« 麻布山紅葉フォト | トップページ | オリンパスE-5が高評価 »

2010年11月 9日 (火)

署名記事に?

防衛省は沖縄以南の離島防衛の観点から与那国島に自衛隊を配備する方針を固めていますが、8日付の中日新聞(東京新聞)が1面、2面を使って部隊はレーダーによる艦船監視や無線通信を傍受する情報収集部隊になる模様だと半田滋記者の署名入りで伝えました。今のところ他社から同様の報道は無く、事実であればスクープと呼べる内容です。記事にはありませんが、おそらく潜水艦探知用の水中固体ソナー網の強化も図られるものと思われ、侵攻側にとってはいやな拠点となる筈です。

ところが、この記事の最後におかしな文章が添えられています。「置き易いところへ部隊を置こうというのが与那国島への配備計画だ」「南西諸島防衛の大きな構図が描けない中での、安易な配備計画との批判も出てきそうだ。」
また1面の記事には「中国、台湾が反発することも予想される。」とも記されています。

半田記者はかねてから独善的な記事を書く人物として知られているようですが、私もこの記事に違和感を感じました。島嶼防衛についてはこれまで政治的な理由で放置されてきましたが、今回の尖閣問題で明らかなように自国領土の保全についてはただ、固有、固有と言っていても仕方ありません。いざ侵略の具体的な有事に備えて例え実戦部隊でなくとも防衛の意思を明確にしておくことが何より必要です。その意味で防衛問題の専門家とされる半田記者の見識や何の対案も示さずにただ防衛省への批判めいた内容に終始した記事内容については大いに問題があるのではないかと感じます。

|

« 麻布山紅葉フォト | トップページ | オリンパスE-5が高評価 »

コメント

読売新聞が後追い記事を上げましたので、この情報の精度は高そうです。

投稿: 雨辰 | 2010年11月 9日 (火) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 署名記事に?:

« 麻布山紅葉フォト | トップページ | オリンパスE-5が高評価 »