁判所に付託し平和的に解決することを韓国側に提案しましたが、韓国側に拒否されています。その後1965年に「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」が結ばれ、戦後処理が行われましたがその際、竹島問題は紛争処理事項として取り扱うことになっていました。その後一転して韓国側が協議を拒んで今日に至っています。

両国間には我が国による統治の歴史があり、戦後は軍事政権が続いて正常な交渉が出来なかった経緯がありますから解決が長引くのも仕方がありませんが、だからと言って本来主張すべきことを言わないのは相手の主張に勢いを与えかねません。国民に正しい歴史や地理を教えることは国として当然のことです。

鳩山政権は首相の個人的理念から友愛政権と揶揄されていますが、まず友愛すべきは自国民で、相手国におもねることとは違うことを自覚すべきです。

|

« 深謀遠慮? | トップページ | 旅の拾いもの »

コメント

売国奴が陰で運営するのですから、売国政権と呼ばれるのは必定でしょう。

アジア友愛政策は、日本国家を滅亡させる第一歩です。
敗戦国のレッテルを国民にわざわざ植えつける、それがイヤなら全く触れない学校教育が将来、どのような政治家を生むのか...。

自国の尊厳を主張できない国家など不要です。某前首相が「美しき国、ニッポン」政策を打ち立て、志半ばにして去りました。しかし、この志は現在の国民には高く評価されるものと考えてます。

投稿: 山奥 | 2009年12月28日 (月) 07時14分

山奥さん、コメントありがとうございます。
戦勝国の美名の元、事実を歪曲することは許されませんし、敗戦国であっても歴史は事実として語られるべきです。当然主張すべきことは主張しなければなりません。

相手国の嫌がることをしないと言うのは相互互恵の立場を尊重してくれる相手に限るべきで、反日教育を謳った教科書を使う一方で、在留邦人の子弟用の我が国の領土を明記した教科書や副教材の持ち込みを認めない国が国連常任理事国であったり、武力で係争地を占領したまま国際的な調停を拒む国が国連事務総長の任につくなど決して沈黙は金ではありません。まず主張をしてから話し合いをすべきです。

投稿: 雨辰 | 2009年12月28日 (月) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/47111642

この記事へのトラックバック一覧です: 売国政権?:

« 深謀遠慮? | トップページ | 旅の拾いもの »