« 本日なか卯デビュー | トップページ | 植物園の春 »

沖縄県民に問う!

沖縄普天間飛行場の移設について県内の各団体、自治体は自分たちの地元への移転について全て反対の意思表示をしています。それぞれの地元の事情で、それはそれで止むを得ない事かも知れませんが、では一体どうすればいいのでしょう。このままでは普天間飛行場が固定化されてしまう可能性が高いように思えます。

移転先をシュワ部沖とした現行案をひっくり返したのは現政権ですから、移転先を見つけるのは政府の責任かも知れません。しかし県民の反対運動によって転先が絞り込めずに普天間飛行場の返還がご破算になったとしたら、それは一体誰の責任になるのでしょうか?
それも含めて政府だけの責任でしょうか?責任を押し付ける訳ではないのですが、少なくとも今現在の普天間住民の苦痛を和らげる責任は全沖縄県民にもあると思うのですが・・・。

|

« 本日なか卯デビュー | トップページ | 植物園の春 »

コメント

危惧していたことが現実となりつつあります。民主党は政治主導を声高に主張していましたが、己に能力がなければ絵空事です。
移設案を米国側に鼻であしらわれたのは国家としての恥辱ですが、この認識すらないのではどうしようもありません。

今となっては手遅れでしょうが、餅は餅屋で防衛省の知恵を借りて振り出しに戻って一から再検討するしかありません。交渉のカードとして日米安保破棄も視野に入れる必要があるかも知れませんが、普天間の固定化だけは何としても避けなければいけません。

※安保破棄も視野と言うのは、米国との軍事・外交面での友好状態を維持しますが米軍の駐留はお引き取り願うこともあり得ると言うことです。米軍の駐留は米国の国益のためのものであって、必ずしも我が国の安全保障とは直結していません。主権国家として我が国の領土で自国の利益のみを優先してこちらの国内事情を顧みない事は認められませんよと言うことで、その為に生じる必要な軍事力の整備は当然負う覚悟が必要です。

投稿: 雨辰 | 2010年4月11日 (日) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/48008085

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県民に問う!:

« 本日なか卯デビュー | トップページ | 植物園の春 »