« 恵那山広河原ルートの現況 | トップページ | これでいいのか民主党代表選出 »

2010年6月 1日 (火)

恵那山の花

山に登る楽しみの一つに、季節の花に出会うことがあります。苛酷な自然に耐えて咲き誇る花々は大変美しいのですが、その姿をカメラに収めようとしても突然日射しが陰ったり、風で花びらが動いてしまったりと中々上手くいきません。今回の恵那山登山にもカメラを持参して花々を撮ってみましたが、どうやら修行の道は果てしなく遠いようです。

P5303774

イワウチワ。標高1900m付近の急登で見られました。

P5303782

頂上付近で多く見かける、葉の数が5枚のバイカオーレンです。葉の数が3枚のミツバオーレンはもう少し後で咲くようです。

P5303783

同じくバイカオーレンです。上から見ると、梅の花→バイカが名前の由来であることが良く分かります。

P5303791

そこかしこで広く見られるオオカメノキの花。どこが亀なんだろうと思ったら、大神の木が転化したとの説があるようです。でも大神の木ってどんな木だったっけと考えると夜も眠れなくなりそうなので、ここまでにしておきます。

P5303798

ドウダンツツジに似ていますが、花が少し長めのツリガネツツジ。登山口近くに咲いていました。

当日は雨こそ降りませんでしたが、雲が多く曇りがちの一日でした。一瞬の日射しを捉えるのも腕の内なのでしょうが、タイミングを逃して天を仰ぐことがしばしばでした。

|

« 恵那山広河原ルートの現況 | トップページ | これでいいのか民主党代表選出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恵那山の花:

« 恵那山広河原ルートの現況 | トップページ | これでいいのか民主党代表選出 »