« 避暑キャンプ | トップページ | 原口大臣は辞職すべきです »

民主党の金まみれ醜聞は誰の責任か

民主党議員にまた醜聞です。先日、会計責任者の買収問題で九州選出の後藤英友氏が議員辞職したばかりですが、今度は大阪府選出の中島議員に政治資金を巡る疑惑が深まっています。2009年の衆議院選挙に関し、小沢前幹事長の選挙区訪問に合わせて党側から振り込まれた300万円が政治資金収支報告書に未記載となっています。当然支出についても未記載で、よからぬ用途に使われた可能性が強まっています。
また、衆議院選挙があったにも関わらず、前年は900万円程あった中島議員の後援会の2009年度の政治資金の収支報告が0となっており、どう考えても不正な経理が横行しているとしか思えません。

思えば、小沢氏が幹事長になって以来この種の醜聞が続出していますが、これらは全て小沢氏が幹事長時代に選挙責任者として取り行った結果で、北教組の小林元議員の選挙違反事件と言い、かつての自民党並みの金に物を言わせた旧態依然としたやり口は小沢氏の政治手法そのままです。先の参院選の結果について小沢一派は菅総理や枝野幹事長の責任を問題にしていますが、何のことはない、小沢氏の旧悪について選挙民が鉄槌を下しただけで、これだけを見ても小沢氏の政治家としての資質がいかに劣悪かと言うことが歴然としています。

自民党の金権体質を非難してきた民主党ですが、その体質そのままの小沢氏には批判出来る資格がなかったことが明らかになりました。民主党には自らの手で自浄作用を見せて欲しいものですが、そうでなければ支持者の厳しい批判にさらされることを覚悟しなければなりません。今回の代表選挙は正にその好機と言えるのではないでしょうか。

|

« 避暑キャンプ | トップページ | 原口大臣は辞職すべきです »

コメント

事務所費の架空計上問題で離党を表明しましたが、益々いつか見た構図です。先の北教組の違法献金問題では勤務時間中の組合活動が横行しており、給料の不正受給疑惑で会計検査院の調査が予定される始末です。
枝野幹事長もこんな生ぬるい解決方法ではなく、毅然として除名にすべきだったのではないでしょうか。

それにしてもこんな候補者ばかりを選任し、日頃の事務所運営を見逃してきた管理責任は重大ですが、当時の責任者である小沢氏が口をつぐんだままと言うのがこの人の本質をよく表していると思います。

投稿: 雨辰 | 2010年9月 7日 (火) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/49372658

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の金まみれ醜聞は誰の責任か:

« 避暑キャンプ | トップページ | 原口大臣は辞職すべきです »