« 言いがかり | トップページ | 日本の味覚 »

往生際が悪い!

民主党が野党時代、与党議員の政治と金の問題について舌鋒鋭く攻め立てて来ました。しかし、いざ自分達が与党となると、首相の故人献金や巨額子供手当問題、幹事長の不明朗会計問題等についてはまったくの頬被りです。今までの主張は一体何だったのでしょうか?

そこに来て今度は小林千恵美議員陣営の公選法違反容疑です。小林議員については先の選挙にからみ、選対委代行の山本広和被告(元連合北海道札幌地区連合会長)が公選法違反容疑(買収の予約・事前運動)の罪で札幌地裁から懲役3年執行猶予5年の判決を受けています。このまま判決が確定して連座制が適用されれば当選無効となって、議員失職となる可能性が濃厚です。今回は更に北教祖からの1600万円もの違法選挙資金の供与疑惑です。事実であれば、勿論違法な金ですから政治資金規正法の会計報告にも未記載で、二重の犯罪行為となりますが、小林議員は明確な説明を拒んでいます。

これは一体どう言うことなのでしょう。国民に対して透明性の確保を旗印にしていたのに、政権の座に着いたら直ちに前言を翻すなど国民に対する重大な背任行為です。ひたすら逃げを打つのではなく、連座制の適用を前に潔く議員辞職すべきと考えますが、その覚悟もないようです。
また、小沢氏は選挙責任者として各陣営の箸の上げ下げまで口を挟んでいたはずなのに、このような事態を招いたのは失態としか言いようがありません。民主党はこの件について小沢氏の責任を問うべきではないでしょうか。

何にしても自分の頭の上の蝿も追えないようでは、この先国民に向けてどのような政策を提言されても素直に聞くことは出来ません。民主党には襟を正すと言う言葉を良く噛みしめてもらいたいものです。

|

« 言いがかり | トップページ | 日本の味覚 »

コメント

ついに政治資金規正法違反で北教組幹部4人が逮捕されました。小林議員、小沢幹事長は首を洗っておいた方が良さそうですよ。

投稿: 雨辰 | 2010年3月 1日 (月) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/47609424

この記事へのトラックバック一覧です: 往生際が悪い!:

« 言いがかり | トップページ | 日本の味覚 »