« 原口大臣は辞職すべきです | トップページ | ROE(交戦規定) »

2010年9月 8日 (水)

毀誉褒貶は

毀誉褒貶は人の世の常とは言うものの、これには流石に呆れてしまいました。コレステロールは健康の大敵だと言うことで、健康管理の常識として極力摂取を控えるように言われていたかと思えば、ある時期から一変してコレステロールには善玉と悪玉がありイカやタコは必ずしも控える必要はないことになりましたが、それでもコレステロール値は低い方が望ましいとされてきました。

ところが今度は「コレスレロール値が高い方が長生きする」って一体何ですか?自慢じゃありませんが、私はコレステロール値を下げる薬剤を医師から処方されて永いこと服用してきましたが、これってわざわざお金を使って寿命を縮めていたことになるのでしょうか?

それにしても、まともに臨床例を調べていればもっと早く傾向が明らかになっていたのではないかと思うのですが、どうしたことでしょう。健康に関する常識がある日突然真逆になることは以前から無かった訳ではありませんが、それにしてもこれは酷すぎます。

私の手元にはコレステロール治療薬があるのですが飲むべきか、飲まざるべきか本当のことを教えて欲しいところです。

|

« 原口大臣は辞職すべきです | トップページ | ROE(交戦規定) »

コメント

友人から毀誉褒貶の読みが分からないとクレームがありました。確かに普段馴染みがない熟語なので、無理もないかもしれません。漢和辞典で調べるのも難しいかも。

でも今はネット社会。毀誉褒貶をコピーして検索エンジンにかければ、あっという間に読みが出ました。意地悪なようですが、以上の方法で簡単に調べられますので、ルビは振りません。悪しからず。

投稿: 雨辰 | 2010年9月11日 (土) 05時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毀誉褒貶は:

« 原口大臣は辞職すべきです | トップページ | ROE(交戦規定) »