« 愚図 | トップページ | 雨上がる »

千葉法務大臣

昨年9月の就任以来、死刑執行を拒んできた千葉法務大臣が死刑執行を承諾し、本日およそ1年ぶりに死刑が執行されました。このことについて自民党の川崎国対委員長と公明党の山口委員長代表が早速文句を付けています。

いわく、選挙に落選した人間が法務大臣を続けるのが問題なのに、執行する資格があるのかと。

ブ、ブーです。憲法68条を知らないとは言わせません。特に山口さんは弁護士資格をお持ちの筈ですから、ちょっとまずいのではないでしょうか?国務大臣は国会議員でなければならない必要はありません。選挙で落選したからといって辞任しなければならないとはどの法律にも規定されておらず、大臣の半数以上が国会議員でなければならないとされているだけなのです。
また、落選、落選と言われていますが、千葉氏は70万票あまりを得票しています。もし、これを問題にするのであれば、これ以下の票数で当選した議員の正当性を問わなければ公正を欠くと言うものですが、このことについて全くふれないのはどうしてでしょうか。

川崎二郎さん、あなたは先の選挙で選挙区では落選しながら、比例区で復活当選していますが、そんなあなたは千葉氏のことをとやかく言える立場なんでしょうか。あなたの所属する政党は責任と言うワードを掲げている筈ですが、その言葉が最も似合わない人だとと思ってしまうのは私の品性の故でしょうか。

最後に一つ、刑法は死刑の執行を6ヶ月以内と定めています。これまで執行しなかったのは千葉氏の重大な責任ですが、弁護士の同期生でもある山口氏の今回の主張はこれをないがしろにしろと言っているように受け取れます。これは看過できませんので、私からレッドカードを差し上げたいと思います。

|

« 愚図 | トップページ | 雨上がる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/48999924

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉法務大臣:

« 愚図 | トップページ | 雨上がる »