« 碁盤石山 | トップページ | F-Xはどうした »

戦略なき民主党

普天間移設問題が予想通りの展開となり、打開の目途が限りなく遠のいて行きます。18日の徳之島反対集会が開かれた後になって町長に会談を申し入れるなど何を考えているのかと呆れ果ててしまいます。集会の前ならいざ知らずと町長の一人が言っていたようですが、そんなことも分からず、周囲に進言する者もいない民主党は素人集団としか思われません。
小沢氏もたいそうな囲碁の名人だそうですが、この事態にも我関せずで後手後手に回っているのを横目で見ているようでは何のための幹事長なのか、存在意義が分かりません。( ゚д゚)

普天間移設問題は、自公政権下で長い間論議を重ねてやっと日米合意に漕ぎつけた経緯があるのですが、それらを一切無視して安易に新たな移設先に移転させ得るかの如く公言して回った挙句がこのザマです。思いつくままにかつての候補地を羅列しましたが、なぜ本命足り得なかったのか、検討も工夫も全くないまま口走るのでは片っ端から潰れて当然です。米軍海兵隊の運用実態も調べないでこの問題を軽々に取り扱うなどは「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」と言う孫子の兵法を全く無視するもので、生兵法そのものです。┐(´д`)┌

政府の対応については3町長だけでなく仲井真沖縄県知事も不誠実だと嘆いていますが、鳩山首相や平野官房長官は滝野副長官に会談の調整を指示しておきながら、不調に終わると一切を否認していますが、そのようないい加減な態度では人を説得することなど出来る筈もありません。この問題をめぐって鳩山政権の命運がどうなろうと自業自得ですが、普天間住民を失望させることだけは許されません。 angry

|

« 碁盤石山 | トップページ | F-Xはどうした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/48143200

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略なき民主党:

« 碁盤石山 | トップページ | F-Xはどうした »