« 沖縄県民に問う! | トップページ | 春の花その2 »

2010年4月 7日 (水)

植物園の春

動物園は一般には娯楽施設ですが、絶滅危惧種にとっては貴重な繁殖の場となっているようです。植物にとっても事情は同じようで、植物園が希少種の存続の役割を担っていました。浜松市浜北区にある万葉の森公園は万葉集に登場する植物を展示する施設ですが、こんな花がありました。

P4063405

花の形からそう呼ばれるイカリソウ。本来は山の花です。

P4063408

赤い花バージョンです。

P4063415

オキナグサ、名前の由来は ↓ です。

P4063417_2

花が散るとこの通りの白髪頭に。高山植物のチングルマに少し似ています。

P4063410

木陰に最後のカタクリが咲いていました。野生のものと比べると気のせいか少しひ弱に感じますが、精いっぱい咲き誇っています。早く咲いた株では種子が見られます。桜の花が散り始めて、一つの春が終わりつつあるようです。

|

« 沖縄県民に問う! | トップページ | 春の花その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 植物園の春:

« 沖縄県民に問う! | トップページ | 春の花その2 »