« 売国官房長官 | トップページ | お口直しに »

いい加減敗戦ボケから脱する時期では

菅首相の「戦略的互恵関係」の相手の仕打ちがこれですからその認識の甘さが知れますが、仙石氏の陰謀にはどうやら前原外相も加担しているようで、民主政権の幼稚さに失望です。外交は駆け引きですから押したり引いたり、時には譲歩も必要ですが戦略的譲歩は絶対にすべきではありませんでした。日本側にはカードがないかのように言われますが、台湾関係や天安門事件、チベット問題など触れて欲しくない問題はいくらでもあります。相手の出方によってこちらもカードをちらつかせなければ話になりません。

政府はレアメタルレアアース(広義のレアメタルに含まれますが、特定の元素類なので表記を改めます)の禁輸や邦人拘束事件を理由にしていますが、禁輸問題ではWTOに提訴すれば100%勝てると言われています。また邦人拘束事件が悪化するようであれば中国は危険な国家として邦人渡航中止勧告をすべきでした。経済界には中国での活動を優先すべきとの考えがありますが、陰謀や事件のねつ造など当たり前の大変危険なカントリーリスクの国だと言う認識の元に行動すべきです。

現地石垣島では政府の無能ぶりに市民に不安が広がっているようです。我が国では未だに憲法9条を金科玉条の如く考える勢力がありますが、いくらこちらに理があっても相手が無法な振る舞いに及べば、国民の生命を守ることが出来ないことを示す好例でした。
軍事技術が発達した現代ではミサイルなどで先に攻撃を仕掛けた側が圧倒的に有利で、専守防衛では座して死を待つだけで国は守れません。国民の財産・生命を守るためには相手の武力行使に対して応戦するのは当然で、衝突必至になれば我が方の要員の安全の為、先制攻撃も認められてしかるべきです。力に対しては力で応じることの出来る体制を構築した上での外交努力でなければ、今回のような苦汁を何度でも飲まされ続けることになるだけです。早急に9条を改正し、国家として当然の自国を守る権利と義務を明記すべきではないでしょうか。

それにしても中国は早速監視船(偽装軍艦)を尖閣諸島の領海線まで進出させて日本側の動きを探る挙動を見せていますが、少しでも領海を侵犯すれば今度こそ領海侵犯で拿捕し、我が国の主権を明確に主張すべきです。

P9152025

海上保安庁1000トン級巡視船 PL05でじま です。

|

« 売国官房長官 | トップページ | お口直しに »

コメント

浜松市の私立高校が予定されていた中国への修学旅行をあまりに危険と判断して取り止め、台湾に変更する処置を取ったそうですが、何故かあまり報道されていません。
外務省は中国への渡航は何が起こるか分からないので自己責任でと注意喚起すべきです。

投稿: 雨辰 | 2010年9月25日 (土) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/49554257

この記事へのトラックバック一覧です: いい加減敗戦ボケから脱する時期では:

« 売国官房長官 | トップページ | お口直しに »