« 内政干渉だ | トップページ | 本田宗一郎ものづくり伝承館 »

元の木阿弥?

沖縄普天間飛行場の移転問題が益々混迷を深めています。周囲を市街地が取り囲む普天間飛行場は世界で一番危険な飛行場と呼ばれ、シュワブ沖を埋め立ててV字型滑走路を造って移転することになっていました。
ところが民主党が県外移転を主張して、米国との合意を振り出しに戻してしまいましたが、いざ候補地を挙げるとなると、どこも反対の大合唱となってしまい、米軍からは全く相手にされません。

平野官房長官や岡田外相は立場上困り果てていますが、当の鳩山首相はどこ吹く風で、軽口のオンパレードで「腹案」まで口にする有様、どこまで本気なのかとてもトラスト出来る状況ではありません。
民主党の口車に乗せられ、社民党は頑なに県外移設を固持し、沖縄県議会は県内移設反対、国外・県外移設を求める意見書を全会一致で可決してしまいました。
5月末までに米国との合意が成立しなかった場合、議会との予算の問題がある米国は移転そのものを取りやめる可能性さえあるようです。どこでも迷惑施設は嫌われものですが、ここは薄っぺらな主義主張は引っ込め、泥水をかぶっても普天間が安全になる道を築かなければなりません。

仮に普天間飛行場がそのまま使われることになってしまった場合には責任のなすり合いでは済まされません。この問題に関わった全ての当事者(鳩山内閣、小沢幹事長、喜納参議院議員、福島社民党党首、下地国民新党政調会長、沖縄県議会etc)は進退、命をかけて移転実現に取り組む責任があると思います。

|

« 内政干渉だ | トップページ | 本田宗一郎ものづくり伝承館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/47968691

この記事へのトラックバック一覧です: 元の木阿弥?:

« 内政干渉だ | トップページ | 本田宗一郎ものづくり伝承館 »