« 彼岸花が咲きました | トップページ | いい加減敗戦ボケから脱する時期では »

売国官房長官

那覇地検は「日中関係を考慮した」として、尖閣諸島で領海侵犯の上に巡視船に当て逃げしようとした中国人船長を釈放すると発表し、仙石官房長官は卑怯にも地検の判断で了とするコメントしましたがとんでもない詭弁です。検察は捜査機関であって外交のような政治判断など出来る筈もなく、仙石氏が後ろで糸を引いていることは容易に想像が付きます。

そもそも公務執行妨害での逮捕・送検が間違いで、領海侵犯(不法入国)・器物破損が相当でした。今までも不法上陸者を拘束しても拘置・起訴さえして来ませんでした。このようなことを繰り返していれば、法的手続きが取れないのは領有に正当性がないからだと相手に有利な政治的成果を与えてしまうだけなのは明らかです。

よくテロリストの要求には再発防止の観点から決して応じるなと言われますが、熨斗をつけて身代金を差しだすようなもので、こんなことでは今後あらたな侵犯事案が発生しても我が国の取る得る方策を大きく拘束しかねませんがそのことさえ分かっていないのではないでしょうか。

仙石氏は元々全共闘の出身で、政治的に中国・北朝鮮寄りの思想の持ち主のようですが、こと国家の領土問題については個人の思想を持ち込むことは断じて許されません。中国の温家宝首相は「領土・主権問題で絶対に譲歩はしない」と言明しているのにこの有様では日本は世界の笑い物です。

首相、外相が国外にある時留守を守るべき官房長官がこの体たらくではどうしようもありません。仙石氏は弁護士資格を持ち、あの福島瑞穂氏と同じ弁護士事務所に所属していたそうですが、とんだ法の番人もいたものです。この人は韓国併合100年の首相談話でもとんでもない迷走をしてくれましたが、国家運営に私見を持ち込むのは国民を愚弄するもので、とてつもない越権行為です。外交感覚を持ち合わせない国会議員など害あるだけなので、鳩山由紀夫氏と共に一刻も早く政治の表舞台から退場して欲しいものです。angry angry

|

« 彼岸花が咲きました | トップページ | いい加減敗戦ボケから脱する時期では »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/49549853

この記事へのトラックバック一覧です: 売国官房長官:

« 彼岸花が咲きました | トップページ | いい加減敗戦ボケから脱する時期では »